840件中 81 - 90件表示
  • 3-メチル-2-ヘキセン酸

    3-メチル-2-ヘキセン酸から見たヤギヤギ

    TMHAは、白人およびアジア人のアポクリン腺より分泌される汗に含まれ、腋臭症の原因物質となる。ヘキサン酸の別名であるカプロン酸の語源がヤギからきていることが示すように、ヘキサン酸はヤギの体臭様の臭気を持つ。白人男性の腋の下より生じるTMHAは顕著な匂いを持つ。3-メチル-2-ヘキセン酸 フレッシュアイペディアより)

  • 上岡観音

    上岡観音から見たヤギヤギ

    馬頭牧場にはかつてサラブレッド、ポニーなどの馬のほか、ヤギ、ウサギ、ニワトリ、ウコッケイといった家畜だけでなく、クジャク、キンシチョウ、セキセイインコなどもいた。上岡観音 フレッシュアイペディアより)

  • キクラデス諸島

    キクラデス諸島から見た山羊ヤギ

    エーゲ海西部には、紀元前4000年より前に、アナトリアとギリシャ本土の影響が混合した独特の新石器文化が生まれた。この文化はや野生種の大麦、羊や山羊や豚、そしてマグロ(小さなボートからの突き刺し漁が行われたことは明らかである)に支えられていた。ケア島にあるサリアゴス(Saliagos)やケファラ(Kephala)の採掘遺跡からは、銅細工が行われた形跡も得られている。キクラデス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ソンガイ族

    ソンガイ族から見たヤギヤギ

    ミレット、稲、麦、コーラなどの栽培のほか、牛、羊、ヤギ、ラクダ、ロバなどの飼育を行い、生活の基礎としている。そのほかニジェール川での漁撈も盛んである。ソンガイ族 フレッシュアイペディアより)

  • 抗血清

    抗血清から見たヤギヤギ

    ウサギやヤギに対して免疫して作ることが多い。作られた抗体はウェスタンブロッティングや免疫染色などで、抗原の検出に用いられる。主に血清として回収されるため、抗血清とほぼ同義である。モノクローナル抗体と対比される概念で、複数の抗体産生細胞に由来する抗体群を表す言葉として、モノクローナル抗体の発明の後に広まった。抗原は一般に複数のエピトープを含むため、病原体の感染などにより自然の状態で生体に誘導される抗体は、すべてポリクローナル抗体である。複数の部位を認識するため、免疫沈降法においてはモノクローナル抗体よりも適しているが、非特異的吸着も起こりやすい。抗血清 フレッシュアイペディアより)

  • ヌバ族

    ヌバ族から見たヤギヤギ

    シコクビエ、モロコシ、トウモロコシ、ゴマ、オクラ、メロン、ヒョウタン、ワタ、タバコなどを栽培する農耕民族で、牛、ヤギ、羊、鶏、馬、ロバ、豚などの畜産も盛んである。父系クランと母系クランが混在しており、相続に関する規定は特にない。ヌバ族 フレッシュアイペディアより)

  • ティブ族

    ティブ族から見たヤギヤギ

    農業に従事し、ヤムイモ、シコクビエ、モロコシなどの作物を生産する。ヤム畑とシコクビエ畑の輪作を行っている。その他畜産業としてはヤギやヒツジ、イヌ、鶏などを食用に飼育する。小規模な定期市を開き、物々交換を行って生活設計を立てる。ティブ族 フレッシュアイペディアより)

  • チョチョ族

    チョチョ族から見たヤギヤギ

    家畜としてヤギ、ニワトリ、七面鳥を飼育している。チョチョ族 フレッシュアイペディアより)

  • ヒルギダマシ

    ヒルギダマシから見たヤギヤギ

    また、ヤギの飼料としての価値も検討されている、利用価値の高い植物である。ヒルギダマシ フレッシュアイペディアより)

  • エイクスュルニル

    エイクスュルニルから見たヤギヤギ

    すなわち、エイクスュルニルはヴァルハラにおり、レーラズ(:en:Læraðr)という樹の枝から葉や若芽をむしっては食べている。同様に山羊のヘイズルーンもレーラズの葉や若芽を食べている。エイクスュルニルの枝角からは大量の滴が滴り、下方のフヴェルゲルミルに流れ込んでいるとされる。エイクスュルニル フレッシュアイペディアより)

840件中 81 - 90件表示

「ヤギ」のニューストピックワード