62件中 21 - 30件表示
  • ヤナセ

    ヤナセから見たストーブ

    その後梁瀬次郎の掛け声の下で総合商社への進展を図り、自動車の輸入販売ばかりではなく、クルーザー(ハトラス他)、アラジンストーブやノースアメリカンベアの輸入、アパレル事業(シャルベ他)、宝飾品(フレッド他)の展開、胡蝶蘭の生産、アルファレコードへの資本参加など、経営多角化を行ったが、1990年代初頭のバブル景気崩壊とともにほとんどの部門から撤退した。1952年(昭和27年)設立のテレビコマーシャル制作会社TCJは継続して保有(100%出資)している。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見た自動車産業

    1990年代以降、欧米の自動車会社各社が自ら設立した日本法人で輸入事業務を行うことが一般化した。販売政策を巡る意見の相違もあり、1992年(平成4年)にはフォルクスワーゲンとアウディの輸入権を、2000年(平成12年)以降にはGM系ブランドの輸入権をメーカー系インポーターに譲渡した。キャデラックとサーブの輸入権を譲渡した2002年(平成14年)末の時点で自動車輸入事業からは事実上撤退した。その後乗用車以外で唯一残っていたウニモグの輸入権も2005年(平成17年)11月に返上したことで自動車輸入事業からは完全撤退し、メルセデス・ベンツを始め、BMWやボルボを含む多ブランドの新車・中古車を扱う輸入車ディーラーとなっている。ピステンブーリー(特殊無限軌道車両)などや、ファッション商品の輸入事業は継続している。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たルノー・ジャポン

    ルノー - 1994年(平成6年)から、ヤナセの全額出資子会社「フランス・モーターズ」が輸入販売していた。2001年(平成13年)にルノー・ジャポンに輸入権を譲渡し、解散。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たルノー

    ルノー - 1994年(平成6年)から、ヤナセの全額出資子会社「フランス・モーターズ」が輸入販売していた。2001年(平成13年)にルノー・ジャポンに輸入権を譲渡し、解散。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たフランス・モーターズ

    ルノー - 1994年(平成6年)から、ヤナセの全額出資子会社「フランス・モーターズ」が輸入販売していた。2001年(平成13年)にルノー・ジャポンに輸入権を譲渡し、解散。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たオペル

    オペル - フォルクスワーゲン・アウディが輸入権返上に伴う対立から販売停止となった為、代わりに1993年(平成5年)から輸入開始。最盛期の1990年代中頃には年間3万台を超える販売を記録した。その後輸入権を日本GMに譲渡。2006年(平成18年)に日本市場撤退。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たプリンス自動車

    プリンス自動車 - 日産自動車と合併後もしばらくはスカイラインやグロリアなどを取り扱っていた。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見た鴻池組

    2011年(平成23年)、本館が1962年(昭和37年)、新館が1970年(昭和45年)の竣工であり老朽化していた本社社屋の解体・再開発が着手され、2012年(平成24年)10月31日に鴻池組が施工した地上6階、高さ29.25m、延床面積23,975.63?(旧本社社屋の約1.6倍の延床面積)の新本社社屋が竣工し、同年12月1日より営業をスタートした。再開発は伊藤忠商事、日本土地建物などとの共同で行われ、新本社社屋のほか、34階建て、総戸数1,000戸規模の高層マンションが建設される。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たサーブ・オートモービル

    サーブ - 2010年(平成22年)10月ピーシーアイが輸入再開し、同時にヤナセグローバルモーターズで新車の販売を再開した。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たボルボ

    ボルボ - ヤナセの全額出資子会社「北欧自動車」が1960年(昭和35年)から1974年(昭和49年)までに5,048台を輸入販売したが、帝人系の「帝人ボルボ」に輸入権を譲渡し解散した。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

62件中 21 - 30件表示