前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
139件中 1 - 10件表示
  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た大久保哲哉

    増田誓志、田代有三、キム・クナンがレンタル元に復帰するものの、福岡から大久保哲哉を完全移籍で、鹿島から船山祐二を完全移籍で、川島大地をレンタル移籍で獲得、またかつて東京Vに所属していたエルサムニー・オサマを獲得、レンタル移籍だった植草裕樹、小林亮を完全移籍で獲得した。ルーマニアのCFRクルージュからはUEFAチャンピオンズリーグにも出場経験のあるブラジル人DFウーゴを獲得した。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た樋口靖洋

    横浜FMでトップチームコーチを務めた樋口靖洋が監督に就任。期限付き移籍でFWレアンドロを獲得した。また、日本サッカー協会参事で山形県米沢市出身の新藤一晴が常務理事に就任し、サテライトリーグへの参加をスタートさせた。リーグ戦は、レアンドロがリーグ戦23得点(J2で3位)を挙げるなど得点力は増加したものの、守備に安定感を欠いた事や主力で怪我人も多く、開幕7試合未勝利やシーズン途中の10試合未勝利などで一時期は最下位に低迷し、最終的に8位でシーズンを終えた。なお、財政難で補強・有望新人の獲得が難しい状況の中、スカウト部門強化をねらい、鹿島元スカウト担当部長平野勝哉が強化育成部アドバイザーに就任。シーズン終了後にレアンドロは神戸に完全移籍した。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た増田誓志

    レンタル移籍で加入していた、2008年・2009年のチーム得点王・長谷川を柏から、昨季途中加入し残留に大きく貢献した西河を広島からそれぞれ完全移籍で、千葉を戦力外通告された下村東美をトライアウトからそれぞれ獲得。新人では大学出身の中野圭、伊東俊、さらに浦和ユースから中村隼の3人が入団。懸案であった攻撃陣は、鹿島から増田誓志、田代有三の2人をレンタル移籍で獲得。さらに元U-23韓国代表ハン・ドンウォンを城南一和から完全移籍で獲得した。レンタル移籍で加入している植草、小林亮の期間を延長し、新たに横浜FMからキム・クナンをレンタル移籍で獲得。海保宣生が理事長を退任し、4月1日に川越進(山形県サッカー協会専務理事)が理事長に就任。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た田代有三

    レンタル移籍で加入していた、2008年・2009年のチーム得点王・長谷川を柏から、昨季途中加入し残留に大きく貢献した西河を広島からそれぞれ完全移籍で、千葉を戦力外通告された下村東美をトライアウトからそれぞれ獲得。新人では大学出身の中野圭、伊東俊、さらに浦和ユースから中村隼の3人が入団。懸案であった攻撃陣は、鹿島から増田誓志、田代有三の2人をレンタル移籍で獲得。さらに元U-23韓国代表ハン・ドンウォンを城南一和から完全移籍で獲得した。レンタル移籍で加入している植草、小林亮の期間を延長し、新たに横浜FMからキム・クナンをレンタル移籍で獲得。海保宣生が理事長を退任し、4月1日に川越進(山形県サッカー協会専務理事)が理事長に就任。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た鹿島アントラーズ

    横浜FMでトップチームコーチを務めた樋口靖洋が監督に就任。期限付き移籍でFWレアンドロを獲得した。また、日本サッカー協会参事で山形県米沢市出身の新藤一晴が常務理事に就任し、サテライトリーグへの参加をスタートさせた。リーグ戦は、レアンドロがリーグ戦23得点(J2で3位)を挙げるなど得点力は増加したものの、守備に安定感を欠いた事や主力で怪我人も多く、開幕7試合未勝利やシーズン途中の10試合未勝利などで一時期は最下位に低迷し、最終的に8位でシーズンを終えた。なお、財政難で補強・有望新人の獲得が難しい状況の中、スカウト部門強化をねらい、鹿島元スカウト担当部長平野勝哉が強化育成部アドバイザーに就任。シーズン終了後にレアンドロは神戸に完全移籍した。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見たサンフレッチェ広島

    苦境を打破するために浦和から赤星貴文を、広島から西河翔吾を、それぞれレンタル移籍で獲得。第30節終了時点では降格圏内の16位柏との勝点差を10に広げた。J1第31節、カシマスタジアムで行われたアウェーでの鹿島戦、山形側はJリーグ初のシュート本数0本での完敗を喫した(スコア0-2)。このシーズンで先に大分が対鹿島戦で記録した、シュート本数1本の記録を塗り替えた。11月28日の第33節にJ1残留が確定した(アウェー名古屋戦で0?2で敗れたものの、降格対象チームであった16位の柏が大宮戦に1-1で引き分け、勝ち点差が4となったため)。最終順位は10勝9分15敗の勝点39の15位であった。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見たセレッソ大阪

    植木繁晴が監督に就任。J2リーグ戦は7位で終了。FW真下佐登史はJ2リーグ2位の18ゴールを挙げた。天皇杯では神戸、C大阪のJ1勢を破りベスト8。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た浦和レッドダイヤモンズ

    J2リーグ戦は11クラブ中10位。ただ、翌年にJ1へ昇格した浦和との対戦では第11節でJ2初黒星をつけ、第40節も2-1で勝利。また、大分にも第41節で引き分けに持ち込み、目の前でのJ1昇格を阻止する。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見たアビスパ福岡

    鈴木淳が監督就任。シーズンを通して川崎がJ2リーグ戦を独走し、第36節の水戸戦でJ1自動昇格圏内の1位確定、第42節の水戸戦で大宮が2位確定でJ1昇格を決め、山形、福岡、京都がJ1・J2入れ替え戦に出場できる3位を争ったが、43節で京都が脱落。また、最終節ホームで福岡との直接対決に敗れ、4位でシーズンを終えた。FW大島秀夫が22得点を挙げてJ2得点ランキング2位となり横浜FMに移籍。そしてこの年にJ2を制した川崎に2勝1分1敗とこの年J2に参入していたチームの中で唯一勝ち越した。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た柏レイソル

    C大阪元監督の小林伸二が監督に就任。同年開催の北京オリンピック日本代表のFW豊田陽平(名古屋よりレンタル移籍)、FW長谷川悠(よりレンタル移籍)を中心とした若手選手の活躍により、仙台とのみちのくダービーに9年ぶりに勝ち越すなど、シーズン中盤からはJ1自動昇格圏の2位をキープ。11月30日第44節の愛媛戦(右図)に勝利を収めて、2位が確定。翌12月1日のJリーグ臨時理事会でJリーグ ディビジョン1(J1)昇格が認められ、J2参加10年目にして、1999年のJ2初年度に参加したチームで9番目のJ1初昇格を果たした。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
139件中 1 - 10件表示

「モンテディオ山形」のニューストピックワード