211件中 81 - 90件表示
  • ジャック・ジョンソン (ボクサー)

    ジャック・ジョンソン (ボクサー)から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    ファイターとしてのジョンソンの技巧と、それによって彼にもたらされた金は、彼を白人支配階級にとって無視できない存在にした。アフリカ系アメリカ人が市民権というものをほとんど享受することができず、超法規的な社会的強制力の手段としてのリンチが合衆国の多くの地域で認められていたこの時代において、彼の成功や挑発的な振る舞いは、人種差別主義的な当時の社会状況にとって深刻な脅威と受け取られた。ボクシング界がジョンソンの功績に反発した時期もしばらく続いた。後年、ジョー・ルイスは彼が「白人のように振る舞う」ことができると証明するまでヘビー級タイトルに挑戦することを許されず、打ち倒した対戦者を見て満足げな表情を見せたり、白人女性と一緒に写真に納まったりしないよう警告を受けた。しかしジョンソンが多くの点においてその先例となったといえるのは、おそらくあらゆる時代を通じて最も有名なボクサー、モハメド・アリであろう。実際にアリは自分がいかにジョンソンから大きな影響を受けたかについてしばしば語っている。アリはベトナム戦争に反対したため、同じように白人社会から爪弾きにされたことで、ジョンソンと同じ気持ちを味わうことになった。またアリは自伝において、往年の最も偉大なボクサーはジョンソンとジョー・ルイスであるという点で、自分とジョー・フレージャーの見解は一致しているとも述べている。ジャック・ジョンソン (ボクサー) フレッシュアイペディアより)

  • 異種格闘技戦

    異種格闘技戦から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    猪木が現役中に行った異種格闘技戦は、当時、一部で巻き起こった「プロレスは八百長、または、見世物的だ」という評価や風潮を打開し、猪木自らも「(自身をプロレスラーとして極めるための)他の格闘技への挑戦」、「(自身がプロレスを代表しての)他の格闘技との対戦」、そして「プロレスこそ世界最強の格闘技」の証明を謳い文句に行われてきたものといわれている。しかし実際は、後述するモハメド・アリ戦の実現をきっかけとし、そこから派生した借金の返済を目的とする新たな興行の側面が強い(一連の格闘技世界一決定戦の試合は「ワールドプロレスリング」の放送とは別に「水曜スペシャル」で放送されるため、その放映料が入る故)。異種格闘技戦 フレッシュアイペディアより)

  • ガチンコ

    ガチンコから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1976年6月26日のアントニオ猪木対モハメド・アリガチンコ フレッシュアイペディアより)

  • 小川光明

    小川光明から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1996年のアトランタオリンピックでは柔道女子の恵本裕子の金メダルを実況。決勝戦で恵本が一本勝ちを決めた際「あ?、恵本、金メダル?」は名実況。他にも開会式での聖火点灯セレモニー(最終走者はモハメド・アリ)も実況している。小川光明 フレッシュアイペディアより)

  • ヘビー級

    ヘビー級から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    初代世界王者はジョン・L・サリバン。古くはジョー・ルイス、モハメド・アリ、近年ではマイク・タイソンらを輩出している。この階級の世界王座最多防衛記録はジョー・ルイス(アメリカ合衆国)の25度で、これは全階級を通じての最多記録でもある。歴代の世界王者は米国の選手が多くを占めていたが、特に旧ソ連勢の躍進が目覚しく、2007年6月2日にシャノン・ブリッグスがWBO王座から陥落して以降、アメリカ人は4団体のヘビー級世界王者から遠ざかっている。ヘビー級 フレッシュアイペディアより)

  • マリンド・フェルケルク

    マリンド・フェルケルクから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    憧れの選手は古賀稔彦とモハメド・アリマリンド・フェルケルク フレッシュアイペディアより)

  • ワールドチャンピオンシップボクシング

    ワールドチャンピオンシップボクシングから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1973年1月22日に行われたジョージ・フォアマンvsジョー・フレージャー戦で放送開始。以来、モハメド・アリ戦やマイク・タイソン戦など、ビッグマッチの中継を数多くこなしている。1990年2月11日に東京ドームでジェームス・ダグラスがタイソンを下した試合も中継した(日本においては日本テレビで中継された)。ワールドチャンピオンシップボクシング フレッシュアイペディアより)

  • ロッキー5/最後のドラマ

    ロッキー5/最後のドラマから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    悪徳黒人プロモーターとして登場するは、モハメド・アリやマイク・タイソンなどの試合をプロモートし、世界規模で著名なプロモーターのドン・キングがモデルであると言われている。ドン・キングはロッキーを育てたトレーナーとして3まで登場していたミッキーのモデルとも言われる、名伯楽カス・ダマトが激しく嫌っていたことでも有名である。ロッキー5/最後のドラマ フレッシュアイペディアより)

  • ゲイリー・ドゥーダン

    ゲイリー・ドゥーダンから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    2000年、モハメド・アリの伝記映画『King of the World』にマルコムX役で出演。ゲイリー・ドゥーダン フレッシュアイペディアより)

  • 1974年のスポーツ

    1974年のスポーツから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    10月30日 - モハメド・アリ、7年ぶりにヘビー級チャンピオンに返り咲く1974年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

211件中 81 - 90件表示

「モハメド・アリ」のニューストピックワード