277件中 31 - 40件表示
  • 自動車競技

    自動車競技から見たヨッヘン・リント

    死亡したり、あるいはヨッヘン・リントのようにシートベルトそのものを装着する事を嫌って死亡事故の遠因となったものもあった。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たトム・プライス

    F1においてもドライバーやチーム関係者、そして観客を含めて多くの死亡事故が発生している。コース・マーシャルの配置が現在より乏しかった事と、マーシャルがレース開催中のサーキットを容易に横断することが当たり前だった事などからトム・プライスの様な死亡事故も発生した。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見た曽田正人

    capeta カペタ(曽田正人、2005年テレビアニメ化)自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見た次原隆二

    よろしくメカドック (次原隆二、1984年テレビアニメ化)自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見た日本自動車連盟

    モータースポーツ - JAF自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たアルコール依存症

    スポンサー企業の傾向としては、以前はマールボロを代表とするタバコ企業が豊富な資金力を背景に自動車競技と強い関係を結び付けていたが、1980年代後半よりEU諸国から始まったタバコ広告規制強化によって、タバコ広告の縮小を始める。この規制はイギリスで最初に行われ、F1においてもイギリスGPではタバコ銘柄の名称を記載する行為を禁止した。この風習は後の喫煙問題によってEU諸国に広がり、現在ではヨーロッパ諸国全土においてタバコ広告の掲載は禁止されている。近年では車体に描かれる図柄がタバコ広告に似ている、あるいはサブリミナル効果としてタバコを連想させるというだけで問題視される傾向にあり、事実上タバコ広告は完全排除されている。この他にも、アルコール飲料のスポンサーも、飲酒運転やアルコール依存症などの問題で規制される傾向にある。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見た

    一般的にオフロード、ダート、砂漠、草原、雪上(氷上も含む)などを指す。ラリーやオートバイのトライアル競技などに使用され、砂や泥でタイヤのグリップ力が弱まるために当然ながら滑りやすい。公道コースと同じように車両が周回できるようにコースを造って競技を執り行うものや、スタート地点からフィニッシュ地点までコースを制定するもの、あるいはスタートとフィニッシュ、チェックポイントは設けてあるものの、完走するまでの行程でどこを走行しても許可される競技も存在する。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見た第一次世界大戦

    一方、フランスでは1901年にポーで開催されたレースでは、クラス毎に分けた取り組みがなされた。軽量クラスに与えられた「グランプリ・デュ・パレ・ドール()」、重量(最速)クラスに与えられた「グランプリ・ド・ポー()」と賞の名前に初めて「グランプリ」が使用された。グランプリは「 = グランドプライズ」すなわち「大賞・最高賞」を意味する言葉であり、これが起因して今日では最高位レースにグランプリという名称が使用されるようになった。1906年にフランス自動車クラブ()が主催して「フランスグランプリ」が開催される。一般公道を使用するレースは後述する1903年に開催されたパリ?マドリード間レースでの死亡事故によって禁止されていたが、ゴードン・ベネット・カップをヒントに公道を閉路として使用した「クローズドロードレース」としてル・マンで開催され、1周103.18kmを12周、合計1238.16kmで争われるレースであった。その後1907年、1908年、1912年はディエップにて、1913年はアミアン、1914年はリヨンと第一次世界大戦が勃発するまで開催された。余談ではあるが、終戦後の最初のフランスグランプリは1921年に再びル・マンに戻され、現在のサルト・サーキットの原型となる場所で開催された。また、ポーも1930年に国際レースとしてフランスグランプリが開催された場所でもある。ポーは1933年より「ポー・グランプリ」と呼ばれ、開催されなかった1934年、1940年から1946年、1956年、そして2010年を除いてF1、F2、F3、WTCCなどなんらかの国際競技が開催されるなどこれらの都市はフランスにおけるレースの聖地となっている。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たパリ

    自動車レース、すなわち自動車競技の起源として伝えられているのは1887年4月28日にフランスのパリで行われたもので、その内容はヌイイ橋からブローニュの森までの約2kmを走行。優勝者はド・ディオン・ブートン社の自動車をドライブしたジョルジュ・ブートンであった。彼はアルバート・ド・ディオン伯爵と共にド・ディオン・ブートン社を共同設立した人物でもあり、又、これをレースと呼ぶにはほど遠い内容であったとも伝えられる。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たマルコム・キャンベル

    国際的な注目を得た自動車会社はナショナルカラーで塗られた為、ひいては自動車を使った工業先進国の技術力の高さを表した。この傾向は特に1930年代に入ってからナチス・ドイツのメルセデス(現在のメルセデス・ベンツ)、アウディ(アウトウニオン)が自国の技術力を他国に見せつける国威発揚の場として使われた。ヨーロッパにおける自動車の速度記録は1928年にイギリスのマルコム・キャンベルが記録した281.44km/hを最後となっていたが、ナチス・ドイツでは1934年にメルセデス・ベンツ W25を駆るルドルフ・カラツィオラが317.460km/hを記録。また、アウトウニオンはフェルディナント・ポルシェを起用してアウトウニオン・Pワーゲンを開発。1937年にはベルント・ローゼマイヤーがアウトウニオン・Pワーゲンを駆って401.9km/hを記録した。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

277件中 31 - 40件表示

「モータースポーツ」のニューストピックワード