前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
183件中 1 - 10件表示
  • 輸入車 (日本)

    輸入車 (日本)から見たヤナセヤナセ

    BMWジャパン(1981年)を始め メルセデス・ベンツ(1986年)、フォルクスワーゲン・グループ(1991年)など、海外メーカーが設立した日本法人が、相次いで輸入者となって日本でのビジネスをコントロールするようになった。業界を代表する輸入代理店であったヤナセではフォルクスワーゲンの輸入権喪失とともに販売店契約も破棄したが、従来の日本資本輸入代理店の大半は、うまみの少ない一ディーラーとして事業を続ける道を選んだ。一方では、トヨタ自動車がフォルクスワーゲン(VW)と提携しての同車販売店(DUO店)展開、マツダが同社のユーノス店でシトロエンとランチアを販売するなど、輸入車の販売網は拡大した。輸入車 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • フォルクスワーゲン グループ ジャパン

    フォルクスワーゲン グループ ジャパンから見たヤナセヤナセ

    1970年 - 1992年:ヤナセフォルクスワーゲン グループ ジャパン フレッシュアイペディアより)

  • フォルクスワーゲン

    フォルクスワーゲンから見たヤナセヤナセ

    1953年よりヤナセにより輸入が行われたが、当初から右ハンドル仕様を導入するなど日本の法規にローカライズしたモデルを輸入したことにより、輸入車のトップシェアを維持していった。1983年にフォルクスワーゲンの直接の子会社フォルクスワーゲン株式会社が設立され、1989年には「フォルクスワーゲンアウディ日本株式会社」となり系列の販売店をオープンし、より直接的な販売にも乗り出した。しかも1991年にトヨタがVW車の販売を始めると表明するとヤナセとの関係が悪化し、ヤナセは『値引き合戦が激しくなり、ブランドイメージが保てなくなる』として1992年12月をもってVWの輸入、販売を取りやめた。フォルクスワーゲン フレッシュアイペディアより)

  • メルセデス・ベンツ

    メルセデス・ベンツから見たヤナセヤナセ

    日本では、以前輸入元であったヤナセの高価格帯車種を中心に輸入するブランド戦略イメージもあって、高級車専業メーカーと誤認されるが、実際はバン、タクシー、大型バス、トラック、ダンプカーなどの営業車、商用車、大衆車まで扱っており、欧米ではボルボ、ルノーなどと並ぶ自動車総合メーカーとして認知されている。SクラスをはじめとするセダンやSUVは、日本では医師や弁護士、経営者、芸能関係者、スポーツ選手などが好む車の代名詞として知られている一方で、暴力団、マフィア、武器商人、犯罪収益者などの利用も多く、威圧的、成金趣味、怖い人が乗るクルマ、アフリカの外交官の公用車、ビバリーヒルズの歯医者の自家用車などマイナスイメージとして表象される面もある。メルセデス・ベンツ フレッシュアイペディアより)

  • フォルクスワーゲン・ジェッタ

    フォルクスワーゲン・ジェッタから見たヤナセヤナセ

    日本へはヤナセにより1981年に初めて導入され、上級グレードのGLE・4ドアのモノグレードでトランスミッションも3速オートマチックのみだった。フォルクスワーゲン・ジェッタ フレッシュアイペディアより)

  • 沢田一郎

    沢田一郎から見たヤナセヤナセ

    沢田 一郎(さわだ いちろう、1894年8月7日 - 1984年2月3日)は、元日本オリンピック委員会名誉委員、元ヤナセ常務。沢田一郎 フレッシュアイペディアより)

  • フォルクスワーゲン・ポロ

    フォルクスワーゲン・ポロから見たヤナセヤナセ

    フォルクスワーゲンの主力モデルであるゴルフと同様、フロントにエンジンを横向きに配置し、前輪を駆動するというコンベンショナルなスタイルを採るコンパクトカーで、フォルクスワーゲンにとっては日本での年間販売台数が常に1万台を超える中核モデルである。ユーザーの60%が女性であり、これは日本でのフォルクスワーゲン全体において女性ユーザーが占める割合を大きく超える。モデルチェンジのたびに明確なボディサイズの拡大を行ってきたゴルフに対し、ポロの大きさは現行モデルでも2代目ゴルフ程度と、かつてゴルフが担っていたベーシックなコンパクトカーの役割を果たしており、このクラスのベンチマーク的存在である。主なボディ形式はハッチバックタイプだが、歴代の各モデルを通してセダンタイプが存在し、エステートやクーペタイプがラインナップされていたこともある。しかし、歴代モデルとも日本に導入されたのは一部のボディタイプのみである。現在、セダンタイプはロシア、中国、ラテンアメリカ、南アフリカおよびその他アフリカ地域にて販売されている。歴代を通してスポーツモデルが存在し、3代目からは“GTI”名を冠したポロGTIが、そして2005年にはFWDのクロスオーバーSUVタイプの「クロスポロ」が登場している。北米市場ではポロは販売されていない(市場によってフォックスという下位モデルが存在する)。日本へは3代目モデルからフォルクスワーゲン グループ ジャパンによる本格的な輸入が開始されたが、かつては2代目のポロクーペCLとポロダービィ(日本名:ポロクラシックCL)がヤナセにより限定輸入・販売された。フォルクスワーゲン・ポロ フレッシュアイペディアより)

  • J-WAVE LIFE INFORMATION

    J-WAVE LIFE INFORMATIONから見たヤナセヤナセ

    平日7時台後半はコカ・コーラ、8時台前半はヤナセ、10時台は日本セーフティー、月〜木の16時台前半は矢崎総業、16時台後半は富士住建、17時台前半はアルパイン、その他はノンスポンサー。土曜朝一番の交通情報はノンスポンサー、13時台・17時台・18時台は東京建物、その他はグッドイヤー。日曜7時台はヤナセ、その他はTOYO TIRES(TOKIO HOT 100内はノンスポンサー)。J-WAVE LIFE INFORMATION フレッシュアイペディアより)

  • フォルクスワーゲン・タイプ1

    フォルクスワーゲン・タイプ1から見たヤナセヤナセ

    日本では老舗輸入車ディーラーヤナセが1952年から取り扱いを開始。「寒冷時に急な往診があっても(暖機運転必須であった当時の水冷エンジン車と違い)速やかにコールドスタートできる」「頑丈なドイツ製品」という実用性を伴ったキャラクターは開業医の間で好まれ、医師が自らハンドルを握る「ドクターズカー」として使われる例が多かった。このため、昭和30年代には「お医者さんの車」として一般大衆にも知られるようになった。フォルクスワーゲンは、戦後のヤナセにおいて1960年代以降アメリカ車に代わり、長く主力商品の一つとなった。フォルクスワーゲン・タイプ1 フレッシュアイペディアより)

  • オペル・ザフィーラ

    オペル・ザフィーラから見たヤナセヤナセ

    2000年4月、ヤナセによる輸入・販売が開始された。エンジンはアストラなどに積まれるX181という1.8Lで、それに4ATを組み合わせたCDXグレードのみで展開された。2001年モデルよりZ18というレギュラーガソリン仕様のエンジンに変更され、10馬力パワーアップした。オペル・ザフィーラ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
183件中 1 - 10件表示