634件中 11 - 20件表示
  • バフォメット

    バフォメットから見た山羊ヤギ

    バフォメット(Baphomet)は、有名なキリスト教の悪魔の一人で、黒ミサを司る、山羊の頭を持った悪魔。バフォメット フレッシュアイペディアより)

  • レディ・ガンナー

    レディ・ガンナーから見たヤギヤギ

    それぞれ、家系ごとに特定の動物への変身能力をもち、それに準じた特殊能力を持つ。その種類は最新刊までに確認された限り、鳥類、哺乳類、爬虫類(鳥類では隼、鷹、鷲、白鳥、鶴、梟、ペンギン。哺乳類は獅子、虎、豹、猫、狼、コヨーテ、ジャッカル、狐、熊、馬、山羊、鹿、犀、水牛。爬虫類では蛇、鰐、蜥蜴が確認できる)。通常はいずれか一種に変身できる。種族ごとに特定の臭いがあり、アナザーレイス内ではかぎ分けることが可能。レディ・ガンナー フレッシュアイペディアより)

  • チーズの歴史

    チーズの歴史から見た山羊ヤギ

    チーズの起源として想像しうる最古の年代は羊や山羊が家畜化される紀元前6000年前後であり、したがって正確な年代は確定できない。紀元前3000年ごろには酪農がエジプトとシュメールで行われた記録があり、サハラの草地ではさらに早くから行われていたことをうかがわせる。チーズをつくっておくことは高温気候でも乳が保存できる唯一の方法であるため、チーズづくりはそもそも酪農が営まれていなければ始まらない。動物の皮と空気を吹き込んだ内蔵とは古代からさまざまな食料を貯蔵しておく容器の役割を果たしていた。おそらくチーズづくりの歴史とは、反芻動物の胃でできた入れ物に留め置いた乳がどうなったかを偶然に発見したことに始まる。胃にのこっているレンネットによって乳がカード(凝乳)とホエー(乳清)とに変化することに気づいた人間がいるのだ。アラブ人の伝説がチーズの発見者とたたえるのはこのようにして乳を貯蔵した紀元前12世紀ごろのアラブの商人であるが、すでにシュメール人たちの間ではチーズはよく知られた食べ物になっていた。そしてチーズづくりは西アジアから大きく三つの世界へと拡がったというのが従来の説である。ホロートやビヤスラグといった種類のチーズが生まれたモンゴル、次にパニールやチャーナが発祥のチベットやインド、最後にギリシャ・イタリアなどを入り口とするヨーロッパ、ということになっていた。チーズの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 媒島

    媒島から見たヤギヤギ

    当初は無人島であったが、明治時代に入り移住が進められ、1907年には人口27人を数えた。島では牛やヤギの放牧、サツマイモ栽培などが営まれていた。しかし、徐々に離島者が増加し、1944年の小笠原諸島からの民間人引き揚げの時点で、すでに半無人島化していたという。現在は完全に無人島化しているが、野生化したヤギが増えた結果、植生が損なわれたため、ヤギを駆除(2003年度で終了)した上で植生回復事業が行なわれている。媒島 フレッシュアイペディアより)

  • ヤムナ文化

    ヤムナ文化から見たヤギヤギ

    牧畜が盛んで、家畜は地方によって牛が主であったり、羊やヤギが主であったりする。馬を飼うことが定着しているのもヤムナ文化の特徴で、馬の骨は集落でも墓地でも発見され、後者では馬は葬式の生贄にされたものと見られる。北部の森林地帯や谷では牧畜よりもむしろ農耕が盛んで、墓地では犂も見つかっている。乗馬用の馬、家族を運ぶための牛車、開けた草原での飼育に適した種類の家畜、ラクダやサイガ(レイヨウの一種)をはじめとするステップ地帯深部に生息する動物の骨、ステップ地帯深部でよく見られる類の家族墓地、といった発見物から、ヤムナ文化が半遊牧式の牧畜の最初期の文化のひとつだという主張もある。オーロックス、アカシカ、サイガ、オナガー(アジアノロバの亜種の野ロバ)、イノシシ、アナグマ、カワウソ、オオカミ、キツネ、コサックギツネ、ノウサギ、ビーバーを狩り、魚とリクガメを獲っていた。ヤムナ文化 フレッシュアイペディアより)

  • ギャグマンガ日和の登場キャラクター

    ギャグマンガ日和の登場キャラクターから見たヤギヤギ

    娘に2秒で負け、誰になら勝てるのかと闘ったところ一番背の低い水兵に負け、一番痩せ細った水兵にも負け、子ヤギのユキちゃんにすら善戦したが敗れた。ギャグマンガ日和の登場キャラクター フレッシュアイペディアより)

  • 北海紙管

    北海紙管から見たヤギヤギ

    HOKKAI MOKKAI(ほっかいもっかい)は、同社が2009年に立ち上げたサービスブランド。マスコットキャラクターはヤギをモチーフとしており、ローラースケートを履いた姿で古紙のリサイクルを表現している。北海紙管 フレッシュアイペディアより)

  • 爆転シュート ベイブレード (アニメ)

    爆転シュート ベイブレード (アニメ)から見た山羊ヤギ

    使用ベイ(聖獣):アリエル(黒山羊爆転シュート ベイブレード (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • キーマカレー

    キーマカレーから見たヤギヤギ

    おもに山羊のひき肉と、タマネギやニンジンなどの野菜をみじん切りまたはあられ切りにしたものを炒め、香辛料と塩を加え、少量の水(またはトマト)を煮込んで作る。安価な脂身の多い肉を使ったほうがおいしいという人もいる。インドではヒンドゥー教やイスラームの食の禁忌により、山羊肉または鶏肉を使ったキーマカレーがほとんどで牛肉・豚肉を使ったキーマカレーは少数派である。キーマカレー フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド料理

    ポーランド料理から見たヤギヤギ

    フレッシュチーズでは、生乳を軽く発酵して作る軽い酸味のあるクアルクチーズ(トゥファルク twaróg、トゥファロジェック twarożek/トゥファルクちゃん、セル・ビャウィ ser biały/白チーズ、またはセレック・ビャウィ serek biały/白チーズちゃん)が一般的である。見た目はカッテージチーズに似ているが、生乳を使い、それを事前に少し発酵させるなど、製法はカッテージチーズとは異なる。味はくせがなくおいしい。乳脂肪分の割合(%で表示されている)の異なるトゥファルクが売られており、用途や好みに応じて買う。北東部の広大な湿地帯では、ポーランド固有の赤牛の乳を使ったトゥファルクが各農家の家内工業で生産されており、近年はこれがブランド化される傾向にある。羊やヤギの乳で作った一種のクアルクチーズ(ブリンザ bryndza)は南部の山岳地帯でよく食べられている。「ブリンザ」はヨーロッパ連合(EU)でポーランドのこの地域のこのチーズのみに使用が許されている名称1。フレッシュチーズはそのまま食べたり、ディルやネギなどのハーブや香味野菜を混ぜて塩コショウなどで味を調えパンに乗せて食べたり、サラダに使ったり、ポーランド式チーズケーキ(セルニック)をはじめとしたケーキの材料にしたりする。ポーランド料理 フレッシュアイペディアより)

634件中 11 - 20件表示

「ヤギ」のニューストピックワード

  • アメリカン・チャーチ

  • スイート・スイーツ・ブライダル

  • LOS ANGELES AUTO SHOW 2016(ロサンゼルス・オートショー)