77件中 31 - 40件表示
  • モーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンから見たニューヨーク万国博覧会 (1964年)

    1960年代前半、モーガンはロサンゼルスへと移住。ロサンゼルスの短期大学に事務員として勤務した。一時期はニューヨークにも住んでいたことがあり、1964年に開かれたニューヨーク万国博覧会でダンサーを務めた。またサンフランシスコではオペラ歌劇団にも所属していた。モーガン・フリーマン フレッシュアイペディアより)

  • モーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンから見た公共放送サービス

    端役としてではないフリーマンの最初の出演作品は1971年公開の『Who Says I Can't Ride a Rainbow?』という映画であったが、彼が有名になったのは連続テレビドラマシリーズ『Another World』とPBSテレビの子供番組『The Electric Company』だった。後に彼はもっと早く出演をやめるべきだった、と語っている。モーガン・フリーマン フレッシュアイペディアより)

  • モーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンから見たアメリカ合衆国

    モーガン・フリーマン(, 1937年6月1日 - 、本名: )は、アメリカ合衆国テネシー州メンフィス出身の俳優、映画監督、ナレーター。モーガン・フリーマン フレッシュアイペディアより)

  • モーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンから見た奨学金

    12歳の時には州の演劇コンクールで優勝し、高校時代にはテネシー州ナッシュヴィルでラジオ演劇に出演していた。1955年、ジャクソン州立大学の演劇奨学金を断り合衆国空軍の機械工となった。モーガン・フリーマン フレッシュアイペディアより)

  • モーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンから見たオフ・ブロードウェイ

    モーガンの実質的な役者デビューは、巡業劇団に所属していた時に出演した『The Royal Hunt of the Sun』という劇で、1965年公開のシドニー・ルメット監督の『The Pawnbroker』という映画にも出演している。1967年には『The Niggerlovers』でヴィヴィカ・リンドフォースの相手役としてオフ・ブロードウェイにデビュー。翌年の1968年には、役者全員が黒人バージョンの『ハロー! ドリー』でブロードウェイの舞台に立った。モーガン・フリーマン フレッシュアイペディアより)

  • モーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンから見た最高の人生の見つけ方

    実の息子で俳優のアルフォンソ・フリーマンと、『最高の人生の見つけ方』で親子役として共演を果たしている。モーガン・フリーマン フレッシュアイペディアより)

  • モーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンから見たスタンディング・オベーション

    『N.Y.ストリート スマート』(1987年)、『ドライビング Miss デイジー』、『ショーシャンクの空に』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされていたが、遂に2004年にクリント・イーストウッド監督の『ミリオンダラー・ベイビー』で同賞を受賞。会場の映画人がスタンディング・オベーションで讃えた。モーガン・フリーマン フレッシュアイペディアより)

  • モーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンから見たアメリカ空軍

    12歳の時には州の演劇コンクールで優勝し、高校時代にはテネシー州ナッシュヴィルでラジオ演劇に出演していた。1955年、ジャクソン州立大学の演劇奨学金を断り合衆国空軍の機械工となった。モーガン・フリーマン フレッシュアイペディアより)

  • モーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンから見たテネシー州

    モーガン・フリーマン(, 1937年6月1日 - 、本名: )は、アメリカ合衆国テネシー州メンフィス出身の俳優、映画監督、ナレーター。モーガン・フリーマン フレッシュアイペディアより)

  • モーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンから見たロサンゼルス

    1960年代前半、モーガンはロサンゼルスへと移住。ロサンゼルスの短期大学に事務員として勤務した。一時期はニューヨークにも住んでいたことがあり、1964年に開かれたニューヨーク万国博覧会でダンサーを務めた。またサンフランシスコではオペラ歌劇団にも所属していた。モーガン・フリーマン フレッシュアイペディアより)

77件中 31 - 40件表示

「モーガン・フリーマン」のニューストピックワード