193件中 71 - 80件表示
  • 平成18年台風第13号

    平成18年台風第13号から見たモルディブモルディブ

    佐伯市でモルディブ船籍のフェリーが転覆。海に投げ出された乗務員5人のうち1人が死亡。平成18年台風第13号 フレッシュアイペディアより)

  • 梅田恵子

    梅田恵子から見たモルディヴモルディブ

    梅田 恵子(うめだ けいこ、1982年2月 - )は、フリーアナウンサー(元北日本放送アナウンサー)。山口県豊浦郡豊北町(現下関市)出身。2004年北日本放送に入社。新婚旅行にモルディヴへ。2007年3月に挙式。同期は栂安亜紀。梅田恵子 フレッシュアイペディアより)

  • マクダル

    マクダルから見たモルジブモルディブ

    夢:オリンピックで金メダルを取る、モルジブ旅行に行くマクダル フレッシュアイペディアより)

  • 松下哲哉

    松下哲哉から見たモルディブモルディブ

    大学の教育学部への進学に反対する両親を説得、福島大学教育学部へ入学し教育者の道に進む。福島大学入学とほぼ同時に元東京大学教授である石河利寛に感銘を受け運動生理学分野に興味を示す。福島大学1年の時、水中写真家館石昭のモルディブでの水中写真集「海のオリビア」で水中モデルに指導をしたことから第一歩を踏む。その後、水中ファッションショーの水中モデル(主に海外)やシンクロナイズドスイミング選手への指導が本格化し、自身の息こらえの研究も軌道にのる。アメリカのJ.レッドフォード博士より助言を受けながら指導を続ける。独自の息こらえ時間を延長させる方法を開発し、国内ではオリンピックレベルの選手への指導も行い、シンクロナイズドスイミング、水泳以外でのスポーツ選手や親交の深いプロ野球選手への指導助言も行っている。海外や国内での映画の水中シーンにおいて、俳優や女優に個別指導も行っている。またシンクロナイズドスイミングや潜水、運動生理学関係でマスコミ等の取材を受けることもある。インターネット医科大学においては、分野は違うが全国から寄せられる相談にも回答している。元内務省官僚松下芳三郎は祖父である。松下哲哉 フレッシュアイペディアより)

  • 禁酒令

    禁酒令から見たモルディブモルディブ

    モルディブではアルコール飲料の輸入が禁止されている。アルコール飲料は、リゾート用の島を訪れる外国人旅行者にのみ許可され、リゾート地を離れての利用はできない。禁酒令 フレッシュアイペディアより)

  • 福士 秀樹

    福士秀樹から見たモルディブモルディブ

    iTunes Store ニッポン放送 iJockey:(語り) 人生の見える旅行書「モルディブ 楽園を手に入れる方法」(全30話)福士秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • キャンベラ (ケント級重巡洋艦)

    キャンベラ (ケント級重巡洋艦)から見たモルディブモルディブ

    1941年2月、US9船団をフリーマントルからコロンボまで護衛。コロンボには2月20日に到着し、護衛を軽巡洋艦リアンダーと交代してキャンベラはモルディブへ向かった。2月22日、キャンベラはインド洋で通商破壊を行っていたドイツのポケット戦艦アドミラル・シェーアの捜索を命じられた。キャンベラ他何隻かの艦艇が捜索に当たったがアドミラル・シェーアは捕捉できず、2月26日に捜索は中止された。キャンベラはセーシェルのヴィクトリアで燃料補給を行った後、3月2日にリアンダーと合流し、通商破壊艦の捜索に当たった。3月4日、キャンベラは2隻の船を発見した。それはコーブルク (Coburg) とKetty Brovigであった。コーブルクはドイツの通商破壊艦に対する補給を行う船で、Ketty Brovigはドイツの仮装巡洋艦アトランティスに捕獲されたノルウェーのタンカーであった。キャンベラはコーブルクに対して砲撃を行い、コーブルクは沈没。また、コーブルクとは別方向に逃走したKetty Brovigはキャンベラの搭載機によって停船させられ、最後はキャンベラの砲撃で沈められた。キャンベラ (ケント級重巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊南スーダン派遣

    自衛隊南スーダン派遣から見たモルディブモルディブ

    輸送補給部隊:上記に加えて、インド、カンボジア、シンガポール、スリランカ、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、モルディブ、英国(ディエゴガルシア島)、アラブ首長国連邦、イスラエル、オマーン、サウジアラビア、エジプト、ケニア、ジブチ、セーシェル自衛隊南スーダン派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 軌道エレベータ

    軌道エレベータから見たモルディブモルディブ

    地上側の発着拠点(アース・ポート)は、一般に言われるように赤道上にしか建設できないわけではないが、赤道上であればケーブルにかかる張力を小さくできるので最適である。緯度が上がるほどケーブルにかかる張力が大きくなり、また赤道以外ではケーブルが地面に対して垂直にはならないため、赤道から極端に離れた場所に建設するのは難易度が高くなる。2004年に開かれた軌道エレベータ建設に関する国際会議では、アース・ポートは赤道から南北それぞれ緯度35度以内に建設すべきであることが示された。建設地点としての適性を赤道で100%とすれば、35度で50%となり、そこから先は急速に減少するという。ただし、これは緯度だけを問題にした場合であり、それ以外にも、気象条件や周辺地域の政治的安定性など考慮すべきことは多い。また、ケーブルの振動や熱による伸縮への対策、低軌道の人工衛星や大きなスペースデブリとの衝突の回避などのために、アース・ポートは地上に固定するのではなく海上を移動可能なメガフロートとすることが望ましい。地球の重力場は完全に均一ではないため、赤道上に作るなら西経90度(ガラパゴス諸島付近)および東経73度(モルディブ付近)が最も安定させやすい。ブラッドリー・C・エドワーズらはいくつかの建設候補地を挙げ、その中でも東太平洋の赤道付近とインド洋のオーストラリア西方沖を有望視している。軌道エレベータ フレッシュアイペディアより)

  • 高橋邦夫 (外交官)

    高橋邦夫 (外交官)から見たモルディブモルディブ

    在イギリス大使館一等書記官、在イギリス大使館公使、在中国大使館公使、札幌入国管理局長、大阪入国管理局長、参議院国際部長を経て、2009年7月より駐スリランカ大使兼モルディブ大使。高橋邦夫 (外交官) フレッシュアイペディアより)

193件中 71 - 80件表示