53件中 41 - 50件表示
  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見たドラフト会議 (MLB)

    ドラフト4巡目(全体113位)でカージナルスに指名されたヤディアーは、兄2人に続いてプロ入りを果たす。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見た野球プエルトリコ代表

    プエルトリコ出身の野球選手ではモリーナ3兄弟のほかにも、イバン・ロドリゲスやホルヘ・ポサダなどMLBで実績を残したスター捕手が数多くいる。守備位置が重なる選手が多いながらも、国際大会ワールド・ベースボール・クラシックでヤディアーは、これまで開催された2大会ともプエルトリコ代表に招集されている。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見た野球選手

    ヤディアー・ベンジャミン・モリーナ(Yadier Benjamin Molina, 1982年7月13日 - )は、プエルトリコ・バヤモン出身の野球選手。捕手、右投右打。MLBセントルイス・カージナルスに所属している。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見た2006 ワールド・ベースボール・クラシック

    2006年春の第1回大会では、2次リーグまでの全6試合が地元プエルトリコのヒラム・ビソーン・スタジアムで行われ、ヤディアーは4試合に出場。ロドリゲスがチームの正捕手となったため先発出場はなかったが、5打数3安打1打点を記録した。2009年春の第2回大会では、3月9日・オランダ戦と16日・ベネズエラ戦の2試合に先発出場。打撃では6打数1安打と振るわなかったが、守備では2試合18イニングで3失点と投手陣をリードした。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見た2009年のMLBオールスターゲーム

    オールスターゲーム選出:4回(2009年 - 2012年)ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見た捕手

    ヤディアー・ベンジャミン・モリーナ(Yadier Benjamin Molina, 1982年7月13日 - )は、プエルトリコ・バヤモン出身の野球選手。捕手、右投右打。MLBセントルイス・カージナルスに所属している。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見たメジャーリーグベースボール

    ヤディアー・ベンジャミン・モリーナ(Yadier Benjamin Molina, 1982年7月13日 - )は、プエルトリコ・バヤモン出身の野球選手。捕手、右投右打。MLBセントルイス・カージナルスに所属している。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見た死球

    レギュラー1年目のは、7月8日のダイヤモンドバックス戦で8回にクラウディオ・バルガスから死球を受け、左手の骨折により故障者リスト入り。このため約40日にわたって戦線離脱したものの、114試合に出場し、盗塁阻止率64.1%と強肩を存分に披露した。はレギュラーシーズンでの打撃成績が前年より下降したが、ポストシーズンでは16試合で53打数19安打・打率.368・2本塁打・8打点と一転して好成績を記録し、カージナルスのワールドシリーズ優勝に貢献。は左手首の骨折や右膝の手術によって出場試合数は減少したものの、打撃では自己最高の打率・OPSを記録。盗塁阻止率は54.0%だった。1月、カージナルスはヤディアーと4年1,550万ドルで契約を延長。監督のトニー・ラルーサは「長期契約には何のリスクもない」とヤディアーを高く評価した。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見た盗塁阻止率

    マイナーリーグ時代から、ヤディアーの捕手としての潜在能力は兄2人を凌ぐと言われていた。6月3日にメジャーデビューを果たし、この年51試合に出場。盗塁阻止率(47.1%)や捕手防御率(3.64)などで正捕手マイク・マシーニーの残した数字(29.6%、3.84)を上回った。ヤディアーの才能を高く評価したカージナルスは、シーズン終了後にFAとなった正捕手のマシーニーとの契約を見送り、ヤディアーのためにポジションを空けている。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ヤディアー・モリーナ

    ヤディアー・モリーナから見た打数

    レギュラー1年目のは、7月8日のダイヤモンドバックス戦で8回にクラウディオ・バルガスから死球を受け、左手の骨折により故障者リスト入り。このため約40日にわたって戦線離脱したものの、114試合に出場し、盗塁阻止率64.1%と強肩を存分に披露した。はレギュラーシーズンでの打撃成績が前年より下降したが、ポストシーズンでは16試合で53打数19安打・打率.368・2本塁打・8打点と一転して好成績を記録し、カージナルスのワールドシリーズ優勝に貢献。は左手首の骨折や右膝の手術によって出場試合数は減少したものの、打撃では自己最高の打率・OPSを記録。盗塁阻止率は54.0%だった。1月、カージナルスはヤディアーと4年1,550万ドルで契約を延長。監督のトニー・ラルーサは「長期契約には何のリスクもない」とヤディアーを高く評価した。ヤディアー・モリーナ フレッシュアイペディアより)

53件中 41 - 50件表示

「ヤディアー・モリーナ」のニューストピックワード