53件中 31 - 40件表示
  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見たポストシーズン

    レギュラー1年目のは、7月8日のダイヤモンドバックス戦で8回にクラウディオ・バルガスから死球を受け、左手の骨折により故障者リスト入り。このため約40日にわたって戦線離脱したものの、114試合に出場し、盗塁阻止率64.1%と強肩を存分に披露した。はレギュラーシーズンでの打撃成績が前年より下降したが、ポストシーズンでは16試合で53打数19安打・打率.368・2本塁打・8打点と一転して好成績を記録し、カージナルスのワールドシリーズ優勝に貢献。は左手首の骨折や右膝の手術によって出場試合数は減少したものの、打撃では自己最高の打率・OPSを記録。盗塁阻止率は54.0%だった。1月、カージナルスはヤディアーと4年1,550万ドルで契約を延長。監督のトニー・ラルーサは「長期契約には何のリスクもない」とヤディアーを高く評価した。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見たMLBオールスターゲーム

    オールスターゲーム選出:4回(2009年 - 2012年)ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見たヒラム・ビソーン・スタジアム

    2006年春の第1回大会では、2次リーグまでの全6試合が地元プエルトリコのヒラム・ビソーン・スタジアムで行われ、ヤディアーは4試合に出場。ロドリゲスがチームの正捕手となったため先発出場はなかったが、5打数3安打1打点を記録した。2009年春の第2回大会では、3月9日・オランダ戦と16日・ベネズエラ戦の2試合に先発出場。打撃では6打数1安打と振るわなかったが、守備では2試合18イニングで3失点と投手陣をリードした。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見た捕逸

    既に守備面で評価が高かったヤディアーは2008年の目標をゴールドグラブ賞初受賞に定め、オフの間に体重を10-15 lb(約4.5-6.8 kg)絞ってスプリングトレーニングに合流。シーズンで成績を伸ばしたのは守備ではなく打撃だった。初めてシーズン100安打を達成し、打率やOPSなどで前年の自己最高をさらに上回る成績を残した。本人によれば「インパクトの瞬間までしっかりボールを見ることを常に心がけている。基本中の基本と言われるだろうが、自分はそれができていなかった」。一方の守備では、失策数が初の2桁となる10を記録、盗塁阻止率も34.6%とこれまでと比べると低い数字に。それでも捕逸数は2005年以降の自己最少となる5個にとどめ、盗塁阻止率もリーグ順位では2位タイだった。そしてシーズン終了後、目標だったゴールドグラブ賞を受賞した。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見た2012年のMLBオールスターゲーム

    オールスターゲーム選出:4回(2009年 - 2012年ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見た2009 ワールド・ベースボール・クラシック

    2006年春の第1回大会では、2次リーグまでの全6試合が地元プエルトリコのヒラム・ビソーン・スタジアムで行われ、ヤディアーは4試合に出場。ロドリゲスがチームの正捕手となったため先発出場はなかったが、5打数3安打1打点を記録した。2009年春の第2回大会では、3月9日・オランダ戦と16日・ベネズエラ戦の2試合に先発出場。打撃では6打数1安打と振るわなかったが、守備では2試合18イニングで3失点と投手陣をリードした。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見たOPS (野球)

    レギュラー1年目のは、7月8日のダイヤモンドバックス戦で8回にクラウディオ・バルガスから死球を受け、左手の骨折により故障者リスト入り。このため約40日にわたって戦線離脱したものの、114試合に出場し、盗塁阻止率64.1%と強肩を存分に披露した。はレギュラーシーズンでの打撃成績が前年より下降したが、ポストシーズンでは16試合で53打数19安打・打率.368・2本塁打・8打点と一転して好成績を記録し、カージナルスのワールドシリーズ優勝に貢献。は左手首の骨折や右膝の手術によって出場試合数は減少したものの、打撃では自己最高の打率・OPSを記録。盗塁阻止率は54.0%だった。1月、カージナルスはヤディアーと4年1,550万ドルで契約を延長。監督のトニー・ラルーサは「長期契約には何のリスクもない」とヤディアーを高く評価した。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見たロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム

    にヤディアーがデビューしたことで、先にデビューしていた2人の兄とともに、3兄弟が同時期にメジャーでプレイすることとなった。これは "クルーズ3兄弟"(ホセ、トミー、ヘクター)がに揃ってメジャーでプレイして以来のことだった。また、兄2人が所属していたロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムは2002年に、ヤディアーの所属するカージナルスは2006年に、それぞれワールドシリーズを制覇したため、3兄弟全員がチャンピオンリングを所有している。これはMLB史上初である。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見た2009 ワールド・ベースボール・クラシック・ベネズエラ代表

    2006年春の第1回大会では、2次リーグまでの全6試合が地元プエルトリコのヒラム・ビソーン・スタジアムで行われ、ヤディアーは4試合に出場。ロドリゲスがチームの正捕手となったため先発出場はなかったが、5打数3安打1打点を記録した。2009年春の第2回大会では、3月9日・オランダ戦と16日・ベネズエラ戦の2試合に先発出場。打撃では6打数1安打と振るわなかったが、守備では2試合18イニングで3失点と投手陣をリードした。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見た2009 ワールド・ベースボール・クラシック・オランダ代表

    2006年春の第1回大会では、2次リーグまでの全6試合が地元プエルトリコのヒラム・ビソーン・スタジアムで行われ、ヤディアーは4試合に出場。ロドリゲスがチームの正捕手となったため先発出場はなかったが、5打数3安打1打点を記録した。2009年春の第2回大会では、3月9日・オランダ戦と16日・ベネズエラ戦の2試合に先発出場。打撃では6打数1安打と振るわなかったが、守備では2試合18イニングで3失点と投手陣をリードした。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

53件中 31 - 40件表示

「ヤディアー・モリーナ」のニューストピックワード