前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
634件中 1 - 10件表示
  • ユニコーン

    ユニコーンから見たヤギヤギ

    ユニコーンは、そのほとんどが、ライオンの尾、牡ヤギの顎鬚、二つに割れた蹄を持ち、額の中央に螺旋状の筋の入った一本の長く鋭く尖った真っ直ぐな角をそびえ立たせた、紺色の目をした白いウマの姿で描かれた。また、ヤギ、ヒツジ、シカに似た姿で描かれることもあった。角も、必ずしも真っ直ぐではなく、なだらかな曲線を描くこともあれば、弓なりになって後ろの方へ伸びていることもあり、鼻の上に生えていることもあった。ユニコーンは、山のように大きいこともあれば、貴婦人の膝に乗るほど小さいこともあった。時には様々な動物の体肢を混合させて出来た生き物であった。ユニコーンと水には医薬的、宗教的な関係があるため、魚の尾をつけて描かれることもあった。アジアでは時おり翼を生やしていることすらあった。体の毛色も白色、ツゲのような黄褐色、シカのような茶色と変わっていったが、最終的には、再び輝くばかりの白色となった。ユニコーン フレッシュアイペディアより)

  • エアレー

    エアレーから見たヤギヤギ

    エアレーの名前の由来はヘブライ語の「ヤ・エル」(ya-el, 「山のヤギ」)から来ていると言われる。他にも自由に動かせる角からギリシア語の「エアレン」(εαλην, 「押し返すこと」)から来たとも言われる。ジャル(Jall)は最初の j が中世の i の形で読まれ、ドイツ語の y のように発音されたことから来ていると言われる。エアレー フレッシュアイペディアより)

  • ビリヤニ

    ビリヤニから見たヤギヤギ

    ビリヤニに一般的に使用されるスパイスや調味料はギー、ナツメグ、メース、クミン、 コショウ、クローブ、 カルダモン、シナモン、ローリエ、コリアンダー、ミント、ショウガ、タマネギ、そしてニンニクなどである。また高級スパイスであるサフランも使用されることがある。ノンベジビリヤニの場合にはこれらのスパイスと共に、牛肉や鶏肉、ヤギ、羊肉などの肉や魚もしくはエビなどの魚介類が用いられる。またビリヤニはそれ単独ではなく、ダヒチャツネやライタ、コルマ、酸味のある茄子カレーを初めとするカレー類、ゆで卵やサラダなどと一緒に供されることもある。ビリヤニ フレッシュアイペディアより)

  • いさお名ゴ支部

    いさお名ゴ支部から見たヤギヤギ

    もう1つの定番のネタは、白ヤギに扮し、山羊汁を作るためにつぶそうとする飼い主に抵抗する、というものである。いさお名ゴ支部 フレッシュアイペディアより)

  • 侮蔑

    侮蔑から見たヤギヤギ

    中南米では、親指と小指だけを立てて他の指を曲げ手の甲を相手側に向けるのが相手を侮蔑するポーズである。これは、ヤギの角を示していると言われる。ヤギは弱い動物であると考えられているため、勇気がなく弱い相手であることを嘲笑する意味になる。角であることを分かりやすくするため、親指と小指を立てた手を頭の後ろに持ってゆき指だけが頭の上に出るように見せることもある。侮蔑 フレッシュアイペディアより)

  • ヒツジ

    ヒツジから見たヤギヤギ

    品種によってまったく角をもたないもの、雄雌両方にあるもの、雄だけが角を持つものがある。螺旋を巻きながら直状に伸びた角をラセン角、渦巻き状に丸く成長する角をアモン角と称する。角のある品種のほとんどは左右に1対だが、古品種にはヤギのように後方に湾曲しながら伸びる2?3対(4?6本)の角をもつものもいる。ヒツジ フレッシュアイペディアより)

  • ラクダ

    ラクダから見たヤギヤギ

    他の偶蹄目の動物と同様、ラクダは側対歩(交互に同じ側面の前後肢を出して歩く)をする。しかし、偶蹄目の特徴が必ずしもすべて当てはまるわけではなく、偶蹄目の他の動物などのように、胴と大腿部の間に皮が張られてはいない。また、同様に反芻を行うウシ亜目(反芻亜目)は4室の胃をもつが、ラクダには第3の胃と第4の胃の区別がほとんどない。従来ラクダ科を含むラクダ亜目は反芻をしないイノシシ亜目と反芻するウシ亜目の中間に置かれていた。しかし遺伝子解析による分析では、ラクダ亜目は偶蹄目の中でもかなり早い時期にイノシシ亜目とウシ亜目の共通祖先と分岐しており、同じように反芻をするウシやヒツジ、ヤギなどは、ラクダ科よりもむしろイノシシ科やカバ科、クジラ目の方に近縁であることが明らかになっている。ラクダ フレッシュアイペディアより)

  • ぽすたるWORK

    ぽすたるWORKから見たヤギヤギ

    白ヤギ。物語の第一話時点で引っ越してきたばかりだった。ぽすたるWORK フレッシュアイペディアより)

  • マラウイの経済

    マラウイの経済から見たヤギヤギ

    その他の主要輸出品目には茶、サトウキビ、コーヒーがあり、タバコにこれら3品目を加えると、マラウイの輸出総額のうちの90%近くを占めることとなる。なお、マラウイに茶が初めて持ち込まれたのは1878年であり、現在、茶の生産の大部分はムランジェ県やチョロ県で行われている。その他栽培が行われている作物には、綿花、トウモロコシ、ジャガイモ、ソルガムなどがある。さらに、タバコや砂糖などの加工は、マラウイの重要な第二次産業となっている。また、ウシやヤギの牧畜も行われている。マラウイの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カプリコルヌス

    カプリコルヌスから見た山羊ヤギ

    カプリコルヌス (Capricornus) は、ローマ神話の登場人物。名はラテン語で山羊 (caper) と角 (cornu) の合成語で、「角のある山羊」、つまり雄山羊を意味する。やぎ座に描かれているとされる。カプリコルヌス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
634件中 1 - 10件表示

「ヤギ」のニューストピックワード