840件中 51 - 60件表示
  • スパニッシュ・ウォーター・ドッグ

    スパニッシュ・ウォーター・ドッグから見た山羊ヤギ

    本種はさまざまな仕事をするのに使われた。牧羊犬としては羊や山羊などを誘導した。季節によってスペインの北と南を行き来し、放牧地を移動する際、一日に何kmもの距離を駆け、家畜をはぐれさせないように的確に放牧地へ移動させた。スパニッシュ・ウォーター・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • ブケデア県

    ブケデア県から見たヤギヤギ

    ブケデア県 (Bukedea District) はウガンダ東南部テソ地方南東部の県。2006年7月1日にクミ県から南東部のブケデア郡が分割され設置された。面積は1,049.34km?で、13.5km?は水域である。ブケデア郡にブケデアTCを含め6の副郡、73の教区が置かれている。2002年の国勢調査人口は 122,527 人、2007年の概算人口は 149,500 人。住民の95%はテソ族で、84%が農民でウシ、ヒツジ、ヤギ、家禽等の家畜も飼われている。知事に相当する第5地域議会 (LC5) 議長は国民抵抗運動 (NRM) のサム・エブカリム。北東にカラモジャ地方のナカピリピリ県、東にブギスのシロンコ県、南にムバレ県、南西にブケディのパリサ県と接する。南のムバレから西にかけてウガンダ鉄道の路線が通る。ブケデア県 フレッシュアイペディアより)

  • グアダルーペカラカラ

    グアダルーペカラカラから見たヤギヤギ

    1700年から島でヤギの放牧が始められると、子ヤギを襲う害鳥とされて(現生のカラカラの獲物には、子ヒツジや子ワニさえも含まれる。グアダルーペカラカラも実際に子ヤギを襲ったのかどうかは資料によって記述がわかれている)グアダルーペカラカラは毒や銃で駆除されるようになった。小さな島ではグアダルーペカラカラを脅かす動物はそれまで存在せず、警戒心の薄いグアダルーペカラカラはあっさり撃ち取られた。数が少なくなると博物館、鳥類学者、収集家などが標本を手に入れようとして奔走し、ますます減少に拍車がかかった(オオウミガラスやアメリカハシジロキツツキと同じパターンである)。1897年には、1羽100ドルの値が付けられた。1900年12月1日、11羽のグアダルーペカラカラの群れが鳥類学者によって発見され、9羽が標本用に撃ち落とされた。それ以降、グアダルーペカラカラを見たものは誰もおらず、1900年絶滅とされている。グアダルーペカラカラ フレッシュアイペディアより)

  • メタロチオネイン

    メタロチオネインから見たヤギヤギ

    メタロチオネイン-Iおよびメタロチオネイン-IIはほとんどの臓器で発現しているが、特に肝臓、腎臓、小腸およびすい臓で多く発現している。細胞内では細胞質および核に存在するが、細胞周期のSおよびG2期には核、G1期には細胞質に局在している。タンパク質の発現量は動物種により相違が見られる。ヒト、イヌ、ネコ、ブタおよびヤギの肝臓では、湿重量あたりおおよそ400〜700 ?gであるのに対し、サル、ウシ、ヒツジでは200 ?g、ウサギやネズミでは2〜10 ?gとばらつきが見られる。また、分子種間でも発現量に相違が見られ、ヒトでは一般にメタロチオネイン-IIの方がメタロチオネイン-Iよりも多く発現している。メタロチオネイン フレッシュアイペディアより)

  • チビート

    チビートから見たヤギヤギ

    チビート(スペイン語:)とはウルグアイとアルゼンチンの料理である。名称はスペイン語で「ヤギ」を意味する名詞「チーボ」(chivo)に縮小辞「-ito」がついたもので、「小さなヤギ」または「子ヤギ」を意味する。チビート フレッシュアイペディアより)

  • 亀戸駅

    亀戸駅から見たヤギヤギ

    1990年代の一時期、駅ホームと貨物線の間にある空き地でヤギが飼育されていた。。亀戸駅 フレッシュアイペディアより)

  • グアダループウミツバメ

    グアダループウミツバメから見たヤギヤギ

    人為的に移入されたネコによる捕食、ヤギによる生息地の破壊などにより生息数は減少した。グアダループウミツバメ フレッシュアイペディアより)

  • エントレブッハー・キャトル・ドッグ

    エントレブッハー・キャトル・ドッグから見た山羊ヤギ

    1800年代に作出された古い犬種だが、生い立ちははっきり分かっていない。小さく扱いやすい牧牛犬種を目指して作出され、ほかの3つの親せき犬種に比べ小型の犬種になったが、それらと同じ膨大な運動量を残したまま小型化された。もっぱら牧牛犬若しくは牧山羊犬(ゴート・ハーダー)として使われ、季節の変わり目にそれらを適地へと移動させるために誘導(ハーディング)を行ったり、肉牛や廃山羊(乳の出なくなった雌山羊)を市場や他地域へ売買するために移動させるのを手伝ったりしていた。ところが、作業の機械化が進むと仕事が減り、頭数も減少して一時絶滅の危機に陥った。エントレブッハー・キャトル・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • コロゴ

    コロゴから見た山羊ヤギ

    コロゴ(Korhogo)は、コートジボワール北部、サヴァヌ州の都市。人口174000人。コートジボワール北部ではブアケに次ぐ規模を持つ中心都市である。日本では綴りからコルホゴ、コルホーゴと記載される地図もあるが、現地ではコロゴと発音する。住人はセヌフォ人が主。綿、カポック、米、雑穀、落花生、山羊、羊等の集散地である。コロゴ フレッシュアイペディアより)

  • ゴンベ族

    ゴンベ族から見たヤギヤギ

    川で魚を捕え、ヤギ、ニワトリ、アヒルを飼う。ゴンベ族 フレッシュアイペディアより)

840件中 51 - 60件表示

「ヤギ」のニューストピックワード