640件中 51 - 60件表示
  • 鈴木淳 (1961年生のサッカー選手)

    鈴木淳 (1961年生のサッカー選手)から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    引退後、1997年から3年間、ソニー仙台FCのコーチを務める。2001年には日本サッカー協会公認S級ライセンスを取得。日本サッカー協会・ナショナルトレセンコーチを経て、2004年、モンテディオ山形の監督に就任。2年務めた後、2006年よりアルビレックス新潟の監督に就任し、2009年まで務めた。鈴木淳 (1961年生のサッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • ウーゴ・ダ・シウヴァ・アウカンタラ

    ウーゴ・ダ・シウヴァ・アウカンタラから見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    ウーゴ・アウカンタラ (Hugo Alcântara) ことウーゴ・ダ・シウヴァ・アウカンタラ(Hugo da Silva Alcântara、1979年7月28日 - )は、ブラジル・マットグロッソ州クイアバ出身のサッカー選手。ポジションはDF。かつて所属したモンテディオ山形での登録名は「ウーゴ (Hugo) 」。主にポルトガルや東欧で活躍した長身センターバック。ウーゴ・ダ・シウヴァ・アウカンタラ フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤大志

    遠藤大志から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    Jリーグのトライアウトに参加したのち、2007年からJ2・モンテディオ山形へ完全移籍。山形では清水健太に次ぐ第2GKとしてベンチ入りを続け、高い集中力で練習に臨む姿勢とサテライトリーグでの安定したプレーぶりから、天皇杯で起用された。2009年、山形はJ1に昇格し、8年ぶりにJリーグヤマザキナビスコカップに参加。グループリーグ第5節のFC東京戦で遠藤が先発に抜擢され、古巣との対戦に臨んだ。この年限りで契約満了により退団。遠藤大志 フレッシュアイペディアより)

  • 小椋祥平

    小椋祥平から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    2015年、ガンバ大阪へ完全移籍。2015年8月、モンテディオ山形へ期限付き移籍。2016年1月、ガンバ大阪に復帰した。主にU-23のオーバーエージとして活動したが、2016年をもってガンバ大阪を退団した。小椋祥平 フレッシュアイペディアより)

  • ウェリントン・クレイトン・ゴンサウベス・ドス・サントス

    ウェリントン・クレイトン・ゴンサウベス・ドス・サントスから見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    2012年8月、モンテディオ山形に期限付き移籍。ウェリントン・クレイトン・ゴンサウベス・ドス・サントス フレッシュアイペディアより)

  • 國保塁

    國保塁から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    2012年、モンテディオ山形のフィジカルコーチに就任。2013年はV・ファーレン長崎のトップチームのフィジカルコーチを務め、2014年からはアカデミー担当となった。國保塁 フレッシュアイペディアより)

  • 石原卓

    石原卓から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    2008年7月19日、鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムでのモンテディオ山形戦でJリーグデビューを果たす。石原卓 フレッシュアイペディアより)

  • 宮沢克行

    宮沢克行から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    1999年、浦和レッドダイヤモンズに入団。その後、2002年からはアルビレックス新潟に移籍。2004年夏、アルビレックス新潟からモンテディオ山形に期限付き移籍。すぐにチームのレギュラーとなり、上位進出に貢献した。宮沢克行 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤就行

    内藤就行から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    2009年、J1初挑戦となるモンテディオ山形のトップチームコーチに就任した。山形でも若手選手の指導に力を注ぎ、小林伸二監督を補佐。戦力差故の前評判の低さを覆し3年に渡ってJ1に残留、チームを強化した。小林の退任に併せ、山形との契約を満了。内藤就行 フレッシュアイペディアより)

  • 菅和範

    菅和範から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    開幕戦からスタメン出場を果たし、3戦目のモンテディオ山形戦で初ゴールを決めた。シーズン初めはボランチで出場していたが、第20節で初めて左サイドバックとして起用され途中出場ながらゴールを決めた。菅和範 フレッシュアイペディアより)

640件中 51 - 60件表示
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]