196件中 21 - 30件表示
  • モーニング娘。

    モーニング娘。から見たWink

    1998年1月発売のメジャーデビューシングル「モーニングコーヒー」で記録が始まり、2002年に15thシングル「Do it! Now」(同年7月発売)でそれまで女性グループとして1位だったMAXおよびWinkとトップタイとなり、16thシングル「ここにいるぜぇ!」(同年10月発売)で女性グループ記録の単独1位を達成した。2007年4月発売の33rdシングル「悲しみトワイライト」で小泉今日子および安室奈美恵(当時)と並ぶ歴代3位タイとなり、同年7月発売の34thシングル「女に 幸あれ」で歴代女性アーティスト単独2位に浮上、その後2012年1月発売の48thシングル「ピョコピョコ ウルトラ」で浜崎あゆみと並ぶ邦楽歴代トップタイとなり、同年4月23日付けのオリコンチャートで49thシングル「恋愛ハンター」が初登場3位だったことで単独1位となり、50thシングル「One・Two・Three/The 摩天楼ショー」で史上初の通算50作品目となるオリコンシングルトップ10入りを達成した。2015年12月発売の60thシングル「冷たい風と片思い/ENDLESS SKY/One and Only」で60作の大台を達成した。モーニング娘。 フレッシュアイペディアより)

  • モーニング娘。

    モーニング娘。から見た紺野あさ美

    2001年11月2日に放送された『ミュージックステーション』での5期メンバー初登場時に吉澤ひとみ→高橋愛、石川梨華→小川麻琴、安倍なつみ→紺野あさ美、矢口真里→新垣里沙、という組み合わせで新メンバーの紹介を行った。これを聞いた司会のタモリが「教育担当者が決まっているんですね」と感想を述べたのに対してその場では誰も否定しなかったため、この組み合わせが教育係とされたこともあったが、後にメンバーの発言によって明確に否定されている。モーニング娘。 フレッシュアイペディアより)

  • モーニング娘。

    モーニング娘。から見た矢口真里

    矢口真里→吉澤ひとみ(テーマ:表現力)モーニング娘。 フレッシュアイペディアより)

  • モーニング娘。

    モーニング娘。から見たSPEED

    2007年4月発売の33rdシングル「悲しみトワイライト」の初登場週においてシングルCD総売上が1,108.5万枚に達し、それまで1位だったピンク・レディーを抜いて1位を達成した。同曲は翌5月7日付けのオリコンシングルチャートで初登場2位を記録している。通算CDセールスが1,000万枚を突破したのはピンク・レディー、SPEEDに続き女性グループ史上3組目である(2003年7月発売の19thシングル「シャボン玉」で1,000万枚を突破)。モーニング娘。 フレッシュアイペディアより)

  • モーニング娘。

    モーニング娘。から見た小泉今日子

    1998年1月発売のメジャーデビューシングル「モーニングコーヒー」で記録が始まり、2002年に15thシングル「Do it! Now」(同年7月発売)でそれまで女性グループとして1位だったMAXおよびWinkとトップタイとなり、16thシングル「ここにいるぜぇ!」(同年10月発売)で女性グループ記録の単独1位を達成した。2007年4月発売の33rdシングル「悲しみトワイライト」で小泉今日子および安室奈美恵(当時)と並ぶ歴代3位タイとなり、同年7月発売の34thシングル「女に 幸あれ」で歴代女性アーティスト単独2位に浮上、その後2012年1月発売の48thシングル「ピョコピョコ ウルトラ」で浜崎あゆみと並ぶ邦楽歴代トップタイとなり、同年4月23日付けのオリコンチャートで49thシングル「恋愛ハンター」が初登場3位だったことで単独1位となり、50thシングル「One・Two・Three/The 摩天楼ショー」で史上初の通算50作品目となるオリコンシングルトップ10入りを達成した。2015年12月発売の60thシングル「冷たい風と片思い/ENDLESS SKY/One and Only」で60作の大台を達成した。モーニング娘。 フレッシュアイペディアより)

  • モーニング娘。

    モーニング娘。から見た田中れいな

    平成生まれの出場歌手第1号 : 道重さゆみ・田中れいな(2003年の第54回)。モーニング娘。 フレッシュアイペディアより)

  • モーニング娘。

    モーニング娘。から見た道重さゆみ

    平成生まれの出場歌手第1号 : 道重さゆみ・田中れいな(2003年の第54回)。モーニング娘。 フレッシュアイペディアより)

  • モーニング娘。

    モーニング娘。から見た美勇伝

    2009年7月15日に発売された『チャンブル?〜ハッピーマリッジソングカバー集〜』でチャンプルユニットが結成され、High-Kingに加え、タンポポに亀井絵里と光井愛佳、ミニモニ。にリンリン、ZYXに新垣里沙と久住小春、美勇伝に道重さゆみとジュンジュンがそれぞれ参加し、「タンポポ#」、「新ミニモニ。」、「ZYX-α」、「続・美勇伝」として活動した。モーニング娘。 フレッシュアイペディアより)

  • モーニング娘。

    モーニング娘。から見た安倍なつみ

    2001年11月2日に放送された『ミュージックステーション』での5期メンバー初登場時に吉澤ひとみ→高橋愛、石川梨華→小川麻琴、安倍なつみ→紺野あさ美、矢口真里→新垣里沙、という組み合わせで新メンバーの紹介を行った。これを聞いた司会のタモリが「教育担当者が決まっているんですね」と感想を述べたのに対してその場では誰も否定しなかったため、この組み合わせが教育係とされたこともあったが、後にメンバーの発言によって明確に否定されている。モーニング娘。 フレッシュアイペディアより)

  • モーニング娘。

    モーニング娘。から見た岡村隆史

    当初のつんく♂の命名では「。」が付いていなかった。しかし、当時『ASAYAN』では画面に表示されるテロップのほぼ全てに「。」を付けていた(その理由を番組「ハッピーバースデー!」では「テロップをつけるスタッフが文末に。をつける癖があった」と説明した)ため、ユニット名発表の際(1997年9月14日放送)にもステージ上の画面で「ユニット名はモーニング娘。」と表示されることとなった。それに対して司会のナインティナインの岡村隆史が「僕質問なんですけど、モーニング娘のあと『。』付いてますやん。(中略)あれは『。』は付いてるんですか?」と問いかけたところ、相方の矢部浩之が「ちょっと待ってもらえます。(舞台袖を見ながら)あれ僕の意見でいいすか今、あっそうですか。(正面に向き直り)あの『。』は…要ります!」と言ったため「。」付が正式な表記になった。その後の感想で、漢字のグループ名を希望していた当時のメンバー福田明日香が「漢字も『まる』もついて、お得だな〜」と発言した。モーニング娘。 フレッシュアイペディアより)

196件中 21 - 30件表示

「モーニング娘。」のニューストピックワード