前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
84件中 1 - 10件表示
  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たジョー・フレージャー

    王座剥奪後の1971年3月8日、ジョー・フレージャーに挑戦する。初めての敗北を喫したが、3年後の1974年10月30日、フレージャーに代わり新王者となっていたジョージ・フォアマンにKO勝ちを収め、王座に返り咲いた。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たジョージ・フォアマン

    王座剥奪後の1971年3月8日、ジョー・フレージャーに挑戦する。初めての敗北を喫したが、3年後の1974年10月30日、フレージャーに代わり新王者となっていたジョージ・フォアマンにKO勝ちを収め、王座に返り咲いた。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たサッダーム・フセイン

    1990年に湾岸危機に際し、サッダーム・フセイン:イラク大統領との直接対話のため、病をおしてバグダッドに赴き、アメリカ人の人質解放に成功する。解放された多くの人が、早く帰れる飛行機には乗らず、アリと同じ飛行機に乗って帰国した。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たマイク・タイソン

    リングを縦横無尽に動き回れる体のこなしだけでなく、ジャブに右ストレートでカウンターを合わせる離れ業をやってのけるパンチのスピードも持っていた。マイク・タイソンが出現した現代においてもなお、ヘビー級史上最速との見方がある。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たシルヴェスター・スタローン

    1975年3月24日、無名のチャック・ウェプナーと初防衛戦を行い、15回KO勝ちするが、ダウン(実はウェプナーがアリの足を踏んだため)を喫するなど、ウェプナーが善戦する。この試合を見たシルヴェスター・スタローンは、映画「ロッキー」のストーリーを思い付いた。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1976年の来日では6月26日に日本武道館でプロレスラーのアントニオ猪木と「格闘技世界一決定戦」を行う。特別ルールで戦い結果は3分15回を戦い時間切れ引き分け(詳細はアントニオ猪木対モハメド・アリ)。アリのテーマソングである「炎のファイター」(通称「アリ・ボマイエ(ボンバイエ)」、作曲: マイケル・マッサー)は、76年に格闘技世界一決定戦を戦った猪木に記念品として寄贈されたということになっており、「イノキ・ボンバイエ」として歌われている。この歌は、翌年公開の映画「アリ/ザ・グレーテスト」のエンディング・テーマ「I Always Knew I Had It In Me」(作詞:ジェリー・ゴフィン)としてジョージ・ベンソンが全く別アレンジのバラードとなって流れる。ちなみにオープニング・タイトルの「The Greatest Love of All」は後にホイットニー・ヒューストンがカバーして大ヒットとなった。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たウィル・スミス

    Ali(マイケル・マン監督、ウィル・スミス主演)モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たホイットニー・ヒューストン

    1976年の来日では6月26日に日本武道館でプロレスラーのアントニオ猪木と「格闘技世界一決定戦」を行う。特別ルールで戦い結果は3分15回を戦い時間切れ引き分け(詳細はアントニオ猪木対モハメド・アリ)。アリのテーマソングである「炎のファイター」(通称「アリ・ボマイエ(ボンバイエ)」、作曲: マイケル・マッサー)は、76年に格闘技世界一決定戦を戦った猪木に記念品として寄贈されたということになっており、「イノキ・ボンバイエ」として歌われている。この歌は、翌年公開の映画「アリ/ザ・グレーテスト」のエンディング・テーマ「I Always Knew I Had It In Me」(作詞:ジェリー・ゴフィン)としてジョージ・ベンソンが全く別アレンジのバラードとなって流れる。ちなみにオープニング・タイトルの「The Greatest Love of All」は後にホイットニー・ヒューストンがカバーして大ヒットとなった。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見た朝日新聞出版

    ホセ・トレス 『カシアス・クレイ』 和田俊訳 朝日新聞出版 1972年モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たソニー・リストン

    1964年4月25日、WBA、WBC世界ヘビー級王者のソニー・リストンに挑戦。当時史上最強のハードパンチャーと評価されたリストンに対しアリは絶対不利と言われ、賭け率は7対1でリストンが優位だった。しかしアリは臆せず「蝶のように舞い、蜂のように刺す」と公言。試合は一方的なものとなり、6R終了時にTKO勝ちとなった。アリは試合終了後のインタビューで「I must be 'The Greatest'!」と興奮冷めやらぬ様子で叫んだ。試合後アリは正式に本名をカシアス・クレイからモハメド・アリへと改名した。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
84件中 1 - 10件表示

「モハメド・アリ」のニューストピックワード