139件中 11 - 20件表示
  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た川島大地

    増田誓志、田代有三、キム・クナンがレンタル元に復帰するものの、福岡から大久保哲哉を完全移籍で、鹿島から船山祐二を完全移籍で、川島大地をレンタル移籍で獲得、またかつて東京Vに所属していたエルサムニー・オサマを獲得、レンタル移籍だった植草裕樹、小林亮を完全移籍で獲得した。ルーマニアのCFRクルージュからはUEFAチャンピオンズリーグにも出場経験のあるブラジル人DFウーゴを獲得した。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た植草裕樹

    クラブ史上初のJ1・1年目のシーズンは開幕前に豊田が京都に完全移籍した一方、C大阪から古橋達弥を完全移籍で、川崎から植草裕樹、柏から小林亮をそれぞれレンタルで獲得。さらに2008年チーム得点王だった長谷川はレンタルを延長した。去年までレンタル移籍だった宮本卓也と石川竜也は完全移籍となった。また、外国人枠ではブラジル2部リーグのガマからアンドレ・シルバを、同1部のクルゼイロからジャジャを獲得。アジア枠でポルトガルのセトゥーバルからキム・ビョンスクを獲得した。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た柱谷幸一

    柱谷幸一が監督就任。リーグ戦はシーズン後半に快進撃を見せた山形を含めた最大6チームがJ1昇格に絡む大混戦となった。だが、京都が第43節の湘南戦に勝利してJ1自動昇格圏内の1位でJ1昇格を確定させ、最終節にJ1自動昇格圏内の2位を山形、仙台、大分の3チームが勝ち点差3という接戦の中で争う事となった。最終節に山形は暫定2位でホームに川崎を迎え、90分間以内で試合に勝てばJ1昇格が確定となる2位だったが、試合は0-0で90分間が終了してVゴール方式の延長戦に突入した。しかし、暫定3位だった仙台がアウェーでJ1昇格をすでに決めている京都から後半のロスタイムに先制点を挙げて0-1で試合終了、これで仙台は90分間以内に勝利を収めて2位を確定させ、山形はJ1昇格を逃した。また、J1昇格を逃した山形は延長戦の開始直後に失点して試合にも敗戦した。なお、J2リーグ戦でのVゴール方式採用はこのシーズンが最後である。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た赤星貴文

    苦境を打破するために浦和から赤星貴文を、広島から西河翔吾を、それぞれレンタル移籍で獲得。第30節終了時点では降格圏内の16位柏との勝点差を10に広げた。J1第31節、カシマスタジアムで行われたアウェーでの鹿島戦、山形側はJリーグ初のシュート本数0本での完敗を喫した(スコア0-2)。このシーズンで先に大分が対鹿島戦で記録した、シュート本数1本の記録を塗り替えた。11月28日の第33節にJ1残留が確定した(アウェー名古屋戦で0?2で敗れたものの、降格対象チームであった16位の柏が大宮戦に1-1で引き分け、勝ち点差が4となったため)。最終順位は10勝9分15敗の勝点39の15位であった。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た奥野僚右

    新監督に元鹿島コーチの奥野僚右が就任。植草裕樹が神戸に、園田拓也が愛媛に、長谷川悠が大宮に、古橋達弥、下村東美が湘南に、宮崎光平が徳島に、佐藤健太郎が千葉に、大久保哲哉が横浜FCに完全移籍、マイコン、エルサムニー・オサマが退団したが、広島からレンタル移籍だった山崎雅人が完全移籍に移行し、鳥栖から永田亮太、昨シーズン草津でプレーした萬代宏樹を完全移籍で、清水から岡根直哉、柏から昨シーズンJFLの秋田でプレーした比嘉厚平をレンタル移籍で獲得、川島大地のレンタル移籍期間も延長された。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た萬代宏樹

    新監督に元鹿島コーチの奥野僚右が就任。植草裕樹が神戸に、園田拓也が愛媛に、長谷川悠が大宮に、古橋達弥、下村東美が湘南に、宮崎光平が徳島に、佐藤健太郎が千葉に、大久保哲哉が横浜FCに完全移籍、マイコン、エルサムニー・オサマが退団したが、広島からレンタル移籍だった山崎雅人が完全移籍に移行し、鳥栖から永田亮太、昨シーズン草津でプレーした萬代宏樹を完全移籍で、清水から岡根直哉、柏から昨シーズンJFLの秋田でプレーした比嘉厚平をレンタル移籍で獲得、川島大地のレンタル移籍期間も延長された。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た岡根直哉

    新監督に元鹿島コーチの奥野僚右が就任。植草裕樹が神戸に、園田拓也が愛媛に、長谷川悠が大宮に、古橋達弥、下村東美が湘南に、宮崎光平が徳島に、佐藤健太郎が千葉に、大久保哲哉が横浜FCに完全移籍、マイコン、エルサムニー・オサマが退団したが、広島からレンタル移籍だった山崎雅人が完全移籍に移行し、鳥栖から永田亮太、昨シーズン草津でプレーした萬代宏樹を完全移籍で、清水から岡根直哉、柏から昨シーズンJFLの秋田でプレーした比嘉厚平をレンタル移籍で獲得、川島大地のレンタル移籍期間も延長された。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た川淵三郎

    なお、シーズン序盤で早々と不甲斐無い成績になり、とうとう試合後には山形サポーターの一部からは監督の樋口靖洋(当時)や専務理事兼ゼネラルマネージャーの金村勲(当時)に対して引責辞任を求める座り込みの抗議行動までが起こった。そんな中でシーズン途中には理事長職の任期満了に伴って、同協会理事長の金森義弘(当時)が退任。金森の後任には山形県知事の齋藤弘(当時)が同協会理事長の後任人選を日本サッカー協会会長の川淵三郎(当時)に依頼し、川淵が推薦した鹿島で専務などを務めた経験のある海保宣生が同協会の新理事長に就任した。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見たレアンドロ・モンテーラ・ダ・シルバ

    横浜FMでトップチームコーチを務めた樋口靖洋が監督に就任。期限付き移籍でFWレアンドロを獲得した。また、日本サッカー協会参事で山形県米沢市出身の新藤一晴が常務理事に就任し、サテライトリーグへの参加をスタートさせた。リーグ戦は、レアンドロがリーグ戦23得点(J2で3位)を挙げるなど得点力は増加したものの、守備に安定感を欠いた事や主力で怪我人も多く、開幕7試合未勝利やシーズン途中の10試合未勝利などで一時期は最下位に低迷し、最終的に8位でシーズンを終えた。なお、財政難で補強・有望新人の獲得が難しい状況の中、スカウト部門強化をねらい、鹿島元スカウト担当部長平野勝哉が強化育成部アドバイザーに就任。シーズン終了後にレアンドロは神戸に完全移籍した。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た宮崎光平

    新監督に元鹿島コーチの奥野僚右が就任。植草裕樹が神戸に、園田拓也が愛媛に、長谷川悠が大宮に、古橋達弥、下村東美が湘南に、宮崎光平が徳島に、佐藤健太郎が千葉に、大久保哲哉が横浜FCに完全移籍、マイコン、エルサムニー・オサマが退団したが、広島からレンタル移籍だった山崎雅人が完全移籍に移行し、鳥栖から永田亮太、昨シーズン草津でプレーした萬代宏樹を完全移籍で、清水から岡根直哉、柏から昨シーズンJFLの秋田でプレーした比嘉厚平をレンタル移籍で獲得、川島大地のレンタル移籍期間も延長された。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

139件中 11 - 20件表示

「モンテディオ山形」のニューストピックワード