277件中 91 - 100件表示
  • 自動車競技

    自動車競技から見た全日本プロドリフト選手権

    ドリフト系競技の中で代表的な競技にとして、全日本プロドリフト選手権(D1グランプリ)の様に純粋にドリフト走行の技術を審査する競技が挙げられる。この競技はドリフト走行を行う上で初歩的な改造から上級者向けの改造まで様々なものがあるが、初歩的な方法として車両の前後のバランスを変えることから始める事も可能であり、そのためドリフトを始める敷居は思いのほか低い。しかし、その反面にドリフトを行う為には車両の動きをよく理解している必要もあり、その為に自分が所持する車両を用いて且つ、その特性を見極めてセッティングを行っていかなくてはならない。また、前述のD1グランプリのような大きな自動車競技大会に参加する車両の中にはツーリングカー競技に参加する程のレベルにまで改造を施している場合もある。D1グランプリを含むドリフト審査競技は、競技の在り方が「速さを競う」ではなく、ドリフトの豪快さや美しさを競う審査方式であるため、ツーリングカー系やラリーカー系などの市販車改造系と根本的な改造方法が異なり、特に観客を魅せるドリフトを追求した改造方法となる。一般的にはブーストアップや後付けターボチャージャーに比較的小型のタービンを装備するなど小改造に留めておいたほうが、低回転域のトルクが稼げるためにドリフト走行はしやすくなるが、大きな大会に出場する程の車両になると、タイヤからの白煙を出しやすくする為にタービンを大型化する等さらなる改造が施される。これはタイヤスモークを出す事がドリフト審査における加点対象である為であり、これらの事からもドリフト競技車両は単にドライバーがドリフトをしやすいように改造されただけでなく、観客に対して如何に豪快で華麗なドリフトを魅せる事が出来るかを追求して改造された車両であることが窺える。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たイギリスツーリングカー選手権

    自動車競技の中で最も基本的でポピュラーなカテゴリーの1つとも言え、上記の事からもレース観戦者側から見ても内容が判りやすく白熱しやすい、あるいは参戦者側などにも見た目から分かり易いものとなっており、イギリスツーリングカー選手権、ドイツツーリングカー選手権など自動車競技が盛んなイギリス、ドイツなどでは高い人気を博している。参戦費用が比較的廉価でありながらもレース自体の奥深さからF1を引退した後に自身の新境地としてツーリングカーに参戦するドライバーも多く、こうした事から観戦者の関心もメーカー側の宣伝に対する費用対効果も相して高いことからもさまざまなメーカーがスポンサーとして参入しやすいのも特徴である。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たグランプリ (モータースポーツ)

    一方、フランスでは1901年にポーで開催されたレースでは、クラス毎に分けた取り組みがなされた。軽量クラスに与えられた「グランプリ・デュ・パレ・ドール()」、重量(最速)クラスに与えられた「グランプリ・ド・ポー()」と賞の名前に初めて「グランプリ」が使用された。グランプリは「 = グランドプライズ」すなわち「大賞・最高賞」を意味する言葉であり、これが起因して今日では最高位レースにグランプリという名称が使用されるようになった。1906年にフランス自動車クラブ()が主催して「フランスグランプリ」が開催される。一般公道を使用するレースは後述する1903年に開催されたパリ?マドリード間レースでの死亡事故によって禁止されていたが、ゴードン・ベネット・カップをヒントに公道を閉路として使用した「クローズドロードレース」としてル・マンで開催され、1周103.18kmを12周、合計1238.16kmで争われるレースであった。その後1907年、1908年、1912年はディエップにて、1913年はアミアン、1914年はリヨンと第一次世界大戦が勃発するまで開催された。余談ではあるが、終戦後の最初のフランスグランプリは1921年に再びル・マンに戻され、現在のサルト・サーキットの原型となる場所で開催された。また、ポーも1930年に国際レースとしてフランスグランプリが開催された場所でもある。ポーは1933年より「ポー・グランプリ」と呼ばれ、開催されなかった1934年、1940年から1946年、1956年、そして2010年を除いてF1、F2、F3、WTCCなどなんらかの国際競技が開催されるなどこれらの都市はフランスにおけるレースの聖地となっている。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たダート

    一般的にオフロード、ダート、砂漠、草原、雪上(氷上も含む)などを指す。ラリーやオートバイのトライアル競技などに使用され、砂や泥でタイヤのグリップ力が弱まるために当然ながら滑りやすい。公道コースと同じように車両が周回できるようにコースを造って競技を執り行うものや、スタート地点からフィニッシュ地点までコースを制定するもの、あるいはスタートとフィニッシュ、チェックポイントは設けてあるものの、完走するまでの行程でどこを走行しても許可される競技も存在する。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たNASCAR

    (※:主なカテゴリー NASCAR、IMCA など)自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たツーリングカー

    四輪自動車においての競技車両の違いは大きく分けて3種類に分類される。フォーミュラ系(オープンホイール)とプロトタイプ系(スポーツカーレース)、そして市販車改造車系(ツーリングカー及びラリーカー)である。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見た蒸気自動車

    ただし、書類上の提示などで要件を満たしていないなどのオーナーもあって、25台でレースを行うこととした。その後、4台がレース参加が不可能となり最終的には21台でのレースが開催された。参加した多くのドライバーがプジョー、パナール、ド・ディオン・ブートン社の車両とそのオーナーであった。このレースの結果、パリ - ルーアン間の127kmを最初にフィニッシュしたのはド・ディオン・ブートン社のアルバート・ド・ディオン伯爵であり、タイムは6時間48分、平均時速は約19km/hであった。ただし彼の車は蒸気自動車であり、速度や安全性などについて審議をされた結果、正式な優勝者はジョルジュ・ルメートルで、プジョー Type 3オーナーであった。タイムはアルバート伯爵に遅れること3分30秒でフィニッシュした。尚、21台中完走は17台で、4台はエンジントラブルなどでリタイヤした。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見た野球

    また、競技の参加にはほとんどの場合多額の資金やメカニック・エンジニア等のスタッフが必要になるため、競技参加者は自動車製造会社だけではなく、広く経済社会全体からスポンサーを見つける努力を行う事が常となる。スポンサーによる資金の提供を受けた場合は、野球やサッカーなどの他のスポーツを例に見ても分かるように、選手のユニフォームなどに企業のロゴや提供する団体の名前が掲載される。これと同様に、自動車競技においてもレーシングスーツや車体にスポンサーのステッカーを貼る、あるいは塗装するなどをして広告とする。これを「コマーシャルスポンサー」と呼ぶ。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たトライアル (オートバイ)

    決められた区間をいかに速く正確にゴールするかを競う。本来はトライアルとは「タイムトライアル」 ()つまりは時間への挑戦を意味し古来はダービー、ボート、自転車競技におけるレースを指したことから、これが派生して欧米では2輪自動車における競技もタイムトライアルと呼称した。その後、「トライアル = 」だけで試練・試みという意味を持つ事から2輪自動車による複雑な地形(人工的に作られる場合もある)を、いかに足をつかずに走破するかを競う競技をトライアルと呼ぶ。日本では2輪以外でもいくつかの4輪競技においても「トライアル競技」と呼ばれる。代表的な競技ではスラローム競技であるジムカーナや、加速競争であるドラッグレースなどがこれにあたる。ダートトライアルという呼称は和製英語であり、欧米ではダートトラックと呼ぶ。したがってその略称である「ダートラ」のほうが本来は呼称として正確である。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たソーラーカー

    近年はソーラーカーを利用したレースも盛んに行われており、FIAにより代替エネルギーカップのレギュレーションが制定されている。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

277件中 91 - 100件表示

「モータースポーツ」のニューストピックワード