211件中 71 - 80件表示
  • ゴージャス・ジョージ

    ゴージャス・ジョージから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    彼のスタイルはフレッド・ブラッシー、バディ・ロジャース、ジェリー・グラハム、ジャッキー・ファーゴ、レイ・スティーブンス、ニック・ボックウィンクル、パット・パターソンなど多くの選手に強い影響を与え、さらに彼らを通してリック・フレアーなどに継承されている。モハメド・アリもジョージの大ファンであり、間接的ではあるがブラッシーなどからマイクパフォーマンスなどを学んだ。テレビで見ていたジョージのプロレス的パフォーマンスをボクシングに持ち込もうと考えたとされる。また、ジェームス・ブラウンも彼のアクションを参考にしたパフォーマンスを行っていた。ゴージャス・ジョージ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・トーレス

    ホセ・トーレスから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    王者としての活躍は決して華々しいとは言えなかったが、その強打とクレバーなボクシングは今も識者の高い評価を受けている。モハメド・アリがインタビューで「今までで最も苦しかったファイトは?」と質問され、「ホセ・トーレスとやった3ラウンドのスパーリング」と冗談交じりに答えたというエピソードが、その実力を物語っている。ホセ・トーレス フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ジョーンズ

    ジョン・ジョーンズから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    尊敬する人物にはエメリヤーエンコ・ヒョードル、モハメド・アリ、同じくUFCの王者であるアンデウソン・シウバを挙げている。ジョン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 舟橋慶一

    舟橋慶一から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1976年6月26日、格闘技世界一決定戦:アントニオ猪木 vs.モハメド・アリの試合を実況中継したのも舟橋である。舟橋慶一 フレッシュアイペディアより)

  • アクラム・ペールワン

    アクラム・ペールワンから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    モハメド・アリとの試合で世界的に有名になったアントニオ猪木の対戦相手に名乗りを挙げ、1976年12月12日にカラチのナショナルスタジアムで試合は実現した。結果は猪木にアームロックを決められ、3R1分5秒ドクターストップで敗北。この試合はいわゆるシナリオに沿った興業ではなく、ノールール・マッチだったことでも知られている。アクラム・ペールワン フレッシュアイペディアより)

  • プロレス最強論

    プロレス最強論から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    アントニオ猪木らが、プロレスは打・投・極のあるバランスのとれた最も実戦的な徒手格闘技であると主張し、それを証明するため、空手、柔道、ボクシングなどの他の格闘技と異種格闘技戦を繰り広げた。柔道無差別級ミュンヘンオリンピック金メダリストのウィレム・ルスカを破り、ボクシング世界ヘビー級王者モハメド・アリと引き分けるなどの猪木の実績により、当時の新日本プロレスファンの間にプロレス最強論は広く受け入れられた。プロレス最強論 フレッシュアイペディアより)

  • パンチドランカー

    パンチドランカーから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    パーキンソン病 - モハメド・アリやフレディ・ローチが罹患しているが、脳のダメージ蓄積が発症の直接の原因であるのかは不明。パンチドランカー フレッシュアイペディアより)

  • 巨泉のワールドスタークイズ

    巨泉のワールドスタークイズから見たモハメッド・アリモハメド・アリ

    出演者/フリオ・イグレシアス、ジャッキー・チェン、モハメッド・アリ、ブルック・シールズ、松坂慶子、ビートたけし、薬師丸ひろ子、武田鉄矢、シブがき隊、原田知世、沢田研二、タモリ、美里美寿々 江本孟紀巨泉のワールドスタークイズ フレッシュアイペディアより)

  • ライル・アルゼイド

    ライル・アルゼイドから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    アマチュアボクサーだった彼は1979年にモハメド・アリとエキシビションマッチを行った。ライル・アルゼイド フレッシュアイペディアより)

  • ケンタッキー・カーネル

    ケンタッキー・カーネルから見たムハマド・アリモハメド・アリ

    ムハマド・アリ (ボクサー)Muhammad Aliケンタッキー・カーネル フレッシュアイペディアより)

211件中 71 - 80件表示

「モハメド・アリ」のニューストピックワード