272件中 81 - 90件表示
  • イアン・ブラウン

    イアン・ブラウンから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    また格闘技にものめりこみ始め「子供の頃のアイドルと言えば、モハメド・アリに尽きる。1974年のジョージ・フォアマン戦は今でもはっきり覚えているし、本も全部買ったよ。部屋の壁はアリの写真で埋め尽くされていた。まあ、その後、ピストルズの写真に代わるんだけど」。学校が終わると自転車で4マイル離れた空手の道場に通うようになり、曰く「空手は本当に好きだった。11の時に初めて18歳まで続けたよ。沖縄県警が採用する武人会を選んだんだけど、まあ、病みつきになったね。毎日練習して、14の時には教えていた。毎週土曜日は稽古をつけるんだ。茶帯になって、黒帯になる数週間前にブルース・リーの本を読んでいたら、『俺の段位を決めるこの人たちはいったい誰なんだ?』って文があって、この言葉には考えさせられたよ。子供の頃、彼は学校で一番賢くて、それはそれですごかったけど、心に決めていたことがあった。基礎から学ぶんじゃなくて、空手も言われたとおりにはしなかったんだ。俺自身にもそういう考え方に陥ったことがあって、これはどこかパンクに通じている気がする。結局、彼は白帯で終わったんだけど、そうした姿勢を彼から学んでいたんだと思う。それで俺も最終的には道場を去ったんだから。後悔してるよ、馬鹿なことをしたって。だけど1978年の当時はパンクロックに夢中だったから。黒帯になれていたら、どんなにすごかっただろう。毎晩のように練習していたし、放課後も一対一で教えてもらっていたし」、イアン・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • ラスベガス・コンベンション・センター

    ラスベガス・コンベンション・センターから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    また、ボクシング興行にも使われたことがあり、モハメド・アリが1975年5月16日に()との防衛戦を行っている(結果はアリの11RTKO勝ち)。ラスベガス・コンベンション・センター フレッシュアイペディアより)

  • アクラム・ペールワン

    アクラム・ペールワンから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    モハメド・アリとの試合で世界的に有名になったアントニオ猪木の対戦相手に名乗りを挙げ、1976年12月12日にカラチのナショナルスタジアムで対決が実現した。この試合はいわゆるシナリオに沿った興行ではなく、ノールール・マッチだったと一部で言われているが試合の映像を見ると、猪木、アクラムともにパンチやキックなどの打撃技は一切使っていないことから、なんらかのルールがあったものと思われる。アクラム・ペールワン フレッシュアイペディアより)

  • 舟橋慶一

    舟橋慶一から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1976年6月26日、格闘技世界一決定戦:アントニオ猪木 vs.モハメド・アリの試合を実況中継したのも舟橋である。舟橋慶一 フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・グレツキー

    ウェイン・グレツキーから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1999年には、ESPN が選出する「20世紀最高の運動選手」の第5位に名を連ねた。このとき、グレツキーの上位に選ばれたのは、マイケル・ジョーダン、ベーブ・ルース、モハメド・アリ、ジム・ブラウンであった。ウェイン・グレツキー フレッシュアイペディアより)

  • レッスルマニアX8

    レッスルマニアX8から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    今大会でもっとも注目された一戦は、第9試合で行われたザ・ロック対ハルク・ホーガンであった。1993年以来、約9年ぶりに古巣のWWFに復帰したかつての大エース・ホーガンと、現エースであったロックとの新旧スーパースター対決は、「ICON vs ICON(象徴vs象徴)」「モハメド・アリvsマイク・タイソン」「ベーブ・ルースvsバリー・ボンズ」などと様々な形で比喩され、大いに注目を集めた。レッスルマニアX8 フレッシュアイペディアより)

  • プエルトリコのスポーツ

    プエルトリコのスポーツから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    1970年代には、3階級を制覇したボクシング史上最も若いチャンピオンの、殿堂入りしたウィルフレド・ベニテスのようなボクサーが活躍した。ウイルフレド・ゴメスも注目すべき世界チャンピオンである。そしてロベルト・デュラン、モハメド・アリ、アレクシス・アルゲリョといったボクサーが試合のためにプエルトリコに訪れた。1970年代のプエルトリコのボクシングは多くが黄金時代であったと指摘している。プエルトリコのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • スクーカル郡 (ペンシルベニア州)

    スクーカル郡 (ペンシルベニア州)から見たモハメド・アリモハメド・アリ

    モハメド・アリ、ボクシング世界ヘビー級チャンピオン、トレーニングキャンプがディアレイクにあったスクーカル郡 (ペンシルベニア州) フレッシュアイペディアより)

  • バーニー・フュークス

    バーニー・フュークスから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    また、フュークスは、ジョン・F・ケネディ、リンドン・ジョンソン、ジェラルド・R・フォード、ジミー・カーター、ロナルド・レーガンらアメリカ合衆国大統領や、モハメド・アリ、アーノルド・パーマー、ジャック・ニクラス、テッド・コッペル、キャサリン・ヘプバーン、オスカー・チャールストンらスポーツ選手や著名人の肖像画も描いている。バーニー・フュークス フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・エリス

    ジミー・エリスから見たモハメド・アリモハメド・アリ

    カシアス・クレイ(モハメド・アリ)と同郷で、アマチュア時代のクレイに土を付けたことがある。後にクレイのスパーリング・パートナーとなり、腕を磨いた。プロでもクレイと対戦しているが、12回KOで敗れている(1971年7月26日)。ジミー・エリス フレッシュアイペディアより)

272件中 81 - 90件表示

「モハメド・アリ」のニューストピックワード