237件中 101 - 110件表示
  • ヤギ

    ヤギから見た瀬戸内町

    沖縄のヤギ汁は馴れない者は受けつけないほどの強烈な臭みがあり、臭み消しに大量のヨモギ(ふーちばー)等を入れるが、徳之島や喜界島の島ヤギは臭みが少なく、臭み消しを大量に使う必要がないといわれる。なお、奄美大島の北部や徳之島では現在ヤギと呼び、喜界島ではヤジーと呼ぶが、江戸時代にはヒンジャ、ヒンザなどと呼ばれており、奄美大島南部の瀬戸内町を中心にまだこの呼び方が残っている。ヤギ フレッシュアイペディアより)

  • ヤギ

    ヤギから見た喜界島

    日本においては、南西諸島以外ではあまり馴染みがないが、沖縄県ではヤギは沖縄本島等でヒージャー、宮古島でピンザ、多良間島でピンダと呼ばれ、郷土料理である沖縄料理に一般的に用いられ、汁物(山羊汁)や刺身(山羊刺し)として食べられる。特に睾丸の刺身は珍重される。沖縄と同様に鹿児島県の奄美料理(奄美群島の奄美大島、徳之島、喜界島など。)やトカラ列島などでも年越しや祝いの席の御馳走として振る舞われる。喜界島には、ヤギ肉を血液、野菜ともに炒める「からじゅうり(唐料理)」という炒め物がある。ヤギ フレッシュアイペディアより)

  • ヤギ

    ヤギから見たミツマタ

    例外的に、コウゾ・ミツマタなどの植物だけを原料とする、伝統的な和紙であれば、ヤギが食べても特に問題はないと思われる。しかし、現代の日常場面で、このような和紙が登場することはまれで、和紙に似せた風合いの合成繊維の紙さえあるため、やはり紙を与えるのは避けるべきである。ヤギ フレッシュアイペディアより)

  • ヤギ

    ヤギから見た新約聖書

    新約聖書(マタイによる福音書)では、(特に「羊=良きものの象徴」との対比で)ヤギを「悪しきものの象徴」として扱うくだりがある。ヨーロッパのキリスト教文化においては、ヤギには悪魔の象徴としてのイメージが強いが、これは、ギリシャ神話のパンやエジプト神話のアモンのような山羊神、あるいは、祭司が角のついた仮面をかぶって獣の扮装をして踊り、豊穣な獲物を願うような素朴なシャーマン信仰における森林神等、キリスト教の公教化とともに駆逐された先行宗教の、邪神化された“異教”神たちのイメージから来たものであろう。ここからやがて、バフォメットのようなヤギ頭の悪魔が考え出され、悪魔崇拝者が好んでヤギの仮面をかぶったりする。また、中世では、悪魔の化身としてのヤギに乗って空を飛ぶ魔女の版画などもある。ヤギ フレッシュアイペディアより)

  • ヤギ

    ヤギから見たヤングアダルト

    現代的表現の例としては、アメリカのヤングアダルト小説の旗手であるブロック・コール『ヤギ・ゲーム』(邦訳 徳間書店、中川千尋 訳)が挙げられる。ヤギ フレッシュアイペディアより)

  • ヤギ

    ヤギから見た北アフリカ

    北アフリカ西部原産小型のヤギ。最初にヨーロッパに持ち込まれ、次いでアメリカに渡りミルクの搾れるペット山羊として人気があり、この地でピグミーゴートと呼ばれだしたと考えられる。愛好会による品評会が盛んなためか、インナーブリードによると思われる特異な個体(反転スイスマーク個体、体の前と後ろで色が異なる個体)が散見され、同時に交雑が進んでいる。ヤギ フレッシュアイペディアより)

  • ヤギ

    ヤギから見た中近東

    中国、モンゴル等、東アジアの乾燥地帯では、ヒツジよりも利益率の高いカシミア種のヤギの飼育数が増え、砂漠化が進む一因ともなっている。また、中近東などでの砂漠の拡大にも、ヤギが影響していると考えられている。ヤギ フレッシュアイペディアより)

  • ヤギ

    ヤギから見た新疆ウイグル自治区

    中国の新疆ウイグル自治区や内モンゴル自治区、モンゴル国で飼育されている。産毛はカシミアウールとしてニット製品に用いられている。ヤギ フレッシュアイペディアより)

  • ヤギ

    ヤギから見た風車小屋だより

    風車小屋だより(Lettres de mon moulin)』所収『スガンさんのヤギ(La Chèvre de Monsieur Seguin)』(作:アルフォンス・ドーデ(Alphonse Daudet)ヤギ フレッシュアイペディアより)

  • ヤギ

    ヤギから見た羊皮紙

    宗教上ウシやブタを利用しない文化においても、重要な家畜とされる。子ヤギ(キッド)の革は脂肪分が少なく、現代でも靴や手袋を作るのに用いられるが、西洋では12世紀以降、4-6週の子ヤギの革が、羊皮紙の原料としてヒツジ革と競合した。ヤギ フレッシュアイペディアより)

237件中 101 - 110件表示

「ヤギ」のニューストピックワード