108件中 81 - 90件表示
  • 阪脩

    阪脩から見たモーガン・フリーマンモーガン・フリーマン

    スパイダー(アレックス・クロス【モーガン・フリーマン】)※ソフト版阪脩 フレッシュアイペディアより)

  • トニー・トリシカ

    トニー・トリシカから見たモーガン・フリーマンモーガン・フリーマン

    1978年には、日本ツアーを行ったのに加え、ピーター・ローワン、リチャード・グリーンと共にレコーディングも行う。1980年代初頭、トリシカは彼の新しいバンド"Skyline"でのレコーディングに着手し、1983年には初アルバムをリリース。それからもRobot Plane Flies over Arkansas (solo, 1983), Stranded in the Moonlight (with Skyline, 1984), Hill Country (solo, 1985)とコンスタントにアルバムをリリースする。1984年、トリシカが初めてフィーチャーした映画"Foxfire"でヒューム・クローニン、ジェシカ・タンディ、ジョン・デンバーとともに演奏を行う。3年後、ジェシカ・タンディとモーガン・フリーマンをフィーチャーしたブロードウェイの企画"Driving Miss Daisy"のためにレコーディングを行う。1988年にはベルギーのバンド"Gold Rush"のアルバム"No More Angels"をプロデュース。その後、Skylineでの最後のアルバム"Fire of Grace"をレコーディング。その他にも、ナショナル・パブリック・ラジオの人気番組"Books on the Airs"のテーマソングのレコーディングや、他のラジオ番組にも楽曲を提供。トニー・トリシカ フレッシュアイペディアより)

  • マグニフィセント・セブン

    マグニフィセント・セブンから見たモーガン・フリーマンモーガン・フリーマン

    2012年にトム・クルーズ主演で企画段階にあることが報じられた。またケビン・コスナー、モーガン・フリーマン、マット・デイモンが参加する可能性があることも報じられた。2014年12月4日、クリス・プラットの出演交渉中であることが報じられた。2015年2月20日、夫を殺された復讐として7人のバウンティハンターを雇う未亡人役でヘイリー・ベネットが加わった。2015年5月20日、ピーター・サースガードが悪役で加わった。同日、『Deadline』のマイク・フレミングはジェイソン・モモアが『Aquaman』への出演のため本作を降板していたことを報じた。2015年7月11日、『デイリー・ミラー』はヴィニー・ジョーンズが出演することを報じた。マグニフィセント・セブン フレッシュアイペディアより)

  • ネルソン・マンデラ

    ネルソン・マンデラから見たモーガン・フリーマンモーガン・フリーマン

    1995年に南アラグビーチームがワールドカップに優勝した話の映画化。マンデラ役はモーガン・フリーマンネルソン・マンデラ フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たモーガン・フリーマンモーガン・フリーマン

    自分の監督作品で、2年連続でアカデミー賞・助演男優賞受賞者を輩出した。『ミスティック・リバー』のティム・ロビンス(第76回・2003年)と、『ミリオンダラー・ベイビー』のモーガン・フリーマン(第77回・2004年)である。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • 北村和夫

    北村和夫から見たモーガン・フリーマンモーガン・フリーマン

    ドライビング Miss デイジー(ホーク・コルバーン/モーガン・フリーマン)※ビデオ版北村和夫 フレッシュアイペディアより)

  • エンド・オブ・キングダム

    エンド・オブ・キングダムから見たモーガン・フリーマンモーガン・フリーマン

    アラン・トランブル副大統領 - モーガン・フリーマン(坂口芳貞)エンド・オブ・キングダム フレッシュアイペディアより)

  • 赤穂市

    赤穂市から見たモーガン・フリーマンモーガン・フリーマン

    『ラスト・ナイツ』(全米公開2015年4月3日。日本公開2015年11月14日)原題/The Last Knights of Ako。米配給ライオンズゲート。監督/紀里谷和明。出演/クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマン、伊原剛志 他。忠臣蔵のストーリーを元にしたアクションアドベンチャー作品。赤穂市 フレッシュアイペディアより)

  • 皇帝ペンギン

    皇帝ペンギンから見たモーガン・フリーマンモーガン・フリーマン

    第78回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞したのはアメリカ公開に際してオリジナルの『La Marche de l'empereur』を5分カット、俳優達による擬人化ナレーションを廃し、新たにモーガン・フリーマンによるドキュメンタリーとしてのナレーションをつけた『March of the Penguins(ペンギンたちの行進)』である。皇帝ペンギン フレッシュアイペディアより)

  • 全米映画俳優組合賞主演男優賞

    全米映画俳優組合賞主演男優賞から見たモーガン・フリーマンモーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマン(『ショーシャンクの空に』、『インビクタス/負けざる者たち』)全米映画俳優組合賞主演男優賞 フレッシュアイペディアより)

108件中 81 - 90件表示

「モーガン・フリーマン」のニューストピックワード