69件中 11 - 20件表示
  • 第1回全米映画俳優組合賞

    第1回全米映画俳優組合賞から見たモーガン・フリーマンモーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマン - 『ショーシャンクの空に』 - エリス・ボイド・"レッド"・レディング役第1回全米映画俳優組合賞 フレッシュアイペディアより)

  • ナザニン・ボニアディ

    ナザニン・ボニアディから見たモーガン・フリーマンモーガン・フリーマン

    ウェビー賞を受賞し、International Violence Against Women Act (I-VAWA 女性を暴力から守る国際組織)と共に行なったキャンペーンのAIUSAの公共広告『Power of Words 』ではモーガン・フリーマンと共演しナレーションを担当し、イラン人の人権に関するイベントに司会者やパネリストを配し、2010年5月と6月のThe Neda Project with AIUSAに方向を据えていた。また彼女はアムネスティ・インターナショナル・アメリカ支部のホームページに公式ブログを開設している。ナザニン・ボニアディ フレッシュアイペディアより)

  • ジュリアン・バーバー

    ジュリアン・バーバーから見たモーガン・フリーマンモーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンが語る宇宙「時間の存在」ジュリアン・バーバー フレッシュアイペディアより)

  • 第44回ベルリン国際映画祭

    第44回ベルリン国際映画祭から見たモーガン・フリーマンモーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマン (アメリカ/俳優)第44回ベルリン国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • カンタベリー物語

    カンタベリー物語から見たモーガン・フリーマンモーガン・フリーマン

    セブン(1995年) - モーガン・フリーマン扮するサマセット刑事の愛読書の1つとして登場。カンタベリー物語 フレッシュアイペディアより)

  • オリヴァー・プラット

    オリヴァー・プラットから見たモーガン・フリーマンモーガン・フリーマン

    その後家族はワシントンD.C.へ移り、9歳の時にジョン・F・ケネディ・センターで見た舞台をきっかけに役者を目指すようになる。その舞台には若き日のモーガン・フリーマンが立っていた。高校卒業後は本格的に役者を目指してタフツ大学へ進学して演技を専攻。同期にはハンク・アザリアがおり、現在も親交があるという。さらにボストンのShakespeare & Companyに参加して舞台に立つようになる。ニューヨークへ移った後は、オフ・ブロードウェイなどで着々とキャリアを重ねていった。少ししてビル・マーレイと知り合い、マーレイがプラットを映画監督のジョナサン・デミに紹介したことから『愛されちゃって、マフィア』で映画デビューを果たした。その後も様々な話題作に出演を続け、コメディからシリアスな映画まで様々な役柄を演じる個性派俳優としての地位を築いた。1992年にはカミーラ・キャンベルと結婚。現在は3児の父親でもある。オリヴァー・プラット フレッシュアイペディアより)

  • 第40回ベルリン国際映画祭

    第40回ベルリン国際映画祭から見たモーガン・フリーマンモーガン・フリーマン

    共演賞:ジェシカ・タンディ、モーガン・フリーマン (『ドライビング Miss デイジー』)第40回ベルリン国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 第77回アカデミー賞

    第77回アカデミー賞から見たモーガン・フリーマンモーガン・フリーマン

    助演男優賞: モーガン・フリーマン - 『ミリオンダラー・ベイビー』第77回アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 北村和夫

    北村和夫から見たモーガン・フリーマンモーガン・フリーマン

    ドライビング Miss デイジー(モーガン・フリーマン)※ビデオ版北村和夫 フレッシュアイペディアより)

  • インビクタス/負けざる者たち

    インビクタス/負けざる者たちから見たモーガン・フリーマンモーガン・フリーマン

    ネルソン・マンデラの自伝『自由への長い道』が出版された際、記者の「映画化されるとしたら誰に演じてもらいたいか」との質問にマンデラはモーガン・フリーマンの名前を挙げた。それをきっかけに、フリーマンは南アフリカのプロデューサーを通じてヨハネスブルグにあるマンデラの自宅への訪問を実現した。そしてフリーマンは自伝の映画化権を買い、本作品の制作を決定した。インビクタス/負けざる者たち フレッシュアイペディアより)

69件中 11 - 20件表示

「モーガン・フリーマン」のニューストピックワード