640件中 71 - 80件表示
  • 石井肇

    石井肇から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    2005年から2008年までジュビロ磐田の補強スカウトを担当。2009年より横浜F・マリノスのテクニカルディレクター就任。その後もマリノスで強化部部長、強化部スカウト担当部長、2014年からはモンテディオ山形のテクニカルダイレクターとして活動。2017年7月には中国サッカー・乙級リーグの上海聚运?の監督に就任した。石井肇 フレッシュアイペディアより)

  • 第83回全国高等学校サッカー選手権大会

    第83回全国高等学校サッカー選手権大会から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    渡辺広大(市立船橋→仙台→山形第83回全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀見健介

    加賀見健介から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    1997年、東京ガスに入社し、社員選手としてジャパンフットボールリーグの同社サッカー部(現FC東京)へ入部。1998年には大熊清監督の下、FWアマラオのパートナーとしてトップ下(1.5列目)に配され、攻守にアマラオをサポート。同年の東京ガスのリーグ初優勝に大きく貢献し、新人王こそ佐藤由紀彦(山形)に奪われたものの、ベストイレブンに選出された。J2での戦いとなった1999年は、好不調の波もあって出場機会をやや減らしたが、J1昇格が懸かった最終節では苦手としていたアルビレックス新潟を相手に貴重な決勝点を挙げ、劇的なJ1昇格の立役者となった。加賀見健介 フレッシュアイペディアより)

  • 馬場憂太

    馬場憂太から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    2008年、FC東京からの慰留を固辞し、即戦力としてオファーを受けたジェフユナイテッド市原・千葉へ完全移籍。巧みにボールを捌き相手の背後を突くパスを丁寧に供給したが、受け手の動きが乏しいチームは開幕から12戦未勝利と低迷し、馬場も徐々に出場機会を失っていく。監督交代が行われ、より守備を重視するサッカーが志向されるようになって以降はベンチ入りメンバーからも外された。同年8月、J2のモンテディオ山形へ期限付き移籍。山形では、速攻に偏りがちなチームの中で、ボールキープによって遅攻との使い分けを図るボランチやラストパスを通すFWとして、J1昇格に貢献した。2009年2月、期限付き移籍期間の満了により山形を退団。その後は千葉との契約を残していながらも選手登録されなかったためプレー環境を得られずにいた。馬場憂太 フレッシュアイペディアより)

  • 金秉析

    金秉析から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    崇実大学校からポルトガルに渡り、ヴィトーリアFCでプレー。2009年、日本のモンテディオ山形に加入。3月7日のJ1リーグ開幕戦、ジュビロ磐田戦で来日初ゴールを決め、山形のJ1初勝利に貢献した。また、このゴールはモンテディオ山形にとって初のJ1での得点でもある。金秉析 フレッシュアイペディアより)

  • 木山隆之

    木山隆之から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    2016年11月29日、モンテディオ山形の監督就任。木山隆之 フレッシュアイペディアより)

  • みちのくダービー

    みちのくダービーから見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    みちのくダービーとは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するベガルタ仙台とモンテディオ山形が対戦する試合(ダービーマッチ)の呼称である。みちのくダービー フレッシュアイペディアより)

  • 小林伸二

    小林伸二から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    2008年、モンテディオ山形の監督に就任し現場復帰。最終的にJ1昇格のための足がかりである「5位以内」というシーズン前の目標を飛び越え、J2リーグ2位の成績でシーズンを終え、就任初年度にチーム悲願となる初のJ1昇格を達成。小林伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 林陵平

    林陵平から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    2012年7月、モンテディオ山形に期限付き移籍。2013年より山形に完全移籍、同年には中島裕希と並ぶシーズン12得点でチーム得点王の活躍を見せた。林陵平 フレッシュアイペディアより)

  • 崔正漢

    崔正漢から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    2009年7月17日、それまで在籍していた延世大学校を中退し、Jリーグ・大分トリニータに加入することが同クラブから発表された。同年10月3日に行われた対モンテディオ山形戦で、試合時間89分に家長昭博と交代してプロデビュー。2010年5月9日のサガン鳥栖戦においてハットトリックを達成。同年11月7日のアウェーの岡山戦で途中交代後、選手更衣室のロッカーの扉を蹴り破損させ3試合の出場停止処分が科せられた。2011年に田坂和昭が監督に就任すると、左サイドハーフにコンバートされた。2013年はシーズン終盤戦でそれまで採用していた3バックから4バックへとフォーメーションを変更された際に右サイドバックのポジションに就いた。チェにとっては4年振りのJ1でのプレーとなったが、過去最多の公式戦36試合に出場した。崔正漢 フレッシュアイペディアより)

640件中 71 - 80件表示
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]