268件中 71 - 80件表示
  • 日商岩井自動車販売

    日商岩井自動車販売から見たヤナセヤナセ

    当初はメルセデス・ベンツなどの輸入車を並行輸入して販売する会社としてスタートしたが、翌1988年にスズキが、GM(ポンティアック・シボレー)とプジョーの輸入を開始すると主にそれらを扱うディーラーとして活動した。しかしGM車はすでにヤナセも輸入・販売していたため、次第にプジョーにシフトしていった。日商岩井自動車販売 フレッシュアイペディアより)

  • オペル・ベクトラ

    オペル・ベクトラから見たヤナセヤナセ

    1993年より取扱ディーラーがヤナセに移行し、同時にマイナーチェンジモデルを発売。CIマーク内蔵型のグリルやダーク化されたリアコンビネーションランプにエクステンションが付加される程度で構造的には大きな変更はない。ほぼ同等の装備ながらグレード名がCD/CD-XからGLS/CDに変更されている。1994年モデルから運転席エアバッグが装備され、1995年モデルでは助手席エアバッグも加えて標準となり、2.5リッターV6エンジン(ECOTEC-C25型)搭載車が追加されている。オペル・ベクトラ フレッシュアイペディアより)

  • 伊丹産業

    伊丹産業から見たヤナセヤナセ

    LPガスの供給販売を軸に、JXTGエネルギー・昭和シェル石油の代理店として兵庫・大阪・京都・滋賀の各府県内におけるガソリンスタンドの経営、都市ガス事業や、同社の創業当初からの米穀の集荷及び精米販売の他、またソフトバンクの携帯電話の販売に加え、2011年(平成23年)からは、ボルボ・カーズの販売をヤナセから譲り受け、輸入車販売に進出している。伊丹産業 フレッシュアイペディアより)

  • とべとべ十勝

    とべとべ十勝から見たヤナセヤナセ

    東北海道ヤナセ(道新ニュース提供枠)とべとべ十勝 フレッシュアイペディアより)

  • NICOS

    NICOSから見たヤナセヤナセ

    ヤナセ NICOSメンバーズカード :ヤナセとの提携カード。NICOS フレッシュアイペディアより)

  • フォルクスワーゲン・カルマンギア

    フォルクスワーゲン・カルマンギアから見たヤナセヤナセ

    量産車であるフォルクスワーゲンをベースとしているため比較的安価で、メンテナンスも容易で、アメリカ市場では特に好評を博した。パワートレイン仕様は通常のフォルクスワーゲンと大差ないものであり、走行性能は通常型フォルクスワーゲンをやや上回る程度で、決して飛び抜けた高性能ではなかった。それでも車高が低くスタイルが良いため、スポーツカー的な感覚を気軽に味わえる「プアマンズ・ポルシェ(poor-man's Porsche:貧乏人のポルシェ)」と評され、市場では一定の人気を保ち続けた。ブラジル法人生産分を含めて、累計40万台以上が造られた。日本ではヤナセが正規輸入を行っていた。フォルクスワーゲン・カルマンギア フレッシュアイペディアより)

  • 玉川学園女子短期大学

    玉川学園女子短期大学から見たヤナセヤナセ

    教養科:一般企業への就職者が大半となっていた。秋田銀行・りそな銀行・味の素・石川島播磨重工業・伊勢丹・イトーヨーカ堂・泉屋東京店・浦安ブライトンホテル・日本電気・オムロン・オリエントコーポレーション・オリンパス・関東つくば銀行・紀伊國屋書店・キヤノン・京王百貨店・光洋精工・楽天KC・さがみ信用金庫・相模原市農業協同組合・三井住友銀行・サンリオ・三菱東京UFJ銀行・ジェーシービー・資生堂・スズキ・三井住友海上火災保険・住友金属工業・住友不動産販売・西武百貨店・積和不動産・ゼブラ・朝日放送・セントラル自動車・全日本空輸・みずほ銀行・三菱UFJ証券・第一生命保険・大丸・大和証券・高島屋・東急百貨店・東京電力・東芝・トヨタ自動車・長野県信用組合・日興コーディアル証券・三菱UFJニコス・ジェイティービー・日本生命保険・にんべん・はごろもフーズ・バンダイ・八十二銀行・東日本旅客鉄道・日立製作所・平塚信用金庫・富士通・プリンスホテル・北陸銀行・マックスファクター・丸井・三菱自動車工業・三菱電機ビルテクノサービス・山形銀行・山梨中央銀行・ヤナセ・横浜銀行・そごう・ロッテ・ワコールほか。全国的にも有名な企業に就職している人が多いことから、就職に強い短大であったことがうかがえる。玉川学園女子短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • アウディ・100

    アウディ・100から見たヤナセヤナセ

    当時欧州においてはディーゼル乗用車は一般化しつつあり、各社とも日に日に完成度を向上させていた。メルセデスは前モデル(W115 240D/300D)からディーゼル乗用車のマーケットを確立しており、VWグループでも初のディーゼル乗用車フォルクスワーゲン・ゴルフ(ゴルフ D)の成功の後、それの4気筒ディーゼルエンジンを拡大した5気筒2Lをアウディ100に搭載してデビューさせた。日本でのインポーターであったヤナセは、すでに輸入していたメルセデス300D/240Dに続いて、アウディ100ディーゼルの輸入を開始した。機械的にはゴルフD以上の完成度であったが、MTしか選べなかったことや、アウディ100を選ぶユーザー層はディーゼル乗用車に関心が低かったせいで、販売上不振であった。当時、BMW(524td 2.4L直列6気筒ターボディーゼル)、ボルボ・700(760GLD)、シトロエン・CX(CX 2500D)なども日本市場にディーゼル乗用車を登場させたが、メルセデス以外は販売上不振を理由に早々に輸入されなくなった。これは当時の輸入車のユーザーが、機械としての完成度よりも、高級品としてのイメージを求めたことが理由と思われる。日本において輸入車はまだまだ高価であった。アウディ・100 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・プリンスロイヤル

    日産・プリンスロイヤルから見たヤナセヤナセ

    変速機構はコラムシフトタイプの3速AT(自動変速機)だが、アメリカ合衆国の大型車にも比肩する大出力エンジンに対処でき、信頼性も確保された大容量ATを自力で製造することは、日本製の自動車用AT自体が発展途上であった当時、コストと技術の両面から非現実的であった。このため、純国産の方針からは外れるがやむを得ず、大容量自動変速機の量産・実用実績があるアメリカのメーカーから変速機を輸入調達することになった。実際に採用されたものは、ゼネラルモーターズ(GM)が量産していた「スーパータービン」シリーズの3速AT「スーパータービン400」である。これは外国車輸入会社の最大手であったヤナセ社長・梁瀬次郎らの協力・提言を得て公式に調達したもので、当時のGM製自動変速機としてはやや旧式なユニットだったが、同じGMの最新型よりも信頼性が高いことを重視して採用された。日産・プリンスロイヤル フレッシュアイペディアより)

  • 大衆車

    大衆車から見たヤナセヤナセ

    はドイツ語で「大衆の車」の意味がある。正式な車名は製造会社名と同じ「フォルクスヴァーゲン」(日本ではヤナセがフォルクスワーゲンと商標登録した)である。英語読みは「ヴォルクスワーゲン」。英語圏では「ビートル」と愛称されている。大衆車 フレッシュアイペディアより)

268件中 71 - 80件表示

「ヤナセ」のニューストピックワード

  • ALL TIME BEST

  • ALL TIME BEST −FAN BEST− (EXTRA EDITION)