840件中 71 - 80件表示
  • フィアンセはモンスター!?

    フィアンセはモンスター!?から見たヤギヤギ

    ラウトの執事。ヤギの形をしたモンスター。フィアンセはモンスター!? フレッシュアイペディアより)

  • インパール作戦

    インパール作戦から見たヤギヤギ

    牟田口が補給不足打開として考案した、牛・山羊・羊・水牛に荷物を積んだ「駄牛中隊」を編成して共に行軍させ、必要に応じて糧食に転用しようと言ういわゆる「ジンギスカン作戦」は、頼みの家畜の半数がチンドウィン川渡河時に流されて水死、さらに行く手を阻むジャングルや急峻な地形により兵士が食べる前にさらに脱落し、たちまち破綻した。また3万頭の家畜を引き連れ徒歩で行軍する日本軍は、進撃途上では空からの格好の標的であり、爆撃に晒された家畜は荷物を持ったまま散り散りに逃げ惑ったため、多くの補給物資が散逸した。さらに、急峻な地形は重砲などの運搬を困難にし、糧食・弾薬共に欠乏し、火力不足が深刻化、各師団とも前線に展開したころには戦闘力を大きく消耗する結果を招いた。インパール作戦 フレッシュアイペディアより)

  • インパール作戦

    インパール作戦から見た山羊ヤギ

    羊、山羊等を食用に交付 - 第15師団だけで約10000頭インパール作戦 フレッシュアイペディアより)

  • ヤストルフ文化

    ヤストルフ文化から見たヤギヤギ

    混合農業が主な生業で、地域によって小麦栽培が廃れて大麦栽培に取って代わられている。オーツ麦も広く栽培されているが、食用なのか家畜飼料用なのかは不明。雑穀や亜麻の栽培も主な作物。ライ麦の栽培は定かではない。家畜は牛が主で、その他は豚、羊、ヤギ、犬、馬。狩猟も盛んで、アカシカ、オーロックス、イノシシ、ビーバーを主な獲物としていた。発見されている遺跡の大半は墓地で、 青銅製の装飾品などの副葬品が見られる。埋葬には骨壺を用いるが、火葬した遺骨をそのまま埋葬したものもある。日用品や装飾品、および墓の形式などから判断するに、ヤストルフ文化は基本的に同じ地方の青銅器文化から直接発展したものであり、さらに隣接するハルシュタット文化の影響も強く受けている。のちに南部ではラ・テーヌ文化の影響も受けた。このことはゲルマン語派ともケルト語派ともいわれる系統不明の部族連合で、紀元前後より記録に登場するスエビ族の成立と関わりがあると推測される。スエビ族の当初の版図はだいたいこの地域であった。さらには、東方より進出してきたプシェヴォルスク文化の影響をも受けている。ヤストルフ文化 フレッシュアイペディアより)

  • ワプティク連山

    ワプティク連山から見たヤギヤギ

    ワプティク連山は、カナダのアルバータ州とブリティッシュコロンビア州との州境付近に存在する。この「ワプティク」という名称は、で「白いヤギ」という意味。また、この連山を「ワプティク連山」と命名したのは、Geological Survey of Canadaに所属していたジョージ・マーサー・ドーソン(George Mercer Dawson)という人物であるワプティク連山 フレッシュアイペディアより)

  • ブエル

    ブエルから見たヤギヤギ

    『ゴエティア』では(人馬宮のシンボル)の姿で現れるとされるが、コラン・ド・プランシーは『地獄の辞典』においてブエルの姿を「星か車輪のような五本の脚を持ち、自ら転がりつつ前進する」と紹介している。『地獄の辞典』第6版以降のM・L・ブルトンによる挿絵では、ライオンの頭と5本のヤギの足を体の周りに持つ姿で描かれており、今ではその姿の方が有名である。また、ヒトデの姿をした悪魔という説もある。『悪魔の偽王国』ではアスタリスクの姿とされる。ブエル フレッシュアイペディアより)

  • 綾部ふれあい牧場

    綾部ふれあい牧場から見たヤギヤギ

    ミニ家畜舎: ヤギ・亀・ヒツジ・ミニブタなどが飼育されている綾部ふれあい牧場 フレッシュアイペディアより)

  • 悪露

    悪露から見たヤギヤギ

    悪露(おろ、lochia)とは分娩後の産褥時に子宮から排出される分泌物の総称。主として子宮粘膜の分泌液、血液、胎膜および胎盤組織の変性分解物からなり、赤褐色からチョコレート色を示すが、次第に色調は透明硝子様になる。ウシでは分娩48時間の子宮内の悪露は1,400~1,600mlあり、8日までに500mlに減少し、約2週間で消失する。ウマ、ブタ、ヒツジ、ヤギでは極めて少なく、1週間以内には排出しなくなる。イヌでは暗緑色で多量であるが、やがて透明になり、6~10日後には消失する。子宮の修復が遅れると悪露が停滞し、種々の細菌感染を招き、子宮内膜炎の原因となることがある。悪露 フレッシュアイペディアより)

  • アラロサウルス

    アラロサウルスから見たヤギヤギ

    目の前の鼻骨の隆起はハドロサウルス類に一般的な特徴である。この隆起は現在のヒツジやヤギでよく見られるように、雄同士で頭をぶつけ合う武器として使われた可能性がある。アラロサウルス フレッシュアイペディアより)

  • オマーン料理

    オマーン料理から見たヤギヤギ

    シューワ(Shuwa)は祭りなどの特別な行事の時のみ食される肉料理である。牛もしくはヤギを地面を掘って作られた特製のオーブンで一頭ごとローストして作られる。通常この料理をつくる際は村全体総出で行うなど大人数による共同作業となる。肉は様々な香辛料で味付けされた後、オーブン付近に置くことで乾燥させた葉に包んで供される。オマーン料理 フレッシュアイペディアより)

840件中 71 - 80件表示

「ヤギ」のニューストピックワード