62件中 51 - 60件表示
  • ヤナセ

    ヤナセから見たグローバリズム

    1990年代以降、欧米の自動車会社各社が自ら設立した日本法人で輸入事業務を行うことが一般化した。販売政策を巡る意見の相違もあり、1992年(平成4年)にはフォルクスワーゲンとアウディの輸入権を、2000年(平成12年)以降にはGM系ブランドの輸入権をメーカー系インポーターに譲渡した。キャデラックとサーブの輸入権を譲渡した2002年(平成14年)末の時点で自動車輸入事業からは事実上撤退した。その後乗用車以外で唯一残っていたウニモグの輸入権も2005年(平成17年)11月に返上したことで自動車輸入事業からは完全撤退し、メルセデス・ベンツを始め、BMWやボルボを含む多ブランドの新車・中古車を扱う輸入車ディーラーとなっている。ピステンブーリー(特殊無限軌道車両)などや、ファッション商品の輸入事業は継続している。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見た同族経営

    創業以来梁瀬一族による同族経営であったが、2003年(平成15年)以降は伊藤忠商事傘下での経営再建を行っている。輸入車販売が低迷するなか、中古車販売店「ブランドスクエア」に注力している。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見た大韓民国

    ヒュンダイ - 輸入はヒュンダイモータージャパン(韓国・現代自100%出資の日本法人)だが、乗用車・商用車ともに補修用部品の供給においてヤナセと提携している。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見た自動車ディーラー

    株式会社ヤナセ()は、伊藤忠商事傘下の輸入自動車および中古車の販売業者(ディーラー)ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見た自動車殿堂

    梁瀬次郎はアメリカ車の日本国内での普及に貢献したとされ、2004年(平成16年)に日本人で3人目の自動車殿堂入りをしている。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たアパレル

    その後梁瀬次郎の掛け声の下で総合商社への進展を図り、自動車の輸入販売ばかりではなく、クルーザー(ハトラス他)、アラジンストーブやノースアメリカンベアの輸入、アパレル事業(シャルベ他)、宝飾品(フレッド他)の展開、胡蝶蘭の生産、アルファレコードへの資本参加など、経営多角化を行ったが、1990年代初頭のバブル景気崩壊とともにほとんどの部門から撤退した。1952年(昭和27年)設立のテレビコマーシャル制作会社TCJは継続して保有(100%出資)している。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たコーチビルダー

    梁瀬長太郎が1915年(大正4年)、東京・日比谷に設立した「梁瀬商會」を前身とする。はじめはトラックやバスのコーチビルダー(車体製造業者)として事業開始したが、三井物産の輸入車部門を長太郎がMBOした。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たバブル景気

    その後梁瀬次郎の掛け声の下で総合商社への進展を図り、自動車の輸入販売ばかりではなく、クルーザー(ハトラス他)、アラジンストーブやノースアメリカンベアの輸入、アパレル事業(シャルベ他)、宝飾品(フレッド他)の展開、胡蝶蘭の生産、アルファレコードへの資本参加など、経営多角化を行ったが、1990年代初頭のバブル景気崩壊とともにほとんどの部門から撤退した。1952年(昭和27年)設立のテレビコマーシャル制作会社TCJは継続して保有(100%出資)している。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見たテレビコマーシャル

    その後梁瀬次郎の掛け声の下で総合商社への進展を図り、自動車の輸入販売ばかりではなく、クルーザー(ハトラス他)、アラジンストーブやノースアメリカンベアの輸入、アパレル事業(シャルベ他)、宝飾品(フレッド他)の展開、胡蝶蘭の生産、アルファレコードへの資本参加など、経営多角化を行ったが、1990年代初頭のバブル景気崩壊とともにほとんどの部門から撤退した。1952年(昭和27年)設立のテレビコマーシャル制作会社TCJは継続して保有(100%出資)している。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

  • ヤナセ

    ヤナセから見た無限軌道

    1990年代以降、欧米の自動車会社各社が自ら設立した日本法人で輸入事業務を行うことが一般化した。販売政策を巡る意見の相違もあり、1992年(平成4年)にはフォルクスワーゲンとアウディの輸入権を、2000年(平成12年)以降にはGM系ブランドの輸入権をメーカー系インポーターに譲渡した。キャデラックとサーブの輸入権を譲渡した2002年(平成14年)末の時点で自動車輸入事業からは事実上撤退した。その後乗用車以外で唯一残っていたウニモグの輸入権も2005年(平成17年)11月に返上したことで自動車輸入事業からは完全撤退し、メルセデス・ベンツを始め、BMWやボルボを含む多ブランドの新車・中古車を扱う輸入車ディーラーとなっている。ピステンブーリー(特殊無限軌道車両)などや、ファッション商品の輸入事業は継続している。ヤナセ フレッシュアイペディアより)

62件中 51 - 60件表示