634件中 51 - 60件表示
  • ペルシン

    ペルシンから見たヤギヤギ

    ウシおよびヤギ:葉あるいは樹皮を摂取すると、乳腺炎を引き起こす。ペルシン フレッシュアイペディアより)

  • 綾部ふれあい牧場

    綾部ふれあい牧場から見たヤギヤギ

    ヤギ・ポニー・ロバ・ウサギ・ヒツジ・ブタなどが飼育されており、触れ合うことができる綾部ふれあい牧場 フレッシュアイペディアより)

  • キプシギス族

    キプシギス族から見たヤギヤギ

    ウシ・ヤギ・ヒツジなどを飼い、農耕を営む。トウモロコシを主食とする。キプシギス族 フレッシュアイペディアより)

  • ネマトジルス属

    ネマトジルス属から見たヤギヤギ

    ネマトジルス属(ネマトジルスぞく、学名:)とは、ヒツジ、ヤギ、ウシ、ラクダなどの小腸に寄生する線虫の1属。宿主への感染様式は経口感染であり、一般に他の線虫との混合感染が認められる。体長は では、♂8 - 15mm、♀12 - 20mm、細頸毛円虫 では♂7.5 - 15mm、♀19 - 21mm。ネマトジルス属 フレッシュアイペディアより)

  • リトルマスター〜虹色の魔石〜

    リトルマスター〜虹色の魔石〜から見た山羊ヤギ

    Drメエ:ライナーク城下で開業する医師。名前のとおり山羊であり、金髪少女の看護婦を助手にしている。リトルマスター〜虹色の魔石〜 フレッシュアイペディアより)

  • 上千葉砂原公園

    上千葉砂原公園から見たヤギヤギ

    自転車・ゴーカート・三輪車・豆自動車の遊具を無料の貸し出しを行っており、公園内を走行できる。そのほかの施設には、動物広場がある。展示されているのはリスザル、ミニブタ、ヤギ、モルモット、クジャク、小鳥など約13種、200匹の動物がある。またポニーに乗馬することができ、公園内を散歩できる。また、桜があり春には花見客で賑わう。遊具にはすべり台、砂場、ブランコをはじめ、メビウスの輪をモチーフにしたのもある。展示されているものではD51502がある。上千葉砂原公園 フレッシュアイペディアより)

  • 屈家嶺文化

    屈家嶺文化から見たヤギヤギ

    屈家嶺遺跡では稲を栽培した痕跡が発見されている。また動物ではニワトリやイヌ、ブタ、ヤギなどの遺留物が発見されている。また十か所ほどの貯蔵用の穴には魚が蓄えられていた跡があった。黄河流域の龍山文化とは出土する陶器に共通点もあり、墳墓の副葬品からは黒陶、特に器の厚さが非常に薄い卵殻陶が多く出土した。陶器の形状では、大渓文化で発見される圏足器(大きく高い脚部をもつ器)が多く見られるが、鼎もそれより多く発見される。また建材として、焼いた土の塊を多く使っており、後のレンガの発達をうかがわせる。屈家嶺文化 フレッシュアイペディアより)

  • チョチョ族

    チョチョ族から見たヤギヤギ

    家畜としてヤギ、ニワトリ、七面鳥を飼育している。チョチョ族 フレッシュアイペディアより)

  • 馬の家畜化

    馬の家畜化から見たヤギヤギ

    馬が家畜化されたと考えられる紀元前4000年という時期は、ヤギ・ブタ・ヒツジ(紀元前8000年頃に家畜化)や、ウシ(紀元前6000年頃に家畜化)に比べると遅い。これは、馬は主にステップ気候の寒冷な降雪地帯の草原に棲息しており、また、ウシ等の反芻動物に比べて消化能力や食性が低く太り難いため、食肉用の家畜としては不適格だったためである。ウクライナの草原地帯に進出した人類は紀元前5000年頃のドニエプル・ドネッツ文化期には既に他の地域から連れてきたウシやヒツジを家畜として飼育していたが、この地域は降雪地帯であり、降雪時に雪の下にある草を食べる習性のないこれらの動物は人の助けがなければ飢死してしまうため、家畜として飼養するのは難しかった。ところが、この地域に棲息している馬を見れば、蹄で雪をかきわけて草を食べている。そこで、人類は馬を家畜化する事を思いついたのである。馬の家畜化 フレッシュアイペディアより)

  • スワン諸島

    スワン諸島から見たヤギヤギ

    コロンブスにより1509年に発見され聖アンナの名に因んでイスラ・サンタ・アナ島(Islas Santa Ana)と命名するが、淡水が無かったため、島をすぐ去り、島の存在は忘れ去られた。1750年にコロンブスの部下だったのイスラス・デ・ラス・ポザスが島に到着するが、後にイギリスの海賊のスワン船長が到着し自分の名からスワン諸島と命名し以後、海賊の隠れ家と化した。1840年にケイマン諸島から2人のイギリス人が島に初入植を試みた。ケイマン諸島に戻る為、島の木を切って船を造ったがハリケーンに襲われ、失敗するが、1850年にケイマン諸島からサミュエル・パーソンズと言う人物がスワン諸島に訪れ、ヤギの放牧を始めた。(しかし、後に島を去った後、再びスワン諸島を訪れた時、ヤギは全てグアノ採取をしていた、アメリカの鉱夫達に食べられた。)1856年にアメリカはアメリカ議会でグアノ法を可決し領有を主張した。翌年にアメリカ人ジョン・バレンティン・ホワイトが島を発見したとアメリカ政府に宣言したためホワイトの私所有地と言う事でのアメリカの領土となった。島をグアノ会社に売却したホワイトはその後、調査により、豊かなグアノが埋蔵していたので、グアノの採掘を始めた。しかし、グアノを掘り尽くしてしまった。その後、転売して行き、無線中継地となったり、ココナッツ栽培などされたが、アメリカが測候所を建設。1920年にホンジュラスがスワン諸島の領有を主張したが、アメリカはそれを拒否し続けた。1960年にイギリスのジブラルタル汽船会社に買収され、スワン・ラジオと言う放送局を建設した。ホンジュラスから領有を迫られていたアメリカは1971年ついに島をホンジュラスへ譲渡した。現在も無線中継地として無線中継所があり、その関係者のスタッフが数人いる他、ココナッツ栽培をする住民1人とホンジュラス軍の守備隊が駐留している。1989年に自然保護区に指定されたが、アメリカの資本会社が観光地や租税回避地などにしようと島を所有しようとしている。スワン諸島 フレッシュアイペディアより)

634件中 51 - 60件表示

「ヤギ」のニューストピックワード

  • アメリカン・チャーチ

  • スイート・スイーツ・ブライダル

  • LOS ANGELES AUTO SHOW 2016(ロサンゼルス・オートショー)