277件中 61 - 70件表示
  • 自動車競技

    自動車競技から見たスーパーフォーミュラ

    (※:主なカテゴリー F1、GP2、インディカー、スーパーフォーミュラ、F3 など)自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たパナール

    ただし、書類上の提示などで要件を満たしていないなどのオーナーもあって、25台でレースを行うこととした。その後、4台がレース参加が不可能となり最終的には21台でのレースが開催された。参加した多くのドライバーがプジョー、パナール、ド・ディオン・ブートン社の車両とそのオーナーであった。このレースの結果、パリ - ルーアン間の127kmを最初にフィニッシュしたのはド・ディオン・ブートン社のアルバート・ド・ディオン伯爵であり、タイムは6時間48分、平均時速は約19km/hであった。ただし彼の車は蒸気自動車であり、速度や安全性などについて審議をされた結果、正式な優勝者はジョルジュ・ルメートルで、プジョー Type 3オーナーであった。タイムはアルバート伯爵に遅れること3分30秒でフィニッシュした。尚、21台中完走は17台で、4台はエンジントラブルなどでリタイヤした。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たペルノ・リカール

    その他、国際レースとして超長距離レースが行われるようになった。1907年には北京?パリ間レースが開催され、北京からスタートして、パリまで14994kmを横断するレースだった。参加した車両は合計5台でイタリアからはイターラ1台、オランダからはスパイカー1台、フランスからは三輪自動車のコンタル1台と蒸気自動車のド・ディオン・ブートン2台が参加した。6月10日にスタートし、62日かけてイターラのボルゲーゼ公爵がゴールし優勝した。なお、優勝賞品はG.H.MUMMのシャンパン1本だけだった。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たバンプレスト

    WECル・マン24(コナミ・コアランド(現バンプレスト))自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たラリー

    この自動車競技は「偉大なレース」として数えられ、後のラリー・ラリーレイドの原型となった。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たダートトライアル

    国際自動車連盟(FIA)及びその傘下団体公認の大会に出場するにはFIAの傘下にある各国の自動車協会から発行された自動車競技ライセンスが必要である。また、車両本体以外にも、ヘルメット、レーシングスーツなどの安全保護具から備品などを揃え、そして車両を改造して性能を向上させる費用など資金を要する競技でもある。レースによってはその主催者が制定した条件によって出場が認められる車両が定められており、一般乗用車で参加できるジムカーナやダートトライアルの下位クラス、低価格でサーキットを走行する催し(走行会、フリー走行)、レンタルで乗れるカート (レーシングカート) など、初心者や個人クラスでも比較的手軽に参加出来る分野もある。また、世界各地に気軽な走行ができるミニサーキットが点在している。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たサーキット

    自動車競技は「速さ」を競う競技であるが、これは基本的に「速く走る」ことと同時に「相手よりも早く無事に目的地につく」という2つの本質がある。したがって、競技によってはファステストラップという最速でサーキットを周回することを1つの名誉としたレースもあるが、ル・マン24時間レースなどのようにゴールできないと完走扱いとならない(表彰の対象とならない、ポイントを与えないなど)」という競技もある。また、スタントではないため、ゴール後の車検で車体の激しい破損などが判明すれば得点を得られない場合がある。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たヒルクライム

    自動車競技を定期的なイベントとして開催する事になったのは1897年のニースで、3月後半から「スピードウィーク」と呼ばれるスケジュールを立てて定期開催された。スプリントレース、ドラッグレース、ヒルクライムなどの多くの自動車競技がここで始まった。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たラリーレイド

    この自動車競技は「偉大なレース」として数えられ、後のラリー・ラリーレイドの原型となった。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たフォーミュラカー

    自動車競技の多様性は形態が限りなく市販車に近いスポーツカーレースにまで発展していった。前述のフォーミュラ1はフォーミュラカーを使用したシングルシーターによる比較的短距離(スプリント)なレースであり、選手権の内容もドライバーを重視したものであった。これに対し市販車ないし市販を前提に開発した車両、つまりは運転席と助手席が存在するスポーツカーを使用したレースは自動車製造業者(マニファクチュアラー)が主体のものとなった。したがって、自動車性能を示す一つである耐久性も考慮される為、大変長距離(エンデュランス)なレースとなるが、こうしたレースはそれまでにミッレミリア、スパ・フランコルシャン24時間レース、ル・マン24時間レース、RACツーリストトロフィーといった伝統的なものが存在していたが、それぞれのレースに主催団体が違っていた為にそれまで選手権としての統一が実現しなかった。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

277件中 61 - 70件表示

「モータースポーツ」のニューストピックワード