277件中 11 - 20件表示
  • 自動車競技

    自動車競技から見たブリヂストン

    フォーミュラ・レーシングカー理論 - ブリヂストン (2002-06-17 森脇基恭 著)自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たテレビ朝日

    ルマンへ、熱き涙を(1992年 全国朝日放送自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たコナミ

    WECル・マン24(コナミ・コアランド(現バンプレスト))自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見た国際自動車連盟

    国際自動車連盟(FIA)及びその傘下団体公認の大会に出場するにはFIAの傘下にある各国の自動車協会から発行された自動車競技ライセンスが必要である。また、車両本体以外にも、ヘルメット、レーシングスーツなどの安全保護具から備品などを揃え、そして車両を改造して性能を向上させる費用など資金を要する競技でもある。レースによってはその主催者が制定した条件によって出場が認められる車両が定められており、一般乗用車で参加できるジムカーナやダートトライアルの下位クラス、低価格でサーキットを走行する催し(走行会、フリー走行)、レンタルで乗れるカート (レーシングカート) など、初心者や個人クラスでも比較的手軽に参加出来る分野もある。また、世界各地に気軽な走行ができるミニサーキットが点在している。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たチーム・ロータス

    自動車競技の特徴として、レースに参戦を続けるためには、あるいは車両性能の向上のためにどうしても資金が必要な競技でもある。そのためにレーシングチームはスポンサーという出資者を募る必要がある。スポンサーには資本的なスポンサーと技術的なスポンサーがある。スポンサーによる応援によってレーシングチームの運営や車両性能の向上が図られる。これらの恩恵を受けた見返りとして車両やレーシングスーツなどにスポンサーの名前やロゴを掲載するため、一種の広告としての役割を担う。これはF1においてロータスが先駆けて行ったため、これが派生して「走る広告塔」という言葉も生まれた。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たスポーツカー

    自動車競技の多様性は形態が限りなく市販車に近いスポーツカーレースにまで発展していった。前述のフォーミュラ1はフォーミュラカーを使用したシングルシーターによる比較的短距離(スプリント)なレースであり、選手権の内容もドライバーを重視したものであった。これに対し市販車ないし市販を前提に開発した車両、つまりは運転席と助手席が存在するスポーツカーを使用したレースは自動車製造業者(マニファクチュアラー)が主体のものとなった。したがって、自動車性能を示す一つである耐久性も考慮される為、大変長距離(エンデュランス)なレースとなるが、こうしたレースはそれまでにミッレミリア、スパ・フランコルシャン24時間レース、ル・マン24時間レース、RACツーリストトロフィーといった伝統的なものが存在していたが、それぞれのレースに主催団体が違っていた為にそれまで選手権としての統一が実現しなかった。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たアウトウニオン

    国際的な注目を得た自動車会社はナショナルカラーで塗られた為、ひいては自動車を使った工業先進国の技術力の高さを表した。この傾向は特に1930年代に入ってからナチス・ドイツのメルセデス(現在のメルセデス・ベンツ)、アウディ(アウトウニオン)が自国の技術力を他国に見せつける国威発揚の場として使われた。ヨーロッパにおける自動車の速度記録は1928年にイギリスのマルコム・キャンベルが記録した281.44km/hを最後となっていたが、ナチス・ドイツでは1934年にメルセデス・ベンツ W25を駆るルドルフ・カラツィオラが317.460km/hを記録。また、アウトウニオンはフェルディナント・ポルシェを起用してアウトウニオン・Pワーゲンを開発。1937年にはベルント・ローゼマイヤーがアウトウニオン・Pワーゲンを駆って401.9km/hを記録した。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たルノー

    フランスを中心とした自動車競技は大きな成功を収めていたが、自動車性能の向上は同時に危険性をはらむものでもあり、上記の通りそのほとんどのレースが市街地レースや都市間レースであったため、危惧された通り、パリ - マドリード間のレースでルノーの共同創設者であるマルセル・ルノー (1872年 - 1903年5月25日)が観客を巻き込む事故を起こした。この事故により観客を含む死者は9名、マルセルも重体となり翌日に31歳の若さで亡くなった。事態を重く見たフランス政府は多くの自治体における公道レースの禁止を発表するなど、大きな波紋を呼んだ。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たアルベルト・アスカリ

    ドライバーのピエール・ルヴェーが駆るメルセデス・ベンツ 300SLRが爆発炎上し、ルヴェーと観客・スタッフ含む81名が死亡するというモータースポーツ史上最悪の惨事が発生した。また、この前後にもF1のアルベルト・アスカリがテスト中に事故死し、インディ500で3連覇を目指したビル・ブコビッチが多重クラッシュにより死亡するなど自動車競技に悲劇的な事故が連続し、ル・マンでの事故を契機にメルセデス・ベンツがレースの舞台から撤退するなどレース界に激震を走らせたが、レースに対する安全対策とマシンの性能抑制という意識改革をもたらすきっかけとなった。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たローランド・ラッツェンバーガー

    1994年サンマリノグランプリで発生したローランド・ラッツェンバーガーとアイルトン・セナの死亡事故はレース後に事故の原因解明のためにサーキットを一時閉鎖された。またこの事故後、いくつかの箇所にシケインが新たに設けられた。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

277件中 11 - 20件表示

「モータースポーツ」のニューストピックワード