84件中 31 - 40件表示
  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たロンドンオリンピック (2012年)

    2012年に開催されたロンドンオリンピックの開会式では、オリンピック旗運搬の際に、実に3年ぶりに公の場に姿を現した。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たプロボクサー

    モハメド・アリ(Muhammad Ali、1942年1月17日 - )は、アメリカ合衆国の元プロボクサー。アフリカ系アメリカ人であり、他にイングランドとアイルランドの血を引いていた。ケンタッキー州ルイビル出身。本名は同じで、旧名はカシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア (Cassius Marcellus Clay Jr.)。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たムハンマド・イブン=アブドゥッラーフ

    1960年10月29日にプロデビュー。タニー・ハンセイカーと対戦し、6R判定勝ちを収めて、プロデビュー戦を勝利で飾る。また、プロ転向直後にネーション・オブ・イスラムの信徒であると公表し、リングネームを現在の本名である、ムスリム(イスラム教徒)名モハメド・アリに改めた。この名前は、預言者ムハンマドと指導者(イマーム)アリーに由来する。なお、1975年にはイスラム教スンナ派に改宗している。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見た2009年

    2009年にはアイルランド・クレア郡エニスの名誉市民に選出され、9月1日に記念式典が行われた。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たメディアファクトリー

    田中茂朗 『モハメド・アリ 〜リングを降りた黒い戦士』 メディアファクトリー、1992年6月20日モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見た阪急コミュニケーションズ

    デイビッド・レムニック 『モハメド・アリ―その闘いのすべて』 佐々木純子訳、阪急コミュニケーションズ、2001年9月モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見た未來社

    マイク・マークシー 『モハメド・アリとその時代―グローバル・ヒーローの肖像』 藤永康政訳、未來社、2001年10月モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見た東京書籍

    トマス・ハウザー 『シリーズ・ザ・スポーツノンフィクション14 モハメド・アリ -その生と時代』小林勇次訳、東京書籍、1993年7月2日モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見た世界ボクシング評議会

    娘のレイラ・アリはプロボクサーとして活躍した。WBC女子スーパーミドル級の初代チャンピオン。これに対してジョージ・フォアマンの娘であるフリーダ・フォアマンもプロボクサーとなり、「レイラを倒したい」と述べていた。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たローマオリンピック

    デビュー当初はカシアス・クレイと呼ばれていたが、1964年にネーション・オブ・イスラムへの参加を機に、リングネームのみならず本名自体をモハメド・アリに改名し、その名で呼ばれるようになった。アマチュアボクサーとしてボクシングを始め、1960年のローマオリンピック・ライトヘビー級金メダリスト。プロに転向するや無敗で世界ヘビー級王座を獲得。その後は3度王座奪取に成功し通算19度の防衛を果たした。人種差別と戦い、ベトナム戦争の徴兵拒否など()社会的にも多くの注目を集めた人物である。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

84件中 31 - 40件表示

「モハメド・アリ」のニューストピックワード