634件中 61 - 70件表示
  • ルバ族

    ルバ族から見たヤギヤギ

    カサイ・ルバ、シャバ・ルバ、ヘンバ・ルバの3グループに大きく分類され、15世紀ごろにはルバ王国を建国したほか、1960年の独立以降も影響力の強い政治集団として存在感を示した。熱帯降雨林の縁辺に位置するサバンナ地帯にてモロコシ、ミレット、キャッサバなどを栽培する農耕民である。その他牧畜も盛んで、ヤギ、鶏、ヒツジなどを飼育する。ルバ族 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス・ドッグ

    ガラパゴス・ドッグから見たヤギヤギ

    野生化したイヌは、ウミガメ、リクイグアナ、ウミイグアナ、ガラパゴスペンギン等を捕食し、ガラパゴス諸島の希少な生物相に甚大な影響を及ぼした。そこで、1981年には、ガラパゴス国立公園サービスによりモノフルオロ酢酸ナトリウム(1080)を用いた駆除が開始され、野生化したイヌはほぼ根絶された。なお、ガラパゴス諸島での外来種根絶の取り組みは、イヌだけでなく、ロバ、ヤギ、ブタ、ネコ、ネズミに対しても行われている。ガラパゴス・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • リベザル

    リベザルから見た山羊ヤギ

    『地獄の辞典』では非常に個性的な姿で描かれている。禿げた頭に日本の天狗のような長い鼻をし、首のまわりには木葉が生えており、胴体は樽、右手は蟹のハサミ、左手は甲虫の足、右足は山羊、左足は鳥になっている。そして右手には二股のフォークを握っている。この絵により、リベザルが有名な悪魔になったのは想像に難くない。リベザル フレッシュアイペディアより)

  • マーシャル糸状虫

    マーシャル糸状虫から見たヤギヤギ

    マーシャル糸状虫(マーシャルしじょうちゅう、学名:Setaria marshalli)は、ヒツジ、ヤギ、ウシの腹腔に寄生する線虫の1種。体長は♂4.6-6.0cm、♀6.2-12.5cm、中間宿主はシナハマダラカ、オオクロヤブカ、トウゴウヤブカ。感染様式は胎盤感染が主。成虫は無害とされる。マーシャル糸状虫 フレッシュアイペディアより)

  • 草地

    草地から見た山羊ヤギ

    草地(くさち、そうち)は、おもに草など、木以外の植物が生えている土地。草原がもっぱら大規模なものを指すのに対して、草地は比較的狭い範囲のものにも用いる表現である。草地では、草を刈って干し草を作ることもあれば、牛、羊、山羊といった家畜を放牧して草を食べさせることもある。草地 フレッシュアイペディアより)

  • モンゴリアン・フォアアイド・ドッグ

    モンゴリアン・フォアアイド・ドッグから見た山羊ヤギ

    フォアアイドは特別なガードドッグとしてとりわけ大切にされてきた犬種だが、ゲルのメンバーを守るための忠犬として育てるため、主人家族の大便をエサとして食べさせるという変わった風習が行われている。もちろん毎食が人糞というわけではなく、通常は家畜である山羊などの骨や肉を分けてもらって食べている。モンゴリアン・フォアアイド・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • バスケット・メーカー文化

    バスケット・メーカー文化から見たヤギヤギ

    野生の植物食と言える草の実やアマランサスの実、ピノン(pinon)という松の一種がつける食用の実を採集するのが狩猟とともに重要であった。バスケット・メーカーII期の人々の生活の痕跡を示す遺跡は、農耕に適した土と水のある場所であるとともに狩猟採集が容易であることも考えた立地に点在している。バスケット・メーカーII期で典型的なのは、秋と冬に渓谷の水源となる泉の近くに大規模で中心的な移動性集落(「キャンプ」)を営み、ふだんの暖かい季節は、散在的に小さなキャンプを築く。また岩陰を貯蔵や死者の埋葬のほか居住の用に用いることもあった。食物の貯蔵は、堅い洞窟の床面を甕状にくりぬくかやわらかい土の堆積層に平石を積み重ねて漆喰で塗り固めて棺おけ状にするか、丸い巨石同士の空間を利用した。円形プランを持つ住居は西側は深く、東側は浅い構造に並べて散在的に築かれた。この時期の土器は、東部の一部を除いてほとんど見られない。後の文化につながるような灰色の土器ではなくモゴヨン文化の影響を受けた褐色の土器が見られる。食物の運搬には丈夫に編んだバッグやさまざまなまき方をして編んだバスケットを食用にする植物、木の実、草の種を採集するのに用いた。かごにはふるいに使う皿状のものや椀状のもの、食物を集めて運ぶための円錐状の「びく」などがあった。狩猟には、堅い木を柄にした槍を投槍器で飛ばして獲物を捕らえた。鋭く削られた棒やおおきなウサギ用の網などさまざまなわなを用いていた。主な獲物は、鹿、ヤギ、野うさぎであったと思われる。製粉具は、古期段階の粉挽き用の平石と丸石状のマノを使用していた。ときどき中核的な移動性集落の遺跡からメタテに似せて溝状のくぼみを持つ重いすり石が発見されることがある。家畜類については、犬は飼っていたが、七面鳥が遺跡から確認されるものの飼育していたかは不明である。バスケット・メーカーII期をA.D.50を境に前期と後期にわけ、後期には、浅めの竪穴住居跡や貯蔵穴が一般化して、シャーマニズムの儀式や岩絵などが描かれるようになった時期と位置づけることもある。バスケット・メーカー文化 フレッシュアイペディアより)

  • ポラーノの広場

    ポラーノの広場から見たヤギヤギ

    博物局員のキューストは、「5月のしまいの日曜日」に脱走したヤギを見つけてくれた少年のファゼーロから、最近ポラーノの広場が復活したという話を聞く。興味を持ったキューストは約10日後に羊飼いのミーロと三人でつめくさの灯をたどる探索をはじめるが、見つからない。あきらめかけていたが、さらに5日後、ファゼーロが、ついにポラーノの広場を見つけ出したというニュースを持ってきて騒然となる。ポラーノの広場 フレッシュアイペディアより)

  • 愛宕山公園 (出雲市)

    愛宕山公園 (出雲市)から見たヤギヤギ

    動物広場(ニホンジカ、ヤギ、ロバ、オオカンガルー、クジャク、シチメンチョウ、オオハクチョウ、ガチョウ、アヒル、カルガモ、アイガモ、ニワトリ、ウコッケイ、ハト、ウサギ)愛宕山公園 (出雲市) フレッシュアイペディアより)

  • ロデシア眼虫

    ロデシア眼虫から見たヤギヤギ

    ロデシア眼虫(ロデシアがんちゅう、学名:Thelazia rhodesi)は、ウシ、スイギュウ、ヒツジ、ヤギの結膜嚢、瞬膜下、ときに類菅や眼球内に寄生する線虫の一種。体長は♂8-12mm、♀12-21mm、中間宿主はイエバエ類、プレパテント・ピリオドは20-25日である。ロデシア眼虫は流涙、結膜の充血、腫脹、角膜混濁などの原因となることがある。ロデシア眼虫 フレッシュアイペディアより)

634件中 61 - 70件表示

「ヤギ」のニューストピックワード

  • アメリカン・チャーチ

  • スイート・スイーツ・ブライダル

  • LOS ANGELES AUTO SHOW 2016(ロサンゼルス・オートショー)