62件中 41 - 50件表示
  • ヤナセ

    ヤナセから見た貨物自動車

    梁瀬長太郎が1915年(大正4年)、東京・日比谷に設立した「梁瀬商會」を前身とする。はじめはトラックやバスのコーチビルダー(車体製造業者)として事業開始したが、三井物産の輸入車部門を長太郎がMBOした。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たアンフィカー

    アンフィカー - ドイツの水陸両用車。1960年代に5台ほど輸入。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見た水陸両用車

    アンフィカー - ドイツの水陸両用車。1960年代に5台ほど輸入。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たバス (交通機関)

    梁瀬長太郎が1915年(大正4年)、東京・日比谷に設立した「梁瀬商會」を前身とする。はじめはトラックやバスのコーチビルダー(車体製造業者)として事業開始したが、三井物産の輸入車部門を長太郎がMBOした。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見た輸入車

    株式会社ヤナセ()は、伊藤忠商事傘下の輸入自動車および中古車の販売業者(ディーラー)。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たウニモグ

    1990年代以降、欧米の自動車会社各社が自ら設立した日本法人で輸入事業務を行うことが一般化した。販売政策を巡る意見の相違もあり、1992年(平成4年)にはフォルクスワーゲンとアウディの輸入権を、2000年(平成12年)以降にはGM系ブランドの輸入権をメーカー系インポーターに譲渡した。キャデラックとサーブの輸入権を譲渡した2002年(平成14年)末の時点で自動車輸入事業からは事実上撤退した。その後乗用車以外で唯一残っていたウニモグの輸入権も2005年(平成17年)11月に返上したことで自動車輸入事業からは完全撤退し、メルセデス・ベンツを始め、BMWやボルボを含む多ブランドの新車・中古車を扱う輸入車ディーラーとなっている。ピステンブーリー(特殊無限軌道車両)などや、ファッション商品の輸入事業は継続している。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たいすゞ・PAネロ

    いすゞ自動車 - ピアッツァのヤナセ専売グレード「ネロ」、PAネロを販売した。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見た日比谷

    梁瀬長太郎が1915年(大正4年)、東京・日比谷に設立した「梁瀬商會」を前身とする。はじめはトラックやバスのコーチビルダー(車体製造業者)として事業開始したが、三井物産の輸入車部門を長太郎がMBOした。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見た芝浦

    1919年(大正8年)、現本社のある東京・芝浦に工場を開設。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見た高層マンション

    2011年(平成23年)、本館が1962年(昭和37年)、新館が1970年(昭和45年)の竣工であり老朽化していた本社社屋の解体・再開発が着手され、2012年(平成24年)10月31日に鴻池組が施工した地上6階、高さ29.25m、延床面積23,975.63?(旧本社社屋の約1.6倍の延床面積)の新本社社屋が竣工し、同年12月1日より営業をスタートした。再開発は伊藤忠商事、日本土地建物などとの共同で行われ、新本社社屋のほか、34階建て、総戸数1,000戸規模の高層マンションが建設される。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

62件中 41 - 50件表示