518件中 11 - 20件表示
  • ゴビ・アルタイ県

    ゴビ・アルタイ県から見たモンゴル国モンゴル国

    ゴビ・アルタイ県()は、モンゴル国の県(アイマク)の一つ。県庁地はアルタイ。ゴビ・アルタイ県 フレッシュアイペディアより)

  • スフバートル廟

    スフバートル廟から見たモンゴル国モンゴル国

    スフバートル廟(スフバートルびょう、モンゴル語:С?хбаатарын бунхан)は、モンゴル国の首都・ウランバートルにかつて存在したダムディン・スフバートルの霊廟である。スフバートル廟 フレッシュアイペディアより)

  • エレンホト市

    エレンホト市から見たモンゴル国モンゴル国

    中国国鉄集二線の通るモンゴル国との国境都市で、出入国検査場であるエレンホト口岸が設置されている。1984年9月、視察に訪れた胡耀邦により「南に深有り、北に二連有り」と評価されるモンゴル国への重要な対外開放都市となった。このルートは長らく「茶葉の道」「北方のシルクロード」等と言われた。エレンホト市 フレッシュアイペディアより)

  • ショブチョード・テムチルト

    ショブチョード・テムチルトから見たモンゴル国モンゴル国

    同年9月13日、モンゴル国のウランバートルで開催された世界モンゴル人大会に参加し、「我々は中国の内モンゴル人民弾圧に抗議する」と題する宣伝ビラを配布した。ショブチョード・テムチルト フレッシュアイペディアより)

  • ハルハ

    ハルハから見たモンゴル国モンゴル国

    ハルハ(モンゴル語: qalq-a, Khalkha, , ,?????????? qalq-a、中国語:喀爾喀、喀?喀 Kā?rkā)は、近世モンゴルの一部族であり、現在のモンゴル国の多数派民族である。中国の内モンゴル自治区にもハルハの一部が住む。ハルハ フレッシュアイペディアより)

  • ガチョウ足行進

    ガチョウ足行進から見たモンゴル国モンゴル国

    ロシア・ソ連経由:第二次世界大戦後、社会主義体制をとった国々で、ロシア帝国からこの行進を引き継いだソ連軍の影響で広まる。例:ソ連諸国、中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国、ベトナム、キューバ等(モンゴルは同様の経緯で第二次世界大戦前から)。(次節では★で示す)ガチョウ足行進 フレッシュアイペディアより)

  • ボグド・ハーン

    ボグド・ハーンから見たモンゴル国モンゴル国

    モンゴルが清朝から独立宣言した際、第8世はモンゴル諸侯に推戴されてモンゴルの皇帝(ハーン)となり、1911年12月29日に即位した。従来「ボグド・ゲゲーン(お聖人さま)」と呼ばれていた8世は、以後「ボグド・ハーン(聖なる皇帝)」とよばれるようになった。ボグド・ハーン フレッシュアイペディアより)

  • ホーミー

    ホーミーから見たモンゴル国モンゴル国

    ホーミー(モンゴル語: ()、フーミーとも)は、アルタイ山脈周辺民族の間に伝わる喉歌と呼ばれる歌唱法のうち、西部オイラト諸族(モンゴル国西部と中国新疆ウイグル自治区北部に居住)に伝わるものの呼称。一般に、緊張した喉から発せられる笛のような声のことを指す。語源はモンゴル語で「咽頭、動物の腹部の毛皮」をあらわす。ホーミー フレッシュアイペディアより)

  • ポンサルマーギーン・オチルバト

    ポンサルマーギーン・オチルバトから見たモンゴル国モンゴル国

    ポンサルマーギーン・オチルバト(mn:Пунсалмаагийн Очирбат ラテン文字転写:Punsalmaagiyn Ochirbat 1942年1月23日-)は、モンゴル国の政治家。西部ザウハン県の出身。1960年から1965年、レニングラードに留学。ポンサルマーギーン・オチルバト フレッシュアイペディアより)

  • 福岡アジア文化賞

    福岡アジア文化賞から見たモンゴル国モンゴル国

    シャグダリン・ビラ(モンゴル、歴史学者) 学術研究賞福岡アジア文化賞 フレッシュアイペディアより)

518件中 11 - 20件表示

「モンゴル」のニューストピックワード