111件中 31 - 40件表示
  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たアーニー・テレル

    1967年2月6日、WBA世界ヘビー級王者アーニー・テレルと対戦。試合前アーニーはわざとアリの旧名であるカシアス・クレイと呼んで挑発し、これに怒ったアリは試合を完全にコントロールしたどころかわざと決定打を打たず「俺の名前を言ってみろ!」と叫び続けて完全に打ちのめし判定勝利した。試合後アリは「やつは早く楽になりたかったろうな。奴隷の名前で俺を呼んだ罰だ(当時アリが入信していたネーション・オブ・イスラムではほとんどのアフリカ系アメリカ人が持つ名前を、奴隷主に付けられた名として否定的に見る面がある)」モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たオスカー・ボナベナ

    1970年12月7日、ジョー・フレージャーの持つ世界ヘビー級タイトルへ挑戦する前の前哨戦で、フレージャーを相手に健闘したオスカー・ボナベナと対戦する。試合前は楽観視されていたが、大苦戦の末に最終回にボナベナから3度のダウンを奪って勝利した。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たシュガー・レイ・ロビンソン

    シュガー・レイ・ロビンソンを尊敬しており実際に影響をうけたと指摘する声も存在した。レオン・スピンクスとの再戦を前に「俺は三度ヘビー級チャンピオンを獲得する最初の男になる。ヘビー級のシュガー・レイ・ロビンソンになるんだ」と語っている。後にはシュガー・レイ・レナードを育てた名トレーナー、アンジェロ・ダンディーと常にコンビを組んでいた。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たカール・ミルデンバーガー

    1966年9月10日、6度目の防衛戦でドイツのカール・ミルデンバーガーの挑戦を受ける。アリは終始パワフルな攻撃を見せるが、ミルデンバーガーは打たれても打たれても強靭な精神力で耐え続けアリが休むと怒涛の反撃を見せる。しかしワンサイドで打たれまくったミルデンバーガーの危険を察したレフェリーが12回に遂にストップを宣告するという壮絶な試合となった。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たジャッキー・フレージャー・ライド

    娘のレイラ・アリはプロボクサーとして活躍した。WBC女子スーパーミドル級の初代チャンピオン。ジョー・フレージャーの娘であるジャッキー・フレージャー・ライドと2001年6月に対戦した。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見た和田俊

    ホセ・トレス 『カシアス・クレイ』 和田俊訳 朝日新聞出版 1972年モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たジャネット・エバンス

    1996年7月19日、アトランタオリンピックの開会式で聖火を聖火台に点火。この開会式では聖火台の点火者は当日まで秘密にされていたが、女子水泳選手のジャネット・エバンスが点火台まで聖火のトーチを運び上げた際、アリは彼女からトーチを受け取り、病気のため震える手で点火用のトーチに火を点けた(点火用トーチに着火するとそのトーチは上昇し、上にある聖火台に飛び込んで点火される仕掛けになっていた)。この時、自ら川に投げ捨てたローマオリンピックの金メダルが再授与された。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見た岩本正恵

    ハワード・L. ビンガム 『モハメド・アリ 聖者』 岩本正恵訳、リトルモア、1997年11月モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たジェリー・クォーリー

    1970年10月26日、世界ヘビー級1位、ジェリー・クォーリーと3年ぶりの試合を行い、3回TKO勝ちして再起を果たした。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見た田原八郎

    田原八郎 『モハメド・アリ―合衆国と闘った輝ける魂』 燃焼社、2003年8月モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

111件中 31 - 40件表示

「モハメド・アリ」のニューストピックワード