前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
79件中 1 - 10件表示
  • モーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンから見たクリント・イーストウッド

    1960年代前半、モーガンはロサンゼルスへと移住。クリント・イーストウッドなどが通っていたロサンゼルス・シティー・カレッジに事務員として勤務した。一時期はニューヨークにも住んでいたことがあり、1964年に開かれたニューヨーク万国博覧会でダンサーを務めた。またサンフランシスコではオペラ歌劇団にも所属していた。モーガン・フリーマン フレッシュアイペディアより)

  • モーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンから見たティム・ロビンス

    1980年代前半からフリーマンは、知的で温かみのあるキャラクターで助演男優として頭角を現す。有名になった彼はブルース・ベレスフォード監督の『ドライビング Miss デイジー』(1989年)やエドワード・ズウィック監督の『グローリー』(1989年)など次第に主役級の役柄を演じるようになった。1994年、フランク・ダラボン監督の『ショーシャンクの空に』ではティム・ロビンスと共に主役レッドを演じ最高の評価を得た。彼の魅力が一気に開花したこの作品を機にケヴィン・レイノルズ監督『ロビン・フッド』、デヴィッド・フィンチャー監督『セブン』、ミミ・レダー監督『ディープ・インパクト』など多くの映画で成功を収めた。モーガン・フリーマン フレッシュアイペディアより)

  • モーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンから見たケヴィン・コスナー

    1992年MTVムービー・アワード・コンビ賞:『ロビンフッド』(ケヴィン・コスナーと)モーガン・フリーマン フレッシュアイペディアより)

  • モーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンから見たブラッド・ピット

    1996年MTVムービー・アワード・コンビ賞:『セブン』(ブラッド・ピットと)モーガン・フリーマン フレッシュアイペディアより)

  • モーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンから見たスティーヴン・スピルバーグ

    フリーマンはナレーターとしての仕事も頻繁に行っており、2005年にはスティーヴン・スピルバーグ監督『宇宙戦争』、アカデミー賞最優秀ドキュメンタリー映画賞を受賞した『皇帝ペンギン』のナレーターを務めた。モーガン・フリーマン フレッシュアイペディアより)

  • モーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンから見たディスカバリーチャンネル

    フリーマンは宇宙工学や航空工学などの科学分野に造詣が深い。前述のクリックスターでは『私たちの宇宙』というコーナーを持っており、科学系のビデオクリップを制作配信している。テレビにおいても、ディスカバリーチャンネルにてシリーズ番組『モーガン・フリーマンが語る宇宙』のホストを務め、宇宙に関する解説を行っている。モーガン・フリーマン フレッシュアイペディアより)

  • モーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンから見たエドワード・ズウィック

    1980年代前半からフリーマンは、知的で温かみのあるキャラクターで助演男優として頭角を現す。有名になった彼はブルース・ベレスフォード監督の『ドライビング Miss デイジー』(1989年)やエドワード・ズウィック監督の『グローリー』(1989年)など次第に主役級の役柄を演じるようになった。1994年、フランク・ダラボン監督の『ショーシャンクの空に』ではティム・ロビンスと共に主役レッドを演じ最高の評価を得た。彼の魅力が一気に開花したこの作品を機にケヴィン・レイノルズ監督『ロビン・フッド』、デヴィッド・フィンチャー監督『セブン』、ミミ・レダー監督『ディープ・インパクト』など多くの映画で成功を収めた。モーガン・フリーマン フレッシュアイペディアより)

  • モーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンから見たジェシカ・タンディ

    1990年ベルリン国際映画祭最優秀共演賞:『ドライビングMissデイジー』(ジェシカ・タンディと)モーガン・フリーマン フレッシュアイペディアより)

  • モーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンから見たブルース・ベレスフォード

    1980年代前半からフリーマンは、知的で温かみのあるキャラクターで助演男優として頭角を現す。有名になった彼はブルース・ベレスフォード監督の『ドライビング Miss デイジー』(1989年)やエドワード・ズウィック監督の『グローリー』(1989年)など次第に主役級の役柄を演じるようになった。1994年、フランク・ダラボン監督の『ショーシャンクの空に』ではティム・ロビンスと共に主役レッドを演じ最高の評価を得た。彼の魅力が一気に開花したこの作品を機にケヴィン・レイノルズ監督『ロビン・フッド』、デヴィッド・フィンチャー監督『セブン』、ミミ・レダー監督『ディープ・インパクト』など多くの映画で成功を収めた。モーガン・フリーマン フレッシュアイペディアより)

  • モーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンから見たミミ・レダー

    1980年代前半からフリーマンは、知的で温かみのあるキャラクターで助演男優として頭角を現す。有名になった彼はブルース・ベレスフォード監督の『ドライビング Miss デイジー』(1989年)やエドワード・ズウィック監督の『グローリー』(1989年)など次第に主役級の役柄を演じるようになった。1994年、フランク・ダラボン監督の『ショーシャンクの空に』ではティム・ロビンスと共に主役レッドを演じ最高の評価を得た。彼の魅力が一気に開花したこの作品を機にケヴィン・レイノルズ監督『ロビン・フッド』、デヴィッド・フィンチャー監督『セブン』、ミミ・レダー監督『ディープ・インパクト』など多くの映画で成功を収めた。モーガン・フリーマン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
79件中 1 - 10件表示

「モーガン・フリーマン」のニューストピックワード