81件中 51 - 60件表示
  • ヤナセ

    ヤナセから見た高級車

    1965年(昭和40年)、日本への自動車輸入が完全自由化された後も、本国に比べて高価な価格設定、上位グレード中心の車種設定、高島屋などの高級デパートへの出店、避暑地である軽井沢に夏の期間のみアフターサービス拠点を開くなど、国産車の購入者に比べ裕福な層に対象を絞り「高級車」イメージを強調するブランド戦略により、第二次世界大戦前のままに日本における輸入自動車を「特別な存在」、「富裕層の象徴」に位置付けた。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見た水陸両用車

    アンフィカー - ドイツの水陸両用車。1960年代に5台ほど輸入。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たバス (交通機関)

    梁瀬長太郎が1915年(大正4年)、東京・日比谷に設立した「梁瀬商會」を前身とする。はじめはトラックやバスのコーチビルダー(車体製造業者)として事業開始したが、三井物産の輸入車部門を長太郎がMBOした。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見た輸入車

    株式会社ヤナセ()は、伊藤忠商事傘下の輸入車および中古車の販売業者(ディーラー)。取扱車の後部ウィンドウに貼られる、黄地に青字の「YANASE」ステッカーで知られる。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たウニモグ

    キャデラックとサーブの輸入権を譲渡した2002年(平成14年)末の時点で、自動車輸入事業からは事実上撤退した。その後乗用車以外で唯一残っていたウニモグの輸入権も2005年(平成17年)11月に返上したことで自動車輸入事業からは完全撤退し、メルセデス・ベンツを始め、BMWやボルボを含む多ブランドの新車・中古車を扱う輸入車ディーラーとなっている。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たいすゞ・PAネロ

    いすゞ - ピアッツァのヤナセ専売グレード「ネロ」、PAネロを販売した。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見た日比谷

    梁瀬長太郎が1915年(大正4年)、東京・日比谷に設立した「梁瀬商會」を前身とする。はじめはトラックやバスのコーチビルダー(車体製造業者)として事業開始したが、三井物産の輸入車部門を長太郎がMBOした。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たコマーシャルメッセージ

    しかしその後も1952年(昭和27年)設立のテレビコマーシャル制作会社TCJ(1969年までの社名は「日本テレビジョン株式会社」)は継続して保有(100%出資)している。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見た芝浦

    1919年(大正8年)、現本社のある東京府芝浦に工場を開設。GM(ゼネラルモーターズ)のビュイック、キャデラックの輸入から始まり、イタリアのフィアットや電気自動車のミルバーンなどの輸入やバス、タクシー会社経営、車体製造など幅広い分野に手を広げた。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見た連結子会社

    創業以来梁瀬一族による同族経営であったが、2003年(平成15年)以降は伊藤忠商事傘下での経営再建を行っている。2017年(平成29年)5月26日、伊藤忠商事による株式公開買付け実施の意見表明報告を開示した。海外事業の展開を図るために伊藤忠の株式比率を50.1 %に引き上げて連結子会社となることを目的としている。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

81件中 51 - 60件表示

「ヤナセ」のニューストピックワード