111件中 71 - 80件表示
  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たアウトボクシング

    鈍重な大男の力任せな殴り合いだったヘビー級ボクシングに、アリは蝶のように華麗なフットワークと、蜂のように鋭い左ジャブを活用するアウトボクシングを持ち込んだ。この著名なフレーズは、アリのトレーナーのドゥルー・バンディーニ・ブラウンによるもので、試合前によく肩を組んで「蝶のように舞い、蜂のように刺す!」と一緒に叫ぶパフォーマンスを見せていた。ノートン戦の敗北後に、ノートンのファンから「蝶は羽を失い、蜂は針を失った」という投書が届き、これを気に入ったアリはジムの壁にこれをテープで貼りつけて毎日眺め、「羽」と「針」を取り戻す決意を新たにしていた。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たリングマガジン ファイト・オブ・ザ・イヤー

    1963年3月13日に、元世界ライトヘビー級王座挑戦者のダグ・ジョーンズと対戦。アリが10R判定で勝利。この試合はリングマガジン ファイト・オブ・ザ・イヤー(年間最高試合賞)に選出されたが、アリは試合前にジョーンズを6RでKOすると公言していたため、試合後に新聞からバッシングを浴びた。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見た預言者

    1960年10月29日にプロデビュー。タニー・ハンセイカーと対戦し、6R判定勝ちを収めて、プロデビュー戦を勝利で飾る。また、プロ転向直後にネーション・オブ・イスラムの信徒であると公表し、リングネームを現在の本名である、ムスリム(イスラム教徒)名モハメド・アリ(ムハンマド・アリー)に改めた。この名前は、預言者ムハンマドと指導者(イマーム)アリーに由来する。なお、1975年にはイスラム教スンナ派に改宗した。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たALI アリ

    ALI アリ(マイケル・マン監督、ウィル・スミス主演)モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たフィリピン

    1975年10月1日、フィリピンのアラネタ・コロシアムで行われた4度目の防衛戦でジョー・フレージャーと対戦し、14回TKO勝利を収めた。終生のライバルとなったフレージャーとは3度対戦して、2勝1敗であった。興行名を "The Thrilla in Manila" としたこの対戦は両者死力を尽くして形勢が何度も逆転した名試合であり、この試合もリングマガジン ファイト・オブ・ザ・イヤーに選出された(5度目)。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見た大統領自由勲章

    2005年11月9日、アメリカ合衆国のホワイトハウスにて文民に送られる最高の勲章である大統領自由勲章を授与された。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たポップコーン

    1942年1月17日にアメリカ合衆国ケンタッキー州ルイビルのルイビル総合病院で、父カシアスと母オデッサの間に、カシアス・マーセラス・クレイとして生まれた。父親と同じ名前であるため、ジュニアが名前の最後についていた。彼は小学生の頃、父親から誕生日にプレゼントにもらった自転車を宝物にしており、それに乗ってよく近所にポップコーンとアイスクリームをもらいに行っていた。ところが、ある日、誰かに自転車を盗まれ、警察に行った際に対応した警官がボクシングジムのトレーナーもしており、彼に犯人に鉄拳制裁を加えるという意味でボクシングを勧め、その警官のボクシングジムに入った。これが、モハメド・アリがボクシングを始めたきっかけになった。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たクレア州

    2009年、アイルランド クレア州エニスの名誉市民に選出され、9月1日に記念式典が行われた。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見たエニス

    2009年、アイルランド クレア州エニスの名誉市民に選出され、9月1日に記念式典が行われた。モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アリ

    モハメド・アリから見た北米ボクシング連盟

    NABF北米ヘビー級王座モハメド・アリ フレッシュアイペディアより)

111件中 71 - 80件表示

「モハメド・アリ」のニューストピックワード