193件中 91 - 100件表示
  • 国籍マーク

    国籍マークから見たモルディブモルディブ

    ファイル:MNDF_roundel.svg|モルディブ国籍マーク フレッシュアイペディアより)

  • ディベヒ語

    ディベヒ語から見たモルディブ共和国モルディブ

    ディベヒ語はインド・ヨーロッパ語族の一つでおよそ30万人によって話されている言語。モルディブ共和国の公用語でもある。モルディブ周辺のミニコイ諸島にも話者がいる。地理的な近さからシンハラ語の影響を多く受け、現代ディベヒ語の構築には英語、ヒンディー語、フランス語、ペルシャ語、ポルトガル語なども影響している。シンハラ語とともにインド・アーリア語族の中でも最南のグループであり、他の言語には無い特徴を持っていることから、この二つの言語はもともと同じで、後から分岐したのではないかと推測されている。1700年頃までは左から書かれていたが、モルディブでのイスラム教の普及に伴いアラビア語の影響を受けて徐々に右からになった。20世紀前半からは公用文章も右からになり、1960年代には孤島に残っていた左書きの使用者が絶えてしまった。ディベヒ語 フレッシュアイペディアより)

  • ジュメイラ・インターナショナル

    ジュメイラ・インターナショナルから見たモルディブモルディブ

    1997年にドバイを本拠地に設立された。現在、アラブ首長国連邦のアミール(首長)であるムハンマド・ビン=ラーシド・アール=マクトゥームが経営最高責任者を務めるドバイ・ホールディングスの傘下企業として、1999年に完成し世界一の高層ホテルであったブルジュ・アル・アラブを筆頭に、アラブ所長国連邦やイギリス、ドイツ、イタリア、スペイン、トルコ、アゼルバイジャン、モルディブ、中国で高級ホテルを所有・運営する。ジュメイラ・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • モルディブの国章

    モルディブの国章から見たモルディブモルディブ

    モルディブの国章(モルディブのこくしょう)は、ココヤシの木、三日月と星、交差させた旗竿と2本のモルディブの国旗を組み合わせ、伝統的な国名を書いた帯を下にあしらったエンブレムである。モルディブの国章 フレッシュアイペディアより)

  • 国家敬礼

    国家敬礼から見たモルディブモルディブ

    国家敬礼(Qaumii Salaam、ディベヒ語?????? ??????は、モルディブの国歌。Muhammad Jameel Didiが作詞し、Pandit Wannakuwattawaduge Don Amaradevaが作曲した。国家敬礼 フレッシュアイペディアより)

  • 真珠の首飾り戦略

    真珠の首飾り戦略から見たモルジブモルディブ

    真珠の首飾り戦略()は中華人民共和国の戦略。交通路は香港からポートスーダンまで延びている。海路は海軍が戦略的な関心を持っているパキスタン、スリランカ、バングラデシュ、モルジブ、ソマリアだけでなく、戦略的チョークポイントであるバブ・エル・マンデブ海峡、マラッカ海峡、ホルムズ海峡、ロンボク海峡などを通っている。この表現はアメリカ国防総省部内報告書の"Energy Futures in Asia"で使われていた。真珠の首飾り戦略 フレッシュアイペディアより)

  • オオメジロザメ

    オオメジロザメから見たモルディブモルディブ

    紅海、モルディブ、地中海をのぞいたあらゆる熱帯、温帯の海域に生息している。淡水域にも進入することができ、ミシシッピ川、ザンベジ川、アマゾン川を3,500kmもさかのぼったところ、ニカラグア湖やグアテマラなどの淡水の湖にもいる。日本でも沖縄周辺の海域や河川で生息が確認されている。オオメジロザメ フレッシュアイペディアより)

  • 西村直己

    西村直己から見たモルディヴ共和国モルディブ

    自由民主党政務調査会長、農林大臣など要職を歴任した後、1971年に全日空機雫石衝突事故で増原恵吉防衛庁長官が引責辞任した後を受けて入閣したが、「国連は田舎の信用組合みたいなもの」「中共が国連入ってくればますます悪くなるかもしれない」「モルジブは土人国だ。あんなのだって票を持っている。」と発言したため「国連軽視・発展途上国蔑視」との批判を浴び、辞任に追い込まれた。西村直己 フレッシュアイペディアより)

  • モルディブの国旗

    モルディブの国旗から見たモルディブモルディブ

    モルディブの国旗は、1965年7月25日に制定された赤で囲まれた緑地に月章の旗。モルディブの国旗 フレッシュアイペディアより)

  • タイヘイヨウアカボウモドキ

    タイヘイヨウアカボウモドキから見たモルディブモルディブ

    従来、タイヘイヨウアカボウモドキとされていた標本はこの2例だけであったが、2003年にDaleboutらは遺伝子解析によって他に4標本(計6標本)が見つかっていたことを示した (Dalebout et al 2003)。他の4標本とは、1968年にケニアで見つかった頭蓋骨、1976年と1992年に南アフリカで見つかった未成熟な2個体、2000年にモルディブで見つかった個体である。このうち、モルディブで見つかった個体は妊娠中の雌で、胎内から胎児も見つかっている。Daleboutらの遺伝子解析によって、独立した属とすべきであろうということも示された。現在ではタイヘイヨウアカボウモドキ属 (Indopacetus) として独立した属とすることでほぼ決着している。タイヘイヨウアカボウモドキ フレッシュアイペディアより)

193件中 91 - 100件表示