前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示
  • ヤナセ

    ヤナセから見たフォルクスワーゲン

    GMのビュイック、キャデラックの輸入から始まり、第二次世界大戦中は一時自動車輸入事業を停止していたが、その後二代目の梁瀬次郎会長に経営が引き継がれるとともにGMの各ブランドやメルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン(傘下のアウディも含む)と取り扱い車種を増やした。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見た伊藤忠商事

    株式会社ヤナセ()は、伊藤忠商事傘下の輸入自動車および中古車の販売業者(ディーラー)。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見た梁瀬次郎

    GMのビュイック、キャデラックの輸入から始まり、第二次世界大戦中は一時自動車輸入事業を停止していたが、その後二代目の梁瀬次郎会長に経営が引き継がれるとともにGMの各ブランドやメルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン(傘下のアウディも含む)と取り扱い車種を増やした。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たメルセデス・ベンツ

    GMのビュイック、キャデラックの輸入から始まり、第二次世界大戦中は一時自動車輸入事業を停止していたが、その後二代目の梁瀬次郎会長に経営が引き継がれるとともにGMの各ブランドやメルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン(傘下のアウディも含む)と取り扱い車種を増やした。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たVTホールディングス

    サーブ - 2010年(平成22年)10月ピーシーアイが輸入再開し、同時にヤナセグローバルモーターズで新車の販売を再開した。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たゼネラルモーターズ

    GMのビュイック、キャデラックの輸入から始まり、第二次世界大戦中は一時自動車輸入事業を停止していたが、その後二代目の梁瀬次郎会長に経営が引き継がれるとともにGMの各ブランドやメルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン(傘下のアウディも含む)と取り扱い車種を増やした。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見た帝人

    ボルボ - ヤナセの全額出資子会社「北欧自動車」が1960年(昭和35年)から1974年(昭和49年)までに5,048台を輸入販売したが、帝人系の「帝人ボルボ」に輸入権を譲渡し解散した。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見た現代自動車

    ヒュンダイ - 輸入はヒュンダイモータージャパン(韓国・現代自100%出資の日本法人)だが、乗用車・商用車ともに補修用部品の供給においてヤナセと提携している。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見た日産自動車

    プリンス自動車 - 日産自動車と合併後もしばらくはスカイラインやグロリアなどを取り扱っていた。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たいすゞ自動車

    いすゞ自動車 - ピアッツァのヤナセ専売グレード「ネロ」、PAネロを販売した。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示