277件中 71 - 80件表示
  • 自動車競技

    自動車競技から見たプロトタイプレーシングカー

    四輪自動車においての競技車両の違いは大きく分けて3種類に分類される。フォーミュラ系(オープンホイール)とプロトタイプ系(スポーツカーレース)、そして市販車改造車系(ツーリングカー及びラリーカー)である。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見た日本

    自動車競技は、操る人の動体視力や、車の状態を瞬間的に判る感性、天候や気象によって変化する空気や路面状態、そして車両に対応するドライバーのマシンコントロール能力によって技術力と車両の性能を競う。一般的に自動車文化の発祥でもあるヨーロッパ、アメリカを中心に自動車競技が強く根付いているが、国によって文化や国民性、あるいは偏見などによって自動車競技の扱い方はさまざまである。日本においては自動車競技に対しての認識が薄いと言われている。又、ヨーロッパを中心とした競技ではあるがスイスのように国内でレースを行うことを禁止しているために周辺のヨーロッパ諸国と比較して文化が根付いていない地域もある。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たサルト・サーキット

    一方、フランスでは1901年にポーで開催されたレースでは、クラス毎に分けた取り組みがなされた。軽量クラスに与えられた「グランプリ・デュ・パレ・ドール()」、重量(最速)クラスに与えられた「グランプリ・ド・ポー()」と賞の名前に初めて「グランプリ」が使用された。グランプリは「 = グランドプライズ」すなわち「大賞・最高賞」を意味する言葉であり、これが起因して今日では最高位レースにグランプリという名称が使用されるようになった。1906年にフランス自動車クラブ()が主催して「フランスグランプリ」が開催される。一般公道を使用するレースは後述する1903年に開催されたパリ?マドリード間レースでの死亡事故によって禁止されていたが、ゴードン・ベネット・カップをヒントに公道を閉路として使用した「クローズドロードレース」としてル・マンで開催され、1周103.18kmを12周、合計1238.16kmで争われるレースであった。その後1907年、1908年、1912年はディエップにて、1913年はアミアン、1914年はリヨンと第一次世界大戦が勃発するまで開催された。余談ではあるが、終戦後の最初のフランスグランプリは1921年に再びル・マンに戻され、現在のサルト・サーキットの原型となる場所で開催された。また、ポーも1930年に国際レースとしてフランスグランプリが開催された場所でもある。ポーは1933年より「ポー・グランプリ」と呼ばれ、開催されなかった1934年、1940年から1946年、1956年、そして2010年を除いてF1、F2、F3、WTCCなどなんらかの国際競技が開催されるなどこれらの都市はフランスにおけるレースの聖地となっている。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見た耐久レース

    前述の通り、パリ - ルーアン間のレースは世界最初のレースと記録されるが各車のスタートがバラバラであったために公平性にも問題があった。その問題を改善して行われたのが1895年に開催された「パリ - ボルドー - パリトライアル」という1178kmという非常に長い距離を競う耐久レースである。これはパリからボルドーに向かいここをチェックポイントとし、パリに再び戻るという内容であった。そしてこのレースの最大の特徴は全て競技参加者が一斉にスタートした点にある。このレースの勝者はパナールに乗るエミール・ルヴァッソール (1843年1月21日 - 1897年4月14日)で47時間47分(※:文献によっては48時間47分とも)で完走した。この時ルヴァッソールはほとんど車を停車させることなく不眠不休で走りきったといい、当時の自動車性能から考慮してもこの記録は驚異的な速さであり、自動車競技黎明期の偉大な記録の一つといっても過言ではない。また、ルヴァッソールの偉大なる業績を称え、パナールの乗用車にルヴァッソールの名が使用された。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たペリグー

    最初の死亡事故は1896年5月1日(5月2日?)にペリグー近郊で開催された「ペリグー公道レース」にて事故死したマルキス(アンドレ)・ドゥ・モンティニャック侯爵が記録に残る初のレース死亡事故とされる。前方を走る他の競技参加車両を追い越そうとモンティニャック侯爵が無謀な運転を行ったとされ、侯爵の車両は接触により横転し、この事故によってモンティニャック侯爵は死亡した。推定速度は40km/hだったと言われる。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見た道路運送車両法

    また、レース毎によってホモロゲーションという規約が存在する。一般的にホモロゲーションは車両規約であり、レースによっては道路運送車両法の保安基準に適合する範囲内の改造であればレース参加を認めるものや、保安基準に適合しないために参加するためにさまざまな規約を設けるものも存在する。一般的にレースに参加する競技車両は改造車であり、公道を走行することが禁じられる範囲にまで改造(あるいは製造)された車両はトランスポーターという輸送車両を使用して競技会場に向かうことを義務付けられている。車両の高性能化に伴い競技に不要な装備等の除去やエキゾーストパイプも高性能化のために触媒や消音機を取り除いてしまうなどの行為がホモロゲーションに違反とするものであればレースによっては参加を認められないものもある。この他、特殊なホモロゲーションにはワークスチームは一定期間に一定以上の自動車生産台数を超えていないとレースに参加できないなどといった条項が存在するものもある。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見た尾灯

    スポーツカー系及びプロトタイプ系の車両は、フォーミュラ系の車両と大きく異なる。根本的な違いはタイヤはフェンダーで覆われており、そして実際には使用しないが助手席が設けられた2座席車であり、UNECEが制定するECEレギュレーションに基づく保安基準(※:日本における道路運送車両法の保安基準もこれに準拠)であるヘッドライト・テールライト・ブレーキランプの装着が義務付けられている点である。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たモータースポーツライセンス

    国際自動車連盟(FIA)及びその傘下団体公認の大会に出場するにはFIAの傘下にある各国の自動車協会から発行された自動車競技ライセンスが必要である。また、車両本体以外にも、ヘルメット、レーシングスーツなどの安全保護具から備品などを揃え、そして車両を改造して性能を向上させる費用など資金を要する競技でもある。レースによってはその主催者が制定した条件によって出場が認められる車両が定められており、一般乗用車で参加できるジムカーナやダートトライアルの下位クラス、低価格でサーキットを走行する催し(走行会、フリー走行)、レンタルで乗れるカート (レーシングカート) など、初心者や個人クラスでも比較的手軽に参加出来る分野もある。また、世界各地に気軽な走行ができるミニサーキットが点在している。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見たロードレース世界選手権のレギュレーション

    その他にも過去にはル・マン24時間レースで採用されていた「ル・マン方式」というスタート方法もある。ル・マン方式とは車両までドライバーが歩く(駆け寄り)そして速く車両を動かした順にレースをスタートする方式であるが、ジャッキー・イクスがその危険性について苦言を呈し続けた結果、現在のル・マンでは廃止されている。このル・マン方式のスタート方法を踏襲しているのが2輪ロードレースのスタート方式である。スタートの方法は現在ではクラッチスタート方式を採用し、車両まで向かったライダーがセルスターター及び、キックによるスタートを行って発進する。以前は車両のエンジンがかかっていない状態から各ライダーが押しながらエンジンを起動させる押しがけスタート方式であったが、押しがけの危険性を憂慮して1987年からクラッチスタート方式に切り替わった。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車競技

    自動車競技から見た前照灯

    車両の4輪のタイヤがフェンダーによって覆われず剥き出しになっている車両、ドライバーの頭部が外部に露出している車輌、ドライバー1名のみしかシートに座ることができない車両を主に指す。この事からオープンホイール、シングルシーターとも呼ばれる。完全に競技専用車輌として設計されており、前照灯やブレーキランプなどの保安部品は装備していない。スプリントレースに特化した車両となっており、競技場所はサーキット、オーバル(円形〜楕円形コース)、公道であり、つまりは路面が舗装された平坦なコースでのみで競技が行われる。自動車競技 フレッシュアイペディアより)

277件中 71 - 80件表示

「モータースポーツ」のニューストピックワード