84件中 61 - 70件表示
  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見た東京ドーム

    1998年の来日の際には4月4日に東京ドームで挙行されたアントニオ猪木のプロレスラー現役引退試合のスペシャルゲストとしてリングに上がり、猪木を労った。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たフィリピン

    1975年10月1日、フィリピンのアラネタ・コロシアムで行われた4度目の防衛戦でジョー・フレージャーと対戦し、14回TKO勝利を収めた。終生のライバルとなったフレージャーとは3度対戦して、2勝1敗であった。興行名を "The Thrilla in Manila" としたこの対戦は両者死力を尽くして形勢が何度も逆転した名試合であり、この試合もリングマガジン ファイト・オブ・ザ・イヤーに選出された(5度目)。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たリングネーム

    デビュー当初はカシアス・クレイと呼ばれていたが、1964年にネーション・オブ・イスラムへの参加を機に、リングネームのみならず本名自体をモハメド・アリに改名し、その名で呼ばれるようになった。アマチュアボクサーとしてボクシングを始め、1960年のローマオリンピック・ライトヘビー級金メダリスト。プロに転向するや無敗で世界ヘビー級王座を獲得。その後は3度王座奪取に成功し通算19度の防衛を果たした。人種差別と戦い、ベトナム戦争の徴兵拒否など()社会的にも多くの注目を集めた人物である。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見た大統領自由勲章

    2005年11月9日、アメリカ合衆国ホワイトハウスにて文民に送られる最高の勲章である大統領自由勲章を授与された。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たムスリム

    1960年10月29日にプロデビュー。タニー・ハンセイカーと対戦し、6R判定勝ちを収めて、プロデビュー戦を勝利で飾る。また、プロ転向直後にネーション・オブ・イスラムの信徒であると公表し、リングネームを現在の本名である、ムスリム(イスラム教徒)名モハメド・アリに改めた。この名前は、預言者ムハンマドと指導者(イマーム)アリーに由来する。なお、1975年にはイスラム教スンナ派に改宗している。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見た市民

    2009年にはアイルランド・クレア郡エニスの名誉市民に選出され、9月1日に記念式典が行われた。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たポーランド

    1960年9月に開催されたローマオリンピックボクシング競技(ライトヘビー級)に出場。前年度ヨーロッパチャンピオンのポーランドのズビグニェフ・ピトロシュコスキーを判定で破って優勝。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たコンゴ民主共和国

    この挑戦試合はアフリカのザイール(現・コンゴ民主共和国)で行われ、"Rumble in the jungle"というタイトルがつけられていた。当時、一般には全盛を過ぎたと見られていたアリが史上最高のハードパンチャーと目されたフォアマンを破ったため、「キンシャサの奇跡」とも呼ばれる。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たアラネタ・コロシアム

    1975年10月1日、フィリピンのアラネタ・コロシアムで行われた4度目の防衛戦でジョー・フレージャーと対戦し、14回TKO勝利を収めた。終生のライバルとなったフレージャーとは3度対戦して、2勝1敗であった。興行名を "The Thrilla in Manila" としたこの対戦は両者死力を尽くして形勢が何度も逆転した名試合であり、この試合もリングマガジン ファイト・オブ・ザ・イヤーに選出された(5度目)。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たホワイトハウス

    2005年11月9日、アメリカ合衆国ホワイトハウスにて文民に送られる最高の勲章である大統領自由勲章を授与された。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

84件中 61 - 70件表示

「モハメド・アリ」のニューストピックワード