694件中 31 - 40件表示
  • ウテュケン山

    ウテュケン山から見たモンゴル国モンゴル国

    ウテュケン山(テュルク語:Ütükän yïš)は、現在のモンゴル国にあるハンガイ山脈に比定される山の歴史的呼び名。ウテュケン山(Ütükän yïš)という名は『オルホン碑文』に刻まれているもので、中国史書でも於都斤山、烏徳鞬山、都尉揵山、都斤山、大斤山、鬱督軍山、郁督軍山などと表記された。ウテュケン山はテュルク系遊牧民の聖地とされ、たびたび遊牧国家の首都となった。ウテュケン山 フレッシュアイペディアより)

  • モンゴル人民共和国

    モンゴル人民共和国から見たモンゴル国モンゴル国

    モンゴル人民共和国(モンゴルじんみんきょうわこく、)は、モンゴルが1924年から1992年まで使用した国号である。略称は'(')である。モンゴル人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 黄砂

    黄砂から見たモンゴル国モンゴル国

    発生地に近いほど、砂塵の濃度は濃く、大きな粒が多く、飛来する頻度も高い傾向にある。モンゴル、中国、韓国などでは住民の生活や経済活動に多大な支障が出る場合があり、黄砂への対策や黄砂の防止が社会的に重要となっている。近年は東アジア各国で、黄砂による被害が顕著になってきているとされており、一部の観測データもこれを裏付けている。これに加えて、環境問題への関心が高まっていることなどもあり、黄砂に対する社会的な関心も高まっている。黄砂 フレッシュアイペディアより)

  • 革命

    革命から見たモンゴル国モンゴル国

    モンゴル独立(1911年 - 1915年) - 辛亥革命によってモンゴル人の民族運動が激化。1911年に独立宣言。1915年に自治権を認められる。革命 フレッシュアイペディアより)

  • 1921年

    1921年から見たモンゴル国モンゴル国

    2月21日 - モンゴル駐留中華民国軍を撃破した白軍ウンゲルンの占領下でボグド・ハーン政権が復活。1921年 フレッシュアイペディアより)

  • 蒙古地方

    蒙古地方から見たモンゴル国モンゴル国

    蒙古地方(もうこ/モンゴル-ちほう)は中華民国が、実効支配できなかったモンゴル北部に対し、領有を主張して名目上設置した省級行政区画。いわゆる外蒙古にダリガンガ牧場、コブド地方等をあわせた範囲に相当し、現在のモンゴル国とロシア連邦トゥヴァ共和国(唐努烏梁海)を含む。地方政府所在地は庫倫(ニースレル・フレー)(現在のウランバートル)。蒙古地方 フレッシュアイペディアより)

  • モンゴル系民族

    モンゴル系民族から見たモンゴル国モンゴル国

    モンゴル系民族(Mongols、モンゴル文字: Mong?ul、キリル文字:)は、モンゴル高原(現在のモンゴル国と中華人民共和国の内モンゴル自治区を合わせたものにほぼ一致する地域)にバイカル湖?興安嶺の一帯とバイカル湖?アルタイ山脈の一帯を合わせた地域(中央ユーラシア)に居住するモンゴル諸語を母語とする民族。モンゴル系民族 フレッシュアイペディアより)

  • モンゴル文字

    モンゴル文字から見たモンゴル国モンゴル国

    現在は主に中華人民共和国内モンゴル自治区で使われているが、モンゴル国では 1994 年以降義務教育化され、歴史と伝統・文化の象徴として書道やクラフトアートをはじめとした芸術作品に活用されている。モンゴル文字 フレッシュアイペディアより)

  • ハルハ

    ハルハから見たモンゴル国モンゴル国

    ハルハ(モンゴル語: 転写:qalq-a, Khalkha, , 、中国語:喀爾喀、喀?喀 Kā?rkā)は、近世モンゴルの一部族であり、現在のモンゴル国の多数派民族である。中国の内モンゴル自治区にもハルハの一部が住む。ハルハ フレッシュアイペディアより)

  • 中央アジア

    中央アジアから見たモンゴル国モンゴル国

    中央アジアの概念はドイツのアレクサンダー・フォン・フンボルトが1843年に提唱した。その他、古生物学などでは、モンゴルを中央アジア、中央アジア5か国を中部アジアと言って区別することがある。中央アジア フレッシュアイペディアより)

694件中 31 - 40件表示

「モンゴル」のニューストピックワード