840件中 21 - 30件表示
  • ヤムナ文化

    ヤムナ文化から見たヤギヤギ

    牧畜が盛んで、家畜は地方によって牛が主であったり、羊やヤギが主であったりする。馬を飼うことが定着しているのもヤムナ文化の特徴で、馬の骨は集落でも墓地でも発見され、後者では馬は葬式の生贄にされたものと見られる。北部の森林地帯や谷では牧畜よりもむしろ農耕が盛んで、墓地では犂も見つかっている。乗馬用の馬、家族を運ぶための牛車、開けた草原での飼育に適した種類の家畜、ラクダやサイガをはじめとするステップ地帯深部に生息する動物の骨、ステップ地帯深部でよく見られる類の家族墓地、といった発見物から、ヤムナ文化が半遊牧式の牧畜の最初期の文化のひとつだという主張もある。オーロックス、アカシカ、サイガ、オナガー、イノシシ、アナグマ、カワウソ、オオカミ、キツネ、コサックギツネ、ノウサギ、ビーバーを狩り、魚とリクガメを獲っていた。ヤムナ文化 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド料理

    ポーランド料理から見たヤギヤギ

    数種類あるフレッシュチーズでは、生乳を軽く発酵して作る軽い酸味のあるクワルクの一種(トゥファルク twaróg、トゥファロジェック twarożek、セル・ビャウィ ser biały、またはセレック・ビャウィ serek biały)が一般的である。見た目はカッテージチーズ、製法はカッテージチーズとは異なる。味は淡白。北東部の広大な湿地帯では、ポーランド固有の赤牛の乳を使ったトゥファルクが各農家の家内工業で生産される。羊やヤギの乳(ブリンザ bryndza)で作った一種のクワルクは南部の山岳地帯でよく食べられている。「ブリンザ」はヨーロッパ連合(EU)でポーランドのこの地域のこのチーズのみに使用が許されている名称である。フレッシュチーズはそのまま食べたり、ディルやネギなど香味野菜と一緒にパンに乗せたり、サラダに使ったり、ケーキの材料に使用する。ポーランド料理 フレッシュアイペディアより)

  • ウシ

    ウシから見たヤギヤギ

    ウシと比較的近縁の動物としては、同じウシ亜目(反芻亜目)にキリン類やシカ類、また、同じウシ科の仲間としてヤギ、ヒツジ、レイヨウなどがあるが、これらが牛と混同されることはまずない。ウシ フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ料理

    メキシコ料理から見たヤギヤギ

    赤=ザクロ、白=胡桃とヤギの乳ソース、緑=コリアンダーの3色を使ってメキシコの国旗の様にデザインする。メキシコ独立記念日(9月16日)を筆頭として、8月下旬から10月にかけて調理されるプエブラ地方の料理。この時期はザクロが収穫され、獲れたての胡桃が手に入るころで、旬の味を大事にした季節料理でもある。メキシコ料理 フレッシュアイペディアより)

  • ナーブルスチーズ

    ナーブルスチーズから見た山羊ヤギ

    主に羊乳から作るが、山羊乳から作ることもある。あまり高品質と見なされていないものについては、牛乳を原料とする粉ミルクを加えて作ることもある。山羊や羊の乳が入手しやすい春に作られることが多いが、保存がきくため季節を問わず食すことができる。しばしば、同じくパレスチナのチーズであるアッカーチーズを茹でるような工程で作ると評される。ナーブルスチーズは白く四角い形をしたセミハードチーズであり、炭酸ガスなどによってできる気泡の穴は無い。羊や山羊の乳から作るチーズとしては典型的なものだが、伝統的にはマフレブやマスティックなどのスパイスを沸かした塩水に加えて味付けし、そこにカードを入れて作る。ナーブルスチーズにはスパイシーな風味があり、ブラッククミンシードなどのスパイスが黒い点になって表面に見えることがある。ナーブルスチーズ フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ料理

    アフリカ料理から見た山羊ヤギ

    東アフリカの食文化は内陸部と海岸部で大きく異なる。内陸のサバンナ地帯に住む民族は牧畜を生業としているが、家畜の肉を食用にすることはしない。飼育する牛、羊、山羊などは通貨、あるいは富の蓄積と見なされている。いくつかの地域では、伝統的に牛乳、あるいは生きた牛から絞った生き血を飲用にするが、やはり肉を食用にはしない。アフリカ料理 フレッシュアイペディアより)

  • 生肖

    生肖から見たヤギヤギ

    十二生肖(じゅうにせいしょう)または十二属相(じゅうにぞくしょう)は十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)に鼠・牛・虎・兎・龍・蛇・馬・羊(山羊)・猿・鶏・犬・猪(豚)の十二の動物を当てたものである。なおここで、「酉」は漢字の読みとしては「とり」だが、意味は「にわとり」である。生肖 フレッシュアイペディアより)

  • エジプト先王朝時代

    エジプト先王朝時代から見たヤギヤギ

    アフリカ大陸北東部における牧畜の発生については、ウェンドルフらが紀元前7000年頃にウシの家畜化が独自に始まるとする説を唱えている。ヒツジとヤギについては西アジアで家畜化がなされたことがはっきりしている。ヒツジとヤギは紀元前6000年期後半に導入された。エジプト先王朝時代 フレッシュアイペディアより)

  • 食のタブー

    食のタブーから見たヤギヤギ

    イギリスの文化人類学者、メアリー・ダグラスの『汚穢と禁忌』によれば、食の禁忌は分類上の落ちこぼれが持つ中途半端な属性がケガレとされたことに理由があるとされている。例えば牛やヤギは四足で蹄が割れており反芻胃を持つのに対し、豚は蹄が割れているが反芻をせず、また兎は反芻はするが蹄が割れていないなど、分類上中途半端であるがゆえに禁忌とされたことになる。食のタブー フレッシュアイペディアより)

  • 乳及び乳製品の成分規格等に関する省令

    乳及び乳製品の成分規格等に関する省令から見たヤギヤギ

    省令が作成された当時、牛乳や家庭飼育が流行したヤギ乳等が不衛生であったため、その衛生管理は厳しく規定されている。乳及び乳製品の成分規格等に関する省令 フレッシュアイペディアより)

840件中 21 - 30件表示

「ヤギ」のニューストピックワード