268件中 61 - 70件表示
  • 上柳昌彦 土曜日のうなぎ

    上柳昌彦 土曜日のうなぎから見たヤナセヤナセ

    18:28 ヤナセ・スタートーク<提供・ヤナセ上柳昌彦 土曜日のうなぎ フレッシュアイペディアより)

  • ラジアップ

    ラジアップから見たヤナセヤナセ

    13:33 - 福井ヤナセ presents タウンクルージング(パート1)ラジアップ フレッシュアイペディアより)

  • マイバッハ

    マイバッハから見たヤナセヤナセ

    アフターサービスについては、直営の「マイバッハ・SLRサービスセンター東京」(東京都目黒区碑文谷)が担当し、中・軽度の整備および修理については全国 4か所(札幌、仙台、大阪、福岡)のメルセデス・ベンツ指定サービス工場内に設置した「マイバッハサポートセンター」が、そして、ごく軽度なメンテナンスについては全国のメルセデス・ベンツ指定サービス工場ネットワークが担当している。なお、マイバッハ・SLRサービスセンター東京は、2011年にメルセデス・ベンツ品川に委譲された。新潟市のヤナセには、57が常時展示されていた。マイバッハ フレッシュアイペディアより)

  • GOOD MORNING (広島エフエム放送)

    GOOD MORNING (広島エフエム放送)から見たヤナセヤナセ

    8:19 HFMトラフィックインフォメーション <提供:ヤナセGOOD MORNING (広島エフエム放送) フレッシュアイペディアより)

  • HFMニュースパイス・シャワー

    HFMニュースパイス・シャワーから見たヤナセヤナセ

    8:19 トラフィックインフォメーション<提供:ヤナセ中国>HFMニュースパイス・シャワー フレッシュアイペディアより)

  • オオタ自動車工業

    オオタ自動車工業から見たヤナセヤナセ

    祐一は当時のヨーロッパ製新型車の斬新な設計に強い影響を受け、オオタ乗用車の設計を進歩的なものに改めていった。1937年型オオタ乗用車OD型には、換気性を良くするノンドラフトベンチレーション(三角窓)と、剛性を高めるX型クロスメンバー入りフレームが与えられていた。ボディは2ドアスタンダードセダン・デラックスセダン(ピラーレス構造)・フェートン・ロードスター・カブリオレと5種類も用意され、梁瀬自動車(現・ヤナセ)で外注製作されたが、デザインは祐一自身によるもので、当時の国産車の中では飛びぬけてモダンでスタイリッシュであった。オオタ自動車工業 フレッシュアイペディアより)

  • ソニーシティ

    ソニーシティから見たヤナセヤナセ

    ソニー生命とソニーの共同プロジェクトにより、芝浦テクノロジーセンター跡地に建設された。もともとこの土地は、1939年、ヤナセが芝浦(現本社)にあった車体製造工場が手狭になったため、現在の港南一丁目7・8番にまたがる街区にゴルフ場を取得し、高浜工場へ移転したことから始まる。1960年頃、ヤナセが芝浦本社の本館建設の資金確保のために、ソニーが高浜工場の土地の一部を所得した。1967年、高浜工場が横浜市港北区(現・都筑区)に移転した後、1969年、ソニーがオーディオ機器の生産拠点として芝浦工場を開設した場所である。その後、1989年に芝浦テクノロジーセンターに名称変更し、2004年から新本社ビルの建設に向けて着工、2006年10月に竣工した。ソニーシティの完成により、数十か所に分散していたソニーグループのオフィスが集約された。ソニーシティ フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・セニック

    ルノー・セニックから見たヤナセヤナセ

    日本への正規導入は1998年よりヤナセ資本の“フランス・モーターズ”が、ガソリン2.0L(F3R)・4段オートマチック(AD4)の右ハンドル仕様のみが導入された。フェイズ2へマイナーチェンジされる直前(1999年初旬)あたりに過渡期のモデル「カレード」が登場する。ルノー・セニック フレッシュアイペディアより)

  • プロトタイプ

    プロトタイプから見たヤナセヤナセ

    1960年の日本ではトヨペット・スポーツ、日野・コンテッサ900スプリント、いすゞ・117クーペなどのように市販車のシャーシにヤナセやイタリアのカロッツェリアなどのコーチビルダーが製作した車体を架装したワンオフのモデルの出品が行われるようになる。その後、FRPを多用した、形だけのいわゆる「ハリボテ」が横行したが、バブル期以降はプロモーションビデオの撮影のため走行可能なものも製作されるようになった。プロトタイプ フレッシュアイペディアより)

  • 後藤勇吉

    後藤勇吉から見たヤナセヤナセ

    1914年(大正3年)、延岡中学校卒業後に上京、三井物産の自動車部門(ヤナセの前身)で無給の工員として働くが、飛行士白戸栄之助に出会い、その助手となる。1916年(大正5年)、複葉水上飛行機・白戸式「巌号」とともに延岡に帰り、東臼杵郡門川町の海岸において独力で飛行訓練を行い、試行錯誤の末に直線飛行に成功した。後藤勇吉 フレッシュアイペディアより)

268件中 61 - 70件表示

「ヤナセ」のニューストピックワード