268件中 41 - 50件表示
  • オペル・ティグラ

    オペル・ティグラから見たヤナセヤナセ

    1994年にコルサ(日本名ヴィータ)をベースにした小型のクーペとしてデビューした。乗車定員は4名だが、「後部座席の搭乗員は身長160cm以下に限る」という制限があるほど天井が低い。後部座席は背もたれを倒してラゲッジスペースとして使うことが可能であった。運転席にはシートの高さを調節する機構が付いていた。オーディオはカセットテープ・AM・FMとオプションのCDチェンジャーだが、社外品のアダプターを使えば1DINサイズのオーディオには交換ができた。日本では1995年に1.4Lのガソリンエンジンモデルが当時のインポーター、ヤナセから輸入され、最終の1999年モデルでは1.6Lエンジンが搭載された。欧州では2001年まで生産された。オペル・ティグラ フレッシュアイペディアより)

  • サーブ・900

    サーブ・900から見たヤナセヤナセ

    日本市場では引き続きミツワ自動車によって輸入されたが、初代の強烈な個性が薄れて現代風のデザインに改められてしまったことや、さらにミツワの販売網の薄さもあって、一時のブームは沈静化し販売は低調であった。このためミツワはサーブの取り扱いを中止し、代理権は1997年以降ヤナセの手に移ることとなった。サーブ・900 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2008年3月

    訃報 2008年3月から見たヤナセヤナセ

    3月13日 - 梁瀬次郎、実業家、ヤナセ取締役名誉会長(* 1916年)訃報 2008年3月 フレッシュアイペディアより)

  • オペル・シントラ

    オペル・シントラから見たヤナセヤナセ

    日本へはヤナセがサンプルとして数台輸入しただけで、正規輸入・販売はされなかった。オペル・シントラ フレッシュアイペディアより)

  • 日本ゼネラル・モータース

    日本ゼネラル・モータースから見たヤナセヤナセ

    日本でのGM車販売は、大正時代から梁瀬自動車株式会社によりおこなわれていた。しかし、1925年(大正14年)2月に米国のフォードがアジア地区の生産・販売拠点として横浜に工場を設置したことから、これに対抗し、米国ゼネラルモーターズ (GM)も日本に自動車生産・販売拠点を設けた。日本ゼネラル・モータース フレッシュアイペディアより)

  • ニューエンパイヤモーター

    ニューエンパイヤモーターから見たヤナセヤナセ

    ニューエンパイヤモーター株式会社はフォード車の東京地区における輸入販売業者。フォードは第二次世界大戦前より、「一都市・一資本・一企業」を原則として代理店契約を結んだため、GM系の梁瀬自動車(後のヤナセ)のような強大なディーラーが育たなかった。ニューエンパイヤは東京地区のフォード販売店としてその中では最大の勢力を有していた。ニューエンパイヤモーター フレッシュアイペディアより)

  • 秋田ヤナセ

    秋田ヤナセから見たヤナセヤナセ

    ヤナセのフランチャイジー・「ロイヤルモーター株式会社」として設立され後に、社名を秋田ヤナセに変更した。秋田ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤忠オート

    伊藤忠オートから見たヤナセヤナセ

    直接の関係はないが、伊藤忠商事が、2003年、当時、経営難に陥っていたヤナセに対して、第三者割当増資に応じて以来、約20年ぶりに、輸入車ディーラーの経営に参画した。2015年現在、出資比率は、39.43%となっている。伊藤忠オート フレッシュアイペディアより)

  • フォルクスワーゲン・K70

    フォルクスワーゲン・K70から見たヤナセヤナセ

    日本にも、当時の輸入代理店ヤナセを通じ、1972年-1973年に輸入された。フォルクスワーゲン・K70 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ゼネラルモーターズ

    日本ゼネラルモーターズから見たヤナセヤナセ

    第二次世界大戦後、ヤナセ(キャデラック)、東邦モーターズ(オールズモビル、オペル)などが日本市場の正式販売代理店として活動。日本ゼネラルモーターズ フレッシュアイペディアより)

268件中 41 - 50件表示

「ヤナセ」のニューストピックワード

  • ALL TIME BEST

  • ALL TIME BEST −FAN BEST− (EXTRA EDITION)