694件中 11 - 20件表示
  • チョイレン銘文

    チョイレン銘文から見たモンゴル国モンゴル国

    チョイレン銘文(チョイレンめいぶん、英語:The Choir monument)は、モンゴル国にある突厥時代の銘文。いわゆる突厥文字で書かれたものとしては最も古く、おそらくは初めて突厥文字が使用された銘文であると思われる。チョイレン銘文 フレッシュアイペディアより)

  • ポンサルマーギーン・オチルバト

    ポンサルマーギーン・オチルバトから見たモンゴル国モンゴル国

    ポンサルマーギーン・オチルバト(mn:Пунсалмаагийн Очирбат ラテン文字転写:Punsalmaagiyn Ochirbat 1942年1月23日-)は、モンゴル国の政治家。ポンサルマーギーン・オチルバト フレッシュアイペディアより)

  • ショブチョード・テムチルト

    ショブチョード・テムチルトから見たモンゴル国モンゴル国

    9月13日、モンゴル国のウランバートルで開催された世界モンゴル人大会に参加し、「我々は中国の内モンゴル人民弾圧に抗議する」と題する宣伝ビラを配布した。ショブチョード・テムチルト フレッシュアイペディアより)

  • 1921年の政治

    1921年の政治から見たモンゴル国モンゴル国

    2月21日 - モンゴル駐留中華民国軍を撃破した白軍ウンゲルンの占領下でボグド・ハーン政権が復活。1921年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • スフバートル廟

    スフバートル廟から見たモンゴル国モンゴル国

    スフバートル廟(スフバートルびょう、モンゴル語:'')は、モンゴル国の首都・ウランバートルにかつて存在したダムディン・スフバートルの霊廟である。スフバートル廟 フレッシュアイペディアより)

  • ハルハ川

    ハルハ川から見たモンゴル国モンゴル国

    ハルハ川( ハルフ・ゴル、、)は、モンゴル高原の北東部を流れる川で、モンゴル国東部と中華人民共和国内蒙古自治区北東部の国境附近を流れる川。ハルヒーン・ゴル()ともいう。ハルフとはモンゴル語で隔てるもの(屏障)を意味し、西岸が東岸より高いため、東岸から見ると対岸が長い障壁のように立ちはだかることからきている 。ハルハ川 フレッシュアイペディアより)

  • モンゴル語

    モンゴル語から見たモンゴル国モンゴル国

    モンゴル語(モンゴルご、、Mongol hel、、mongGul kele)は、モンゴル諸語に属する言語であり、モンゴル国の国家公用語である。モンゴル語を含むモンゴル語族は、テュルク語族及びツングース語族とともにアルタイ諸語と呼ばれる。モンゴル語 フレッシュアイペディアより)

  • ブリヤート共和国

    ブリヤート共和国から見たモンゴル国モンゴル国

    首都はウラン・ウデ(人口38万6700人)。管区はシベリア連邦管区に属する。北にイルクーツク州、東にザバイカリエ地方、南にモンゴル国、西にトゥバ共和国へ接する。ブリヤート共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 東トルキスタン

    東トルキスタンから見たモンゴル国モンゴル国

    南にチベット自治区および青海省、東に甘粛省、北東にモンゴル国と接しており、北西から南西にかけては、カザフスタン、キルギス、タジキスタン等西トルキスタン地域と呼称される旧ソビエト連邦領中央アジア諸国、インド・パキスタン間で係争中のカシミール(アクサイチン)地方などと接している。東トルキスタン フレッシュアイペディアより)

  • エレンホト市

    エレンホト市から見たモンゴル国モンゴル国

    中国国鉄集二線の通るモンゴル国との国境都市で、出入国検査場であるエレンホト口岸が設置されている。1984年9月、視察に訪れた胡耀邦により「南に深有り、北に二連有り」と評価されるモンゴル国への重要な対外開放都市となった。このルートは長らく「茶葉の道」「北方のシルクロード」等と言われた。エレンホト市 フレッシュアイペディアより)

694件中 11 - 20件表示

「モンゴル」のニューストピックワード