518件中 41 - 50件表示
  • オチルバト

    オチルバトから見たモンゴル国モンゴル国

    オチルバトは、モンゴル国の政治家。同名が2名いる。オチルバト フレッシュアイペディアより)

  • チョイレン銘文

    チョイレン銘文から見たモンゴル国モンゴル国

    チョイレン銘文(チョイレンめいぶん、英語:The Choir monument)は、モンゴル国にある突厥時代の銘文。いわゆる突厥文字で書かれたものとしては最も古く、おそらくは初めて突厥文字が使用された銘文であると思われる。チョイレン銘文 フレッシュアイペディアより)

  • フフホト鉄路局

    フフホト鉄路局から見たモンゴル国モンゴル国

    集二線:二連駅からモンゴル国ザミン・ウデ駅間のK335+601地点がモンゴル国との国境。フフホト鉄路局 フレッシュアイペディアより)

  • ウテュケン山

    ウテュケン山から見たモンゴル国モンゴル国

    ウテュケン山(テュルク語:Ütükän yïš)は、現在のモンゴル国にあるハンガイ山脈に比定される山の歴史的呼び名。ウテュケン山(Ütükän yïš)という名は『オルホン碑文』に刻まれているもので、中国史書でも於都斤山、烏徳鞬山、都尉揵山、都斤山、大斤山、鬱督軍山、郁督軍山などと表記された。ウテュケン山はテュルク系遊牧民の聖地とされ、たびたび遊牧国家の首都となった。ウテュケン山 フレッシュアイペディアより)

  • 外蒙古

    外蒙古から見たモンゴル国モンゴル国

    外蒙古(がいもうこ)は、北京を基準とする「内」「外」という語彙をもちいてモンゴルを南北に区分する分類法において、ゴビ砂漠の北側部分をさす呼称。19世紀後半、中国人が執筆した中国語文献において、外藩蒙古に分類されるモンゴル系諸侯のうち北元系の王公を区分するための概念として出現した。20世紀初頭以降、南北の位置関係を「内」「外」(または同義の訳語)で区分する用語は英語、日本語等でも使用されるようになった(英語:Outer Mongolia、日本語:外蒙古・外蒙・外モンゴル)。モンゴルでは北京を基準とする「内」「外」の用語を嫌い、独立国であるモンゴル国、中国領の自治区である内蒙古自治区のいずれにおいても、「北」「南」を意味する「北モンゴル(アル・モンゴル)」、「南モンゴル(ウブル・モンゴル)」という用語が使用されている。外蒙古 フレッシュアイペディアより)

  • 蒙古国

    蒙古国から見たモンゴル国モンゴル国

    蒙古国 フレッシュアイペディアより)

  • イヘ・フレー

    イヘ・フレーから見たモンゴル国モンゴル国

    イヘ・フレーは18世紀後半にトーラ川のほとりに定着するが、その門前に発展した町が現在のモンゴル国の首都ウランバートルである。この町自体の名も、かつてはイヘ・フレーと呼ばれた。また、この町の中国語の旧称「庫倫(クーロン)」は、「イェケ・クリエン」の後半部を漢字で音写した表記である。イヘ・フレー フレッシュアイペディアより)

  • モンゴル非核地帯

    モンゴル非核地帯から見たモンゴル国モンゴル国

    モンゴル非核地帯(モンゴルひかくちたい、Mongolian Nuclear-Weapons-Free Zone)とは、モンゴル国による一国非核地帯。モンゴル非核地帯 フレッシュアイペディアより)

  • シンチャンケリス

    シンチャンケリスから見たモンゴル国モンゴル国

    中国(新疆ウイグル自治区,雲南省)、カザフスタン、モンゴル、タイなどから化石が出土。また、これの属するシンチャンケリス科は白亜紀には日本やヨーロッパにも分布しており、広い範囲に生息、繁栄していた事が伺える。シンチャンケリス フレッシュアイペディアより)

  • モンゴルオルス

    モンゴルオルスから見たモンゴル国モンゴル国

    モンゴルオルス フレッシュアイペディアより)

518件中 41 - 50件表示

「モンゴル」のニューストピックワード