518件中 21 - 30件表示
  • ハルハ川

    ハルハ川から見たモンゴル国モンゴル国

    ハルハ川( ハルフ・ゴル、、)は、モンゴル高原の北東部を流れる川で、モンゴル国東部と中華人民共和国内蒙古自治区北東部の国境附近を流れる川。ハルヒーン・ゴル()ともいう。ハルフとはモンゴル語で隔てるもの(屏障)を意味し、西岸が東岸より高いため、東岸から見ると対岸が長い障壁のように立ちはだかることからきている 。ハルハ川 フレッシュアイペディアより)

  • ユーラシア連合

    ユーラシア連合から見たモンゴル国モンゴル国

    ユーラシア連合(-れんごう、; ; 、EAU)とはベラルーシ、カザフスタン、ロシア間で深い経済的、政治的統合を行う構想のこと。キルギスタン、タジキスタンなども興味を示しており、その他にもバルト三国・モルドバ・グルジアを除く旧ソビエト連邦の構成共和国であった国々、および旧ソ連との関係が深いモンゴルが候補国とされる。「」は本来「同盟」の意であるが「連邦」とも訳出されてきたため、「ユーラシア連邦」と意訳することもできる。ユーラシア連合 フレッシュアイペディアより)

  • 1921年

    1921年から見たモンゴル国モンゴル国

    2月21日 - モンゴル駐留中華民国軍を撃破した白軍ウンゲルンの占領下でボグド・ハーン政権が復活。1921年 フレッシュアイペディアより)

  • 中央アジア

    中央アジアから見たモンゴル国モンゴル国

    中央アジアの概念はドイツのアレクサンダー・フォン・フンボルトが1843年に提唱した。その他、古生物学などでは、モンゴルを中央アジア、中央アジア5か国を中部アジアと言って区別することがある。中央アジア フレッシュアイペディアより)

  • 東トルキスタン

    東トルキスタンから見たモンゴル国モンゴル国

    南にチベット自治区および青海省、東に甘粛省、北東にモンゴル国と接しており、北西から南西にかけては、カザフスタン、キルギス、タジキスタン等西トルキスタン地域と呼称される旧ソビエト連邦領中央アジア諸国、インド・パキスタン間で係争中のカシミール(アクサイチン)地方などと接している。東トルキスタン フレッシュアイペディアより)

  • モンゴル文字

    モンゴル文字から見たモンゴル国モンゴル国

    モンゴル文字(モンゴルもじ、蒙古文字〔もうこもじ〕/モンゴル語キリル文字表記:''、モンゴル文字:、モンゴル文字ローマ字(ラテン文字)転写:Mongγol bičig、中国語:)は、13世紀ごろウイグル文字から派生した文字で、主にモンゴル語を表記する。専ら縦書きされ、行は左から右へ綴られる(左縦書き)。現在は主に中華人民共和国内モンゴル自治区で使われているが、モンゴル国では 1994 年以降義務教育化され、歴史と伝統・文化の象徴として書道やクラフトアートをはじめとした芸術作品に活用されている。モンゴル文字 フレッシュアイペディアより)

  • モンゴル語

    モンゴル語から見たモンゴル国モンゴル国

    モンゴル語(モンゴルご、、Mongol hel、、mongGul kele)は、モンゴル諸語に属する言語であり、モンゴル国の国家公用語である。モンゴル諸語は、テュルク諸語及びツングース諸語とともにアルタイ諸言語と呼ばれることがある。モンゴル語 フレッシュアイペディアより)

  • モンゴル人民共和国

    モンゴル人民共和国から見たモンゴル国モンゴル国

    モンゴル人民共和国(モンゴルじんみんきょうわこく;モンゴル語:')は、モンゴルが1924年から1992年まで使用した国号である。略称はBNMAU(')である。モンゴル人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • ブリヤート共和国

    ブリヤート共和国から見たモンゴル国モンゴル国

    首都はウラン・ウデ(人口38万6700人)。管区はシベリア連邦管区に属する。北にイルクーツク州、東にザバイカリエ地方、南にモンゴル国、西にトゥバ共和国へ接する。ブリヤート共和国 フレッシュアイペディアより)

  • トゥヴァ共和国

    トゥヴァ共和国から見たモンゴル国モンゴル国

    東はブリヤート共和国、南はモンゴル国、西はアルタイ共和国、北西はハカス共和国、北はクラスノヤルスク地方、北東はイルクーツク州と接している。トゥヴァ共和国 フレッシュアイペディアより)

518件中 21 - 30件表示

「モンゴル」のニューストピックワード