72件中 31 - 40件表示
  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見た2006年のワールドシリーズ

    開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のプエルトリコ代表に選出された。同大会では2次リーグまでの全6試合が地元プエルトリコのヒラム・ビソーン・スタジアムで行われ、ヤディアーは4試合に出場。イバン・ロドリゲスがチームの正捕手となったため先発出場はなかったが、5打数3安打1打点を記録した。シーズンでは打撃成績が前年より下降したが、ポストシーズンでは16試合で53打数19安打・打率.368・2本塁打・8打点と好成績を記録し、カージナルスのワールドシリーズ優勝に貢献。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見た2017 ワールド・ベースボール・クラシック

    はキャリアハイの147試合に出場し好調を維持。3年ぶりの3割超えとなる打率.307・8本塁打・58打点・3盗塁、リーグ9位タイとなる38二塁打を記録した。守備面では、146試合でマスクを被り、2失策・守備率.998だったが、盗塁阻止率が21%に留まった。シーズンオフのゴールドグラブ賞投票では、バスター・ポージーに賞をさらわれて、9シーズンぶりに受賞はならなかった。オフの12月5日に第4回WBCのプエルトリコ代表に選出され、4大会連続4度目の選出を果たした。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見た失策

    1月にカージナルスと4年1,550万ドルで契約を延長。監督のトニー・ラルーサは「長期契約には何のリスクもない」とヤディアーを高く評価した。同年の目標をゴールドグラブ賞初受賞に定め、オフの間に体重を10-15 lb (約4.5-6.8 kg) 絞ってスプリングトレーニングに合流。シーズンで成績を伸ばしたのは守備ではなく打撃だった。初めてシーズン100安打を達成し、打率やOPSなどで前年の自己最高をさらに上回る成績を残した。本人によれば「インパクトの瞬間までしっかりボールを見ることを常に心がけている。基本中の基本と言われるだろうが、自分はそれができていなかった」。守備では、失策数が初の2桁となる10を記録、盗塁阻止率も34.6%だったが、捕逸数は2005年以降の自己最少となる5個にとどめ、盗塁阻止率もリーグ順位では2位タイだった。そしてゴールドグラブ賞を受賞した。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見たMLBオールスターゲーム

    からまで8年連続ゴールドグラブ賞受賞、から7年連続オール・スター選出、ワールドチャンピオン2度 (、) の経歴をもつ。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見たプエルトリコ

    ヤディアー・ベンジャミン・モリーナ・ルシアーノ(Yadier Benjamin Molina Luciano, 1982年7月13日 - )は、プエルトリコのバヤモン出身のプロ野球選手(捕手)。右投右打。MLB・セントルイス・カージナルスに所属。愛称はヤディ。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見た打率

    開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のプエルトリコ代表に選出された。同大会では2次リーグまでの全6試合が地元プエルトリコのヒラム・ビソーン・スタジアムで行われ、ヤディアーは4試合に出場。イバン・ロドリゲスがチームの正捕手となったため先発出場はなかったが、5打数3安打1打点を記録した。シーズンでは打撃成績が前年より下降したが、ポストシーズンでは16試合で53打数19安打・打率.368・2本塁打・8打点と好成績を記録し、カージナルスのワールドシリーズ優勝に貢献。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見た野球

    1982年7月13日、プエルトリコのバヤモンに出生。父ベンジャミンはプエルトリコのアマチュア野球リーグで強打の選手として活躍しており、プロからのオファーもあったという。しかしベンジャミンは、息子のベンジーが9歳のときに現役を引退し、息子達に野球を教える道を選ぶ。安定した生活を求めていたベンジャミンは引退後、毎朝6時に工場へ出勤。ヤディアーによると、ベンジャミンは毎日午後3時55分に帰宅し、10分後には野球の準備を整えていた。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見た守備率

    9月20日のシカゴ・カブス戦で、本塁に突入してきたアンソニー・リゾにタッチしたときに左手親指の靭帯を部分断裂し、以後レギュラーシーズン閉幕まで欠場した。しかしながら、136試合に出場して2年ぶりに規定打席に到達し、打率.270・4本塁打・61打点という成績を記録。本塁打は3年連続で減少したが、4シーズンぶりの三塁打を記録。守備面では、134試合で7失策・守備率.994・盗塁阻止率41%をマークし、8年連続でゴールドグラブ賞を受賞。プレーオフでは10月12日のディビジョンシリーズの第3戦で再び左手親指を負傷し、第4戦以降を欠場した。オフの10月15日に左手親指の手術を受けた。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見た2009 ワールド・ベースボール・クラシック・ベネズエラ代表

    開幕前の3月に開催された第2回WBCのプエルトリコ代表に選出され、2大会連続2度目の選出を果たした。同大会では3月9日のオランダ戦と16日のベネズエラ戦の2試合に先発出場。打撃では6打数1安打と振るわなかったが、守備では2試合18イニングで3失点と投手陣をリードした。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見た本塁打

    開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のプエルトリコ代表に選出された。同大会では2次リーグまでの全6試合が地元プエルトリコのヒラム・ビソーン・スタジアムで行われ、ヤディアーは4試合に出場。イバン・ロドリゲスがチームの正捕手となったため先発出場はなかったが、5打数3安打1打点を記録した。シーズンでは打撃成績が前年より下降したが、ポストシーズンでは16試合で53打数19安打・打率.368・2本塁打・8打点と好成績を記録し、カージナルスのワールドシリーズ優勝に貢献。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

72件中 31 - 40件表示