前へ 1 2 3 4 5 6
53件中 1 - 10件表示
  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見たホルヘ・ポサダ

    プエルトリコ出身の野球選手ではモリーナ3兄弟のほかにも、イバン・ロドリゲスやホルヘ・ポサダなどMLBで実績を残したスター捕手が数多くいる。守備位置が重なる選手が多いながらも、国際大会ワールド・ベースボール・クラシックでヤディアーは、これまで開催された2大会ともプエルトリコ代表に招集されている。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見たイバン・ロドリゲス

    プエルトリコ出身の野球選手ではモリーナ3兄弟のほかにも、イバン・ロドリゲスやホルヘ・ポサダなどMLBで実績を残したスター捕手が数多くいる。守備位置が重なる選手が多いながらも、国際大会ワールド・ベースボール・クラシックでヤディアーは、これまで開催された2大会ともプエルトリコ代表に招集されている。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見たホセ・モリーナ

    長兄ベンジーと次兄ホセも同じくMLBで捕手をしており、"モリーナ3兄弟" として知られる。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見たゴールドグラブ賞

    既に守備面で評価が高かったヤディアーは2008年の目標をゴールドグラブ賞初受賞に定め、オフの間に体重を10-15 lb(約4.5-6.8 kg)絞ってスプリングトレーニングに合流。シーズンで成績を伸ばしたのは守備ではなく打撃だった。初めてシーズン100安打を達成し、打率やOPSなどで前年の自己最高をさらに上回る成績を残した。本人によれば「インパクトの瞬間までしっかりボールを見ることを常に心がけている。基本中の基本と言われるだろうが、自分はそれができていなかった」。一方の守備では、失策数が初の2桁となる10を記録、盗塁阻止率も34.6%とこれまでと比べると低い数字に。それでも捕逸数は2005年以降の自己最少となる5個にとどめ、盗塁阻止率もリーグ順位では2位タイだった。そしてシーズン終了後、目標だったゴールドグラブ賞を受賞した。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見たトニー・ラルーサ

    レギュラー1年目のは、7月8日のダイヤモンドバックス戦で8回にクラウディオ・バルガスから死球を受け、左手の骨折により故障者リスト入り。このため約40日にわたって戦線離脱したものの、114試合に出場し、盗塁阻止率64.1%と強肩を存分に披露した。はレギュラーシーズンでの打撃成績が前年より下降したが、ポストシーズンでは16試合で53打数19安打・打率.368・2本塁打・8打点と一転して好成績を記録し、カージナルスのワールドシリーズ優勝に貢献。は左手首の骨折や右膝の手術によって出場試合数は減少したものの、打撃では自己最高の打率・OPSを記録。盗塁阻止率は54.0%だった。1月、カージナルスはヤディアーと4年1,550万ドルで契約を延長。監督のトニー・ラルーサは「長期契約には何のリスクもない」とヤディアーを高く評価した。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見たベンジー・モリーナ

    長兄ベンジーと次兄ホセも同じくMLBで捕手をしており、"モリーナ3兄弟" として知られる。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見たアダム・ウェインライト

    守備面、特に肩の強さで評価が高い。通算盗塁阻止率は2009年終了時点で46.4%を記録しており、2007年にはカージナルス公式ウェブサイトがヤディアーの強肩を "Rocket launcher"(ロケットランチャー)と称した。チームメイトのアダム・ウェインライトは「彼がマスクをかぶっていれば、走者に気を使う必要がない。打者にさえ集中していればいいんだ」とコメントしている。ビル・ジェームズやジョン・デュワンなどの記録統計アナリストら10人によって選出される "フィールディング・バイブル・アワード" を、ヤディアーは2007年から2010年まで4年連続で受賞している。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見たホセ・クルーズ

    にヤディアーがデビューしたことで、先にデビューしていた2人の兄とともに、3兄弟が同時期にメジャーでプレイすることとなった。これは "クルーズ3兄弟"(ホセ、トミー、ヘクター)がに揃ってメジャーでプレイして以来のことだった。また、兄2人が所属していたロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムは2002年に、ヤディアーの所属するカージナルスは2006年に、それぞれワールドシリーズを制覇したため、3兄弟全員がチャンピオンリングを所有している。これはMLB史上初である。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見たサンディー・アロマー・ジュニア

    ベンジャミンは捕手ではなかったが、3兄弟は全員が捕手になった。ヤディアーは兄2人が捕手になったきっかけを知らないが、自身も15歳のときに初めて捕手をしてみて「すごく大事な場所だし、すべてのプレーのキーになるし、リーダーになるし、絶対このポジションでプレーするんだって思った」という。当時の憧れの選手は、自身と同じプエルトリコ出身の捕手サンディー・アロマー・ジュニアだった。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見たマイク・マシーニー

    マイナーリーグ時代から、ヤディアーの捕手としての潜在能力は兄2人を凌ぐと言われていた。6月3日にメジャーデビューを果たし、この年51試合に出場。盗塁阻止率(47.1%)や捕手防御率(3.64)などで正捕手マイク・マシーニーの残した数字(29.6%、3.84)を上回った。ヤディアーの才能を高く評価したカージナルスは、シーズン終了後にFAとなった正捕手のマシーニーとの契約を見送り、ヤディアーのためにポジションを空けている。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
53件中 1 - 10件表示

「ヤディアー・モリーナ」のニューストピックワード