183件中 51 - 60件表示
  • ウニモグ

    ウニモグから見たヤナセヤナセ

    かつてはヤナセが輸入していたがその後ウェスタン自動車、AMGジャパンを経て2005年11月以降「ワイ・エンジニアリング株式会社(株式会社トノックスグループ)」が輸入元になる。この結果、ヤナセは自動車輸入業を完全に廃業することとなった。ウニモグ フレッシュアイペディアより)

  • ミニチャンプス

    ミニチャンプスから見たヤナセヤナセ

    ミニチャンプスは自ら企画する製品(通常品)だけでなく、企業から依頼を受けてミニチャンプスのカタログには掲載されていない特注品も製作している。その代表例が、メルセデス・ベンツやポルシェといった各国の実車メーカーが特注したモデルだ。こういったモデルは通常品とはカラーリングやパッケージが異なることも多い。また近年は新型車が発表される前の段階で実車メーカーより資料を提供し、いち早く製作されることもある。この種のミニカーは日本でもヤナセやポルシェセンターといった実車ディーラーで販売されている。ミニチャンプス フレッシュアイペディアより)

  • フォルクスワーゲン・パサート

    フォルクスワーゲン・パサートから見たヤナセヤナセ

    1977年、マイナーチェンジが施され、ヘッドライトが丸型2灯から丸型4灯式に変更された。翌1978年のマイナーチェンジではウレタンバンパーが採用され、フロントウインカーがバンパーからヘッドライト横に移された。ブラジル法人の「フォルクスワーゲン・ド・ブラジル」でも生産されたほか、日本へは全年式に渡ってヤナセが輸入を行っていた。フォルクスワーゲン・パサート フレッシュアイペディアより)

  • 日本一のゴマすり男

    日本一のゴマすり男から見たヤナセヤナセ

    ヤナセが撮影に協力し、当時ヤナセが取り扱っていた外車が登場する。日本一のゴマすり男 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤勇吉

    後藤勇吉から見たヤナセヤナセ

    1914年(大正3年)、延岡中学校卒業後に上京、三井物産の自動車部門(ヤナセの前身)で無給の工員として働くが、飛行士白戸栄之助に出会い、その助手となる。1916年(大正5年)、複葉水上飛行機・白戸式「巌号」とともに延岡に帰り、東臼杵郡門川町の海岸において独力で飛行訓練を行い、試行錯誤の末に直線飛行に成功した。後藤勇吉 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄モータース

    近鉄モータースから見たヤナセヤナセ

    1952年に創業。近鉄グループの一社で、ヤナセとともに輸入車ディーラーの老舗だった。近鉄モータース フレッシュアイペディアより)

  • 日本自動車輸入組合

    日本自動車輸入組合から見たヤナセヤナセ

    長年最大手インポーターであったヤナセの社長・会長を務めた梁瀬次郎ら、大手ディーラーの代表者が理事長を務めていたが、現在のメンバーの多くは外国メーカーの日本法人となっており、現在(2009年)の理事長もビー・エム・ダブリュー株式会社 取締役社長のローランド・クルーガーである。日本自動車輸入組合 フレッシュアイペディアより)

  • 函館大谷短期大学

    函館大谷短期大学から見たヤナセヤナセ

    コミュニティ総合学科:一般企業への就職者が多い傾向にある。実績の例としてエア・ウォーター・渡島信用金庫・ウィング・NTTドコモ・ロイヤルホテル・不動テトラ・東北電力・函館トヨペット・ヤナセ・法華クラブ・函館新聞・北洋銀行・北海道旅客鉄道などがある。ほか、社会福祉協議会や役場などの官公庁に就職している人もいる。函館大谷短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田ヤナセ

    秋田ヤナセから見たヤナセヤナセ

    ヤナセのフランチャイジー・「ロイヤルモーター株式会社」であったが、後に社名を現在の秋田ヤナセに変更された。秋田ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • 自動車ディーラー

    自動車ディーラーから見たヤナセヤナセ

    ヤナセ(シボレー、キャディラック、SAABを販売。かつてはオペルも販売)自動車ディーラー フレッシュアイペディアより)

183件中 51 - 60件表示