139件中 71 - 80件表示
  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見たフランシスコ・ジャイルソン・デ・ソウザ

    クラブ史上初のJ1・1年目のシーズンは開幕前に豊田が京都に完全移籍した一方、C大阪から古橋達弥を完全移籍で、川崎から植草裕樹、柏から小林亮をそれぞれレンタルで獲得。さらに2008年チーム得点王だった長谷川はレンタルを延長した。去年までレンタル移籍だった宮本卓也と石川竜也は完全移籍となった。また、外国人枠ではブラジル2部リーグのガマからアンドレ・シルバを、同1部のクルゼイロからジャジャを獲得。アジア枠でポルトガルのセトゥーバルからキム・ビョンスクを獲得した。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た中山ダイスケ

    2008年、山形県スポーツ振興21世紀協会は、ホーム戦の観客動員数が慢性的に低迷していた状況を踏まえ、その梃子入れ策の一環としてクラブのイメージを一新する『モンテディオ山形フルモデルチェンジ構想』を打ち出した。7月以降、デザイナーで東北芸術工科大学教授の中山ダイスケにプランニングを依頼。12月18日、最終的な構想案を山形県総合運動公園総合体育館内の会議室で行われた非公開の臨時理事会で説明した。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た鈴木淳 (サッカー選手)

    鈴木淳が監督就任。シーズンを通して川崎がJ2リーグ戦を独走し、第36節の水戸戦でJ1自動昇格圏内の1位確定、第42節の水戸戦で大宮が2位確定でJ1昇格を決め、山形、福岡、京都がJ1・J2入れ替え戦に出場できる3位を争ったが、43節で京都が脱落。また、最終節ホームで福岡との直接対決に敗れ、4位でシーズンを終えた。FW大島秀夫が22得点を挙げてJ2得点ランキング2位となり横浜FMに移籍。そしてこの年にJ2を制した川崎に2勝1分1敗とこの年J2に参入していたチームの中で唯一勝ち越した。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た南省吾

    序盤は首位に立ったが、怪我人の続出を補いきれない選手層の薄さと、深刻な得点力不足から急速にチームは失速。第45節で愛媛に1-3で敗れ、昇格の可能性が消滅した。また、樋口監督と島根聡一、南省吾両コーチがシーズン後に辞任した。天皇杯はG大阪にPK戦で敗退。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た中野圭

    レンタル移籍で加入していた、2008年・2009年のチーム得点王・長谷川を柏から、昨季途中加入し残留に大きく貢献した西河を広島からそれぞれ完全移籍で、千葉を戦力外通告された下村東美をトライアウトからそれぞれ獲得。新人では大学出身の中野圭、伊東俊、さらに浦和ユースから中村隼の3人が入団。懸案であった攻撃陣は、鹿島から増田誓志、田代有三の2人をレンタル移籍で獲得。さらに元U-23韓国代表ハン・ドンウォンを城南一和から完全移籍で獲得した。レンタル移籍で加入している植草、小林亮の期間を延長し、新たに横浜FMからキム・クナンをレンタル移籍で獲得。海保宣生が理事長を退任し、4月1日に川越進(山形県サッカー協会専務理事)が理事長に就任。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た船山祐二

    増田誓志、田代有三、キム・クナンがレンタル元に復帰するものの、福岡から大久保哲哉を完全移籍で、鹿島から船山祐二を完全移籍で、川島大地をレンタル移籍で獲得、またかつて東京Vに所属していたエルサムニー・オサマを獲得、レンタル移籍だった植草裕樹、小林亮を完全移籍で獲得した。ルーマニアのCFRクルージュからはUEFAチャンピオンズリーグにも出場経験のあるブラジル人DFウーゴを獲得した。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た比嘉厚平

    新監督に元鹿島コーチの奥野僚右が就任。植草裕樹が神戸に、園田拓也が愛媛に、長谷川悠が大宮に、古橋達弥、下村東美が湘南に、宮崎光平が徳島に、佐藤健太郎が千葉に、大久保哲哉が横浜FCに完全移籍、マイコン、エルサムニー・オサマが退団したが、広島からレンタル移籍だった山崎雅人が完全移籍に移行し、鳥栖から永田亮太、昨シーズン草津でプレーした萬代宏樹を完全移籍で、清水から岡根直哉、柏から昨シーズンJFLの秋田でプレーした比嘉厚平をレンタル移籍で獲得、川島大地のレンタル移籍期間も延長された。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見たJリーグアウォーズ

    J1フェアプレー賞:3回 (2009年、2010年、2011年)モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た水戸ホーリーホック

    鈴木淳が監督就任。シーズンを通して川崎がJ2リーグ戦を独走し、第36節の水戸戦でJ1自動昇格圏内の1位確定、第42節の水戸戦で大宮が2位確定でJ1昇格を決め、山形、福岡、京都がJ1・J2入れ替え戦に出場できる3位を争ったが、43節で京都が脱落。また、最終節ホームで福岡との直接対決に敗れ、4位でシーズンを終えた。FW大島秀夫が22得点を挙げてJ2得点ランキング2位となり横浜FMに移籍。そしてこの年にJ2を制した川崎に2勝1分1敗とこの年J2に参入していたチームの中で唯一勝ち越した。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見たチェルシーFC

    原曲はイングランドのチェルシーFCの応援歌であるが、「Chelsea」の部分を「Yamagata」へ変えている。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

139件中 71 - 80件表示

「モンテディオ山形」のニューストピックワード