前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • 2011年のワールドシリーズ

    2011年のワールドシリーズから見たヤディアー・モリーナヤディアー・モリーナ

    7月12日にアリゾナ州フェニックスのチェイス・フィールドで開催されたオールスターゲームは、ナショナルリーグがアメリカンリーグに5?1で勝利した。この結果、ワールドシリーズの第1・2・6・7戦を本拠地で開催できる "ホームフィールド・アドバンテージ" は、ナショナルリーグ優勝チームに与えられることになった。このオールスターには、レンジャーズからはアレクシー・オガンドとC.J.ウィルソンの投手ふたりに、野手がエイドリアン・ベルトレとジョシュ・ハミルトン、そしてマイケル・ヤングの3人と、計5選手が選出された。また前年のリーグ優勝監督がオールスターで指揮を執るため、アメリカンリーグの監督はロン・ワシントンが務めている。カージナルスからは投手は選出されず、ランス・バークマンとマット・ホリデイ、そしてヤディアー・モリーナの野手3人が名を連ねた。試合では、レンジャーズの投手とカージナルスの打者の対戦はなかった。2011年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のワールドシリーズ

    2013年のワールドシリーズから見たヤディアー・モリーナヤディアー・モリーナ

    7月16日にニューヨーク州ニューヨークのシティ・フィールドで開催されたオールスターゲームは、アメリカンリーグがナショナルリーグに3?0で勝利した。この結果、ワールドシリーズの第1・2・6・7戦を本拠地で開催できる "ホームフィールド・アドバンテージ" は、アメリカンリーグ優勝チームに与えられることになった。このオールスターには、カージナルスからはカルロス・ベルトラン、ヤディアー・モリーナ、マット・カーペンター、アレン・クレイグの野手4人と投手のアダム・ウェインライトがまず選出された。その後、ウェインライトがオールスターでの登板を辞退したため、同じカージナルスから代役投手としてエドワード・ムヒカが入った。レッドソックスからはデビッド・オルティーズとダスティン・ペドロイアの野手2人、そして投手のクレイ・バックホルツが名を連ねている。試合では、お互いのチームの選手どうしの対戦はなかった。2013年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ベンジー・モリーナ

    ベンジー・モリーナから見たヤディアー・モリーナヤディアー・モリーナ

    2人の弟、ホセ・モリーナ(次男)はタンパベイ・レイズなどで捕手、ヤディアー・モリーナ(三男)はセントルイス・カージナルスの捕手と、モリーナ3兄弟ともメジャーリーグで捕手を務めている。ヤディアー・モリーナも参照。ベンジー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・モリーナ

    ホセ・モリーナから見たヤディアー・モリーナヤディアー・モリーナ

    兄のベンジー・モリーナ、弟のヤディアー・モリーナ(セントルイス・カージナルス)はそれぞれメジャーリーグの捕手である。3兄弟全員がチャンピオンリングを手にしている。ヤディアー・モリーナも参照。ホセ・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のMLBオールスターゲーム

    2009年のMLBオールスターゲームから見たヤディアー・モリーナヤディアー・モリーナ

    先発投手は、ナショナルリーグがティム・リンスカム、アメリカンリーグがロイ・ハラデイ。初回アメリカンリーグが2点を挙げ先制。2回にナショナルリーグがヤディアー・モリーナの安打とプリンス・フィルダーの二塁打で3点を挙げ、逆転。その後、アメリカンリーグが5回にジョー・マウアーの二塁打で同点に追いつき、8回にカーティス・グランダーソンが三塁打を放ち、アダム・ジョーンズの犠牲フライで逆転。9回にマリアノ・リベラが打者3人を抑え、オールスター通算4セーブ目を記録。デニス・エカーズリーのオールスター通算セーブ記録を更新、アメリカンリーグが勝利を収めた。2009年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のナショナルリーグワイルドカードゲーム

    2012年のナショナルリーグワイルドカードゲームから見たヤディアー・モリーナヤディアー・モリーナ

    カージナルスは前年のワールドシリーズ優勝後に監督のトニー・ラルーサが勇退し、新監督にマイク・マシーニーを据えて2012年に臨んだ。当初はピッツバーグ・パイレーツやシンシナティ・レッズと三つ巴の優勝争いを繰り広げ、前半戦を終えた段階では首位パイレーツから2.5ゲーム差の3位につけた。後半戦にパイレーツが失速すると2位に浮上したが、首位レッズとのゲーム差が10前後まで広がったため、西地区のロサンゼルス・ドジャースらと第2ワイルドカードをかけて競った。争いはシーズン終盤までもつれ、10月2日に第2ワイルドカードの座を確保した。打線では捕手のヤディアー・モリーナをはじめ、前年のポストシーズンでも活躍したデビッド・フリースやアレン・クレイグら5人が本塁打を20本以上放ち、投手陣もカイル・ローシュら4人が13勝以上を挙げるなど厚い陣容を有していた。1試合平均得点は4.72でリーグ2位、防御率は3.71で同6位。2012年のナショナルリーグワイルドカードゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のメジャーリーグベースボール

    2017年のメジャーリーグベースボールから見たヤディアー・モリーナヤディアー・モリーナ

    セントルイス・カージナルスはヤディアー・モリーナと2020年までの3年総額6000万ドルで契約延長。2017年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • モリーナ

    モリーナから見たヤディアー・モリーナヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナ - プエルトリコ出身の野球選手。モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ジェラルド・レアード

    ジェラルド・レアードから見たヤディアー・モリーナヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナのバックアップを務めた。チームはワイルドカードから勝ち上がり、ワールドシリーズを制覇したが、レアードはプレーオフでは4試合に途中出場しただけ(打席に立ったのは1度のみ)だった。ジェラルド・レアード フレッシュアイペディアより)

  • A.J.ピアジンスキー

    A.J.ピアジンスキーから見たヤディアー・モリーナヤディアー・モリーナ

    2014年7月26日にセントルイス・カージナルスと契約した。移籍後は正捕手のヤディアー・モリーナが故障で離脱していたため、先発起用された。8月29日にモリーナが復帰したため、9月からバックアップとしてプレーした。チームはディビジョンシリーズへ進出したが、2番手捕手はトニー・クルーズが務めることになり、ロースター入りを逃したが、リーグチャンピオンシップシリーズ前にモリーナが故障で離脱したため、代役としてロースター入りした。シリーズでは2試合に出場したが、6打数1安打と結果を残せず、1勝3敗で迎えた第5戦はクルーズが先発起用された。オフの10月30日にFAとなった。A.J.ピアジンスキー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示