183件中 41 - 50件表示
  • 日本ゼネラルモーターズ

    日本ゼネラルモーターズから見たヤナセヤナセ

    第二次世界大戦後、ヤナセ(キャデラック)、東邦モーターズ(オールズモビル、オペル)などが日本市場の正式販売代理店として活動。日本ゼネラルモーターズ フレッシュアイペディアより)

  • 木下隆之

    木下隆之から見たヤナセヤナセ

    VWポカールシリーズ(#29 ヤナセ横浜ビーグルゴルフ2→#16 カストロールノリスゴルフ)木下隆之 フレッシュアイペディアより)

  • シボレー・アストロ

    シボレー・アストロから見たヤナセヤナセ

    所有していた所ジョージが、ネコ・パブリッシングの自動車雑誌「Daytona」で取り上げたことにより、1990年代前半より並行輸入が盛んになり、三井物産オートモーティブが窓口となって米スタークラフト社でカスタマイズされたコンバージョンバンを正規輸入。1993年からは当時、GM車のインポーターであったヤナセが正規輸入を開始し、一時は姉妹車のGMC・サファリを含めて年間1万台近くも輸入(大部分は並行輸入)されたこともあった。シボレー・アストロ フレッシュアイペディアより)

  • オペル・ティグラ

    オペル・ティグラから見たヤナセヤナセ

    1994年にコルサ(日本名ヴィータ)をベースにした小型のクーペとしてデビューした。乗車定員は4名だが、後部座席の搭乗員は160cm以下に限るという制限があるほど天井が低い。後部座席は背もたれを倒してラゲッジスペースとして使うことが可能であった。運転席にはシートの高さを調節する機構が付いていた。オーディオはカセットテープ・AM・FMとオプションのCDチェンジャーだが、社外品のアダプターを使えば1DINサイズのオーディオには交換ができた。日本では1995年に1.4Lのガソリンエンジンモデルが当時のインポーター、ヤナセから輸入され、最終の1999年モデルでは1.6Lエンジンが搭載された。欧州では2001年まで生産された。オペル・ティグラ フレッシュアイペディアより)

  • 真壁 京子

    真壁京子から見たヤナセヤナセ

    短大卒業後は株式会社ヤナセに1年半勤務した後、日本航空(当時)に転職して約4年間勤めた。その後、1995年(平成7年)にはテレビ番組『恋のから騒ぎ』(日本テレビ)に「元スチュワーデス」との肩書きで出演し、また前後してモデル兼タレントとして活動していた。なおこの時期、「山口かつら」という芸名を名乗っていたという説があったが、後に真壁は公式ブログにおいて、「山口かつら」氏は別に実在する人物であり自身はまったく別の芸名だった、と否定している。真壁京子 フレッシュアイペディアより)

  • 川鍋秋蔵

    川鍋秋蔵から見たヤナセヤナセ

    埼玉県北足立郡宮原村(後の大宮市、現・さいたま市北区)に9人兄姉の一人として生まれ、鉄道省立鉄道工業学校卒業後、鉄道省大宮工場(現・大宮総合車両センター)に勤めたが、独立を志して1919年に上京。梁瀬商会の見習い運転手となり、1921年には川崎造船所社長・松方幸次郎の運転手に転じ、将来の独立を目指す。川鍋秋蔵 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ人間模様

    スポーツ人間模様から見たヤナセヤナセ

    ニッポン放送では、上柳昌彦のお早うGoodDay!放送期間中の2009年に、一旦ヤナセSports Good Storyと番組名を変更していた(「8時のGood Story」を意識してか)が、前述の通り、2010年6月スタートの高嶋ひでたけの「あさラジ!」からこの「スポーツ人間模様」にタイトルを戻した。スポーツ人間模様 フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・サフラン

    ルノー・サフランから見たヤナセヤナセ

    日本仕様は主にV6エンジンを搭載するバカラやRXE(共に右ハンドル)が当時のインポーターであったフランス・モーターズ(ヤナセ系)によって輸入されたが、車両本体価格が500万円以上もしたため、ごく少数しか輸入されなかった。ルノー・サフラン フレッシュアイペディアより)

  • フォルクスワーゲン・カルマンギア

    フォルクスワーゲン・カルマンギアから見たヤナセヤナセ

    量産車であるフォルクスワーゲンをベースとしているため、価格は比較的安く、メンテナンスも容易で、アメリカ市場では特に好評を博した。パワートレイン仕様は通常のフォルクスワーゲンと大差ないものであり、走行性能は通常型フォルクスワーゲンをやや上回る程度で、決して飛び抜けた高性能ではなかった。それでも車高が低くスタイルが良いため、スポーツカー的な感覚を気軽に味わえる「プアマンズ・ポルシェ(poor-man's Porsche:貧乏人のポルシェ)」と評され、市場では一定の人気を保ち続けた。ブラジル法人生産分を含めて、累計40万台以上が造られた。日本ではヤナセが正規輸入を行っていた。フォルクスワーゲン・カルマンギア フレッシュアイペディアより)

  • 活水女子短期大学

    活水女子短期大学から見たヤナセヤナセ

    生活専攻:一般企業への就職者が多く、新日本製鐵・長崎セキスイハイム・ミサワホーム・三菱樹脂・川崎重工業・三菱重工業・田崎真珠・NTTドコモ・NTT・日本テレコム・岩谷産業・花王・資生堂・トステム・北九州マツダ・ヤナセ・大分銀行・親和銀行・長崎銀行・福岡銀行・みずほコーポレート銀行・山口銀行・国民生活金融公庫・新光証券・マニュライフ生命保険・日本生命保険・オリックスレンタカーなどに勤務している。活水女子短期大学 フレッシュアイペディアより)

183件中 41 - 50件表示