840件中 31 - 40件表示
  • 北海紙管

    北海紙管から見たヤギヤギ

    HOKKAI MOKKAI(ほっかいもっかい)は、同社が2009年に立ち上げたサービスブランド。マスコットキャラクターはヤギをモチーフとしており、ローラースケートを履いた姿で古紙のリサイクルを表現している。北海紙管 フレッシュアイペディアより)

  • 解剖学

    解剖学から見たヤギヤギ

    古代ギリシャの哲人であるヒポクラテスが、ヤギの頭を切り開いて脳を調べた他、様々な解剖学についての記述が、ヒポクラテスの弟子が編纂した「ヒポクラテス著作集」に記述されている。解剖学 フレッシュアイペディアより)

  • バフォメット

    バフォメットから見た山羊ヤギ

    バフォメット(Baphomet)は、有名なキリスト教の悪魔の一人で、黒ミサを司る、山羊の頭を持った悪魔。バフォメット フレッシュアイペディアより)

  • ビリヤニ

    ビリヤニから見たヤギヤギ

    ビリヤニに一般的に使用されるスパイスや調味料はギー、ナツメグ、メース、クミン、 コショウ、クローブ、 カルダモン、シナモン、ローリエ、コリアンダー、ミント、ショウガ、タマネギ、そしてニンニクなどである。また高級スパイスであるサフランも使用されることがある。ノンベジビリヤニの場合にはこれらのスパイスと共に、牛肉や鶏肉、ヤギ、羊肉などの肉や魚もしくはエビなどの魚介類が用いられる。またビリヤニはそれ単独ではなく、ダヒチャツネやライタ、コルマ、酸味のある茄子カレーを初めとするカレー類、ゆで卵やサラダなどと一緒に供されることもある。ビリヤニ フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ史

    アフリカ史から見たヤギヤギ

    一方、東アフリカ沿岸部は、古来からイスラム商人によるインド洋交易がさかんで、イスラムとの融合でスワヒリ語が形成され、スワヒリ文化圏と言える多くの港湾都市が繁栄したことで知られる。それを支える東アフリカのスワヒリ人(スワヒリ語を使う人々)の通常の生業は、農業と漁労であった。10世紀の著述家であるアル・マスウーディーによるとココナッツ、ヤムイモ、バナナ、アズキモロコシを栽培していたと伝えている。また15世紀のポルトガル人の著述家によると、ウシ、ヒツジ、ヤギなどを飼い、サトウキビや綿花を栽培していたことを記述している歴史家もいる。綿花については、出土品に紡錘車がみられることからも綿織物が作られていたことがわかる。一般の人々の家は、草やヤシの葉などで屋根を葺(ふ)いて壁や柱を粘土や木材でつくった家であった。これらの家が集まって村落を形成し、規模が大きくなると都市になった。。アフリカ史 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄料理

    沖縄料理から見たヤギヤギ

    また、沖縄は、明治時代になるまで、日本本土の朝廷や武家政権の直接統治下になかった地域である。1609年に薩摩が琉球侵攻を行い、服属させたが、清との朝貢貿易を続けさせられた。また、日本本土では、律令時代から江戸時代に至るまで、米に基く税収(租や年貢)を安定的に確保する関係上、獣肉食を禁止・制限する命令が何度も出されたことにより、米が貨幣にもなる神聖な作物として位置付けられる一方で、肉食が稲作農耕に害をもたらす穢れとされ、長らく禁忌とされてきた。しかし、沖縄は、米を税の中心として位置付ける日本本土の政権の統治下になく、肉食が穢れと見なされなかったために、ブタ、ヤギなどの家畜を肥育して食用とすることに抵抗のない食文化が存在していた。沖縄料理 フレッシュアイペディアより)

  • ウシ目

    ウシ目から見たヤギヤギ

    このグループは、ウマ目(奇蹄目)と共に、四肢の先端に蹄(ひづめ)をもつことを特徴とする。また全てのウシ目は後肢のかかとの関節にある距骨の上下端に滑車状の構造を持つ(これを両滑車とも呼ぶ)。ウシ目(偶蹄目)とウマ目(奇蹄目)を合わせて有蹄目と分類されることもあったが、現在ではウマ目はウシ目よりもネコ目やコウモリ目により近いとする説が有力であり、ウシ類とウマ類が共に蹄をもつのは、平行進化によるものであることがわかっている。中新世以降次第に衰退していったウマ目に対し、ウシ目は次第に勢力を伸ばしていった。現在では、カバ、イノシシ、ラクダ、キリン、ヤギ、シカなどの仲間を含む大きなグループに発展し、有蹄動物全体の約90%を占めている。また、後述されるようにクジラ類をも内包することが明らかになりつつあり、非常に多様性に富んだ発展を遂げて、繁栄しているグループであることになる。ウシ目 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たヤギヤギ

    野生種よりも繁殖力が旺盛なヤギ、カイウサギ、イエネコ、イエイヌなどの家畜やペットが、世界中の原生的な自然環境に定着して深刻な影響を与えている。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • カブラ・ガレガ

    カブラ・ガレガから見たヤギヤギ

    カブラ・ガレガ(cabra gallega)は、スペイン・ガリシア州を起源とするヤギの品種。カブラ・ガレガ フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原諸島

    小笠原諸島から見たヤギヤギ

    小笠原諸島は生物地理区の区分上において、日本で唯一オセアニア区に属している。また、形成以来ずっと大陸から隔絶していたため、島の生物は独自の進化を遂げており、「東洋のガラパゴス」とも呼ばれるほど、貴重な動植物が多い。しかし、人間が持ち込んだ生物や島の開発などが原因でオガサワラオオコウモリやオガサワラノスリ、アカガシラカラスバト、ハハジマメグロなどの動物やムニンツツジ、ムニンノボタンといった植物など、いくつかの固有種は絶滅の危機に瀕している。周辺の海域では鯨やイルカが生息しており、それらを見るために島を訪れる人も多い。また陸上では、人間が持ち込み野生化したヤギも生息している。小笠原諸島 フレッシュアイペディアより)

840件中 31 - 40件表示

「ヤギ」のニューストピックワード