87件中 41 - 50件表示
  • モルディブ

    モルディブから見た政治犯

    長期政権となっているガユーム大統領と野党勢力の対立が続き、政治犯釈放を求めるデモが拡大し、非常事態宣言が出される。以後、政治の民主化改革が行われる。モルディブ フレッシュアイペディアより)

  • モルディブ

    モルディブから見たドラヴィダ人

    モルディブでは固有の民族呼称は該当せず、人種構成としてはインド・アーリア人とドラヴィダ人を中心に、西北から移住したアラブ系と東南から移住したインドネシア・マレー人種(インドシナ人種(古モンゴロイド系)とオーストラロイドの混血人種)などが混血して、モルディブの住民として成り立っている。モルディブ フレッシュアイペディアより)

  • モルディブ

    モルディブから見た島国

    モルディブ共和国(モルディブきょうわこく、, )、通称モルディブは、アジアのインド洋にある島国で、インドとスリランカの南西に位置する。モルディブ フレッシュアイペディアより)

  • モルディブ

    モルディブから見たオランダ

    1645年、オランダの保護国となる( - 1796年)。モルディブ フレッシュアイペディアより)

  • モルディブ

    モルディブから見た政党政治

    伝統的に政治的集団を結成する習慣が無かったため政党は存在しなかったが、アジア最長と呼ばれるガユーム政権の打倒のために2003年11月10日にモルディブ民主党(MDP)が結成された。これを契機にガユーム大統領が新党モルディブ人民党(DRP)を結成。その他にもモルディブ進歩党(PPM)や共和党といった中堅政党、更にはイスラム民主党や正義党といった小政党が続々と結成され、徐々に政党政治へと移行しつつある。(政党の一覧についてはモルディブの政党に記載)モルディブ フレッシュアイペディアより)

  • モルディブ

    モルディブから見たポルトガル語

    公用語は、ディベヒ語(ディヴェヒ語とも表記され、モルディブ語とも呼ばれる)。また、英語もよく通じる。リゾート島によってはフランス語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語、イタリア語も話されている。モルディブ フレッシュアイペディアより)

  • モルディブ

    モルディブから見たスペイン語

    公用語は、ディベヒ語(ディヴェヒ語とも表記され、モルディブ語とも呼ばれる)。また、英語もよく通じる。リゾート島によってはフランス語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語、イタリア語も話されている。モルディブ フレッシュアイペディアより)

  • モルディブ

    モルディブから見たオーストラリア

    海抜の最高が2.4mという平坦な地形であるため、近年の海面上昇と珊瑚礁の死滅により、国土が消滅する危険にさらされている。1m海面が上昇すると国土の80%が失われると言われる。このためナシード大統領(2008年当時)は、モルディブの基幹産業である観光収入の一部を使って海外の土地(インドやスリランカ、オーストラリアなどが想定されている)を購入し、国民が移住できる土地を確保する意向を表明している。また、国土を盛り土することで水没を防ぐ方策も検討されている。モルディブ フレッシュアイペディアより)

  • モルディブ

    モルディブから見たオールド・ラング・サイン

    旧国歌『ガオミィ サラーム』は『蛍の光』と同じ曲、つまり、スコットランド民謡の『オールド・ラング・サイン』の旋律を用いた曲であった。モルディブ フレッシュアイペディアより)

  • モルディブ

    モルディブから見た観光業

    主産業は漁業と観光業。観光部門がGDPの約3分の1を占めており、最大の外貨獲得源でもある。リゾート島は85 - 100もあるといわれる。2001年7月、政府は20年間で工業化促進を目指す「2020ビジョン」を発表。各島は、その機能が特定されていることが多く、空港の島・ごみの島・囚人の島・観光の島など特化している場合が多い。モルディブ フレッシュアイペディアより)

87件中 41 - 50件表示

「モルディブ」のニューストピックワード