446件中 71 - 80件表示
  • 山形テレビ

    山形テレビから見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    モンテディオ山形ホームゲーム中継(随時)(スカパー!での中継制作も手がけており、YTSのスポーツアナウンサーらが実況に出演する。スカパーでの中継開始当初はFNS系列の仙台放送に製作委託していた。これは現在のFNS系・さくらんぼテレビジョンにスポーツ全国中継をするだけの設備が充分備わっていなかったためである)山形テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 山形県総合運動公園陸上競技場

    山形県総合運動公園陸上競技場から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するモンテディオ山形のホームスタジアムとして知られる他、ジャパンラグビートップリーグなどの試合も開催される。山形県総合運動公園陸上競技場 フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛FC

    愛媛FCから見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    一方、イオニコスFCから福田健二(6年ぶりのJリーグ復帰)、札幌から石井謙伍、山形から小原章吾、甲府から鶴田達也を完全移籍で獲得、川崎から杉浦恭平をレンタル移籍で加入、東浩史が新加入した。また、内田健太のレンタル移籍期間の延長も決まった。なお、福田健二については、前所属先のイオニコスFCとの間で問題があり開幕戦に出場できなかった 。その後、暫定措置により第2節から登録、出場している。また、新外国人選手としてドウグラスを獲得したものの、家庭の事情により帰国したため開幕早々の4月16日に退団した。愛媛FC フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    開幕戦の大宮戦ではスコアレスドローに終わり、リーグ開幕戦で初めて無得点に抑えられた。それでも夏場までは、引き分けが多い(28節までに11引き分け)ものの、負けないサッカーを展開。特にホームでは負けることがなく、前年から続くリーグ戦ホーム無敗記録を20まで伸ばした(ただし、その間にナビスコカップのホームゲームで山形に敗れている)。9月29日に長谷川健太の監督続投が決定。10月3日の第28節広島戦で1対1で引き分けるも得失点差で鹿島を上回り首位に立ったが、第29節の負ければJ2降格となる大分にシーズン初の逆転負けをしたのを皮切りに、第30節にはFC東京戦ではシーズン初のリーグ戦ホームでの1対2での黒星になるなど、転がり落ちるように連敗を喫し、優勝はおろかACL出場権の得られる3位以内もなくなり、最終順位は7位。また、天皇杯は準決勝で名古屋にPK戦で敗れた。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 仙台放送

    仙台放送から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    2007年のスカイパーフェクTV!のJリーグ中継のうちモンテディオ山形ホームゲームの担当をOXが行ったが、2008年からはYTSに担当が代わった。仙台放送 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木サッカークラブ

    栃木サッカークラブから見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    福岡や神戸元監督の松田浩が監督に就任。また、選手の大幅な入れ替えを行い、13人の選手を解雇。新たに甲府から井上雄幾を、千葉から川上典洋、伊藤淳嗣を、山形から本橋卓巳を、神戸から栗原圭介を、京都から大久保裕樹を、大宮から4年半ぶりの復帰になる若林学を、名古屋から元日本代表の米山篤志を完全移籍で、新潟から河原和寿を期限付き移籍で獲得。シーズン途中に宮本亨、レオナルドを期限付き移籍で獲得したが、シーズン成績は18クラブ中の17位。栃木サッカークラブ フレッシュアイペディアより)

  • 徳島ヴォルティス

    徳島ヴォルティスから見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    昨シーズン山形の監督だった小林伸二が監督に就任した。徳島ヴォルティス フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    藏川洋平が退団、パク・ドンヒョクが大連実徳に、仙石廉(岡山)、池元友樹(北九州)がそれぞれレンタル移籍していたにチームに完全移籍、兵働昭弘が千葉に、相馬大士がJFL・FC琉球に、岡山にレンタル移籍していた山崎正登がFC岐阜に、JFL・秋田にレンタル移籍していた比嘉厚平が山形に、FC岐阜にレンタル移籍していたエフライン・リンタロウがJFL・秋田にレンタル移籍、武富孝介の熊本への期限付き移籍期間も延長した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • ヴィッセル神戸

    ヴィッセル神戸から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    横浜FMから榎本達也、C大阪から大久保嘉人を完全移籍で、レアンドロを山形から、元全北現代のボッティを期限付き移籍で獲得した。また、育成部長に滝川第二高校サッカー部監督・黒田和生が就任。シーズン途中に三浦が退団した一方、浦和からMF酒井友之、新潟からMFディビッドソン純マーカス、福岡からレンタルで古賀誠史らを補強。8月から5連敗したが、第31節の甲府戦に勝利してJ1残留を決まった。なお、最終順位は過去最高の10位。ヴィッセル神戸 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜F・マリノス

    横浜F・マリノスから見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    リーグ戦は13得点と得点源になった渡邉千真を筆頭に、天野貴史、飯倉大樹などの抜擢・台頭、長谷川アーリアジャスールの成長、坂田大輔、狩野健太らの復調により、上位の鹿島、川崎、清水、名古屋にホームゲームで勝利している一方で、下位の山形に逆転負けを喫し、この年J2に降格となった柏、千葉に2引き分けした。結局10位に終わり、3年契約だった木村は監督契約を解除された。横浜F・マリノス フレッシュアイペディアより)

446件中 71 - 80件表示

「モンテディオ山形」のニューストピックワード